肩甲骨はがし 肩こり解消ストレッチのやり方

スポンサード リンク

肩こり解消のポイントは肩甲骨だった!肩甲骨はがしで治す肩こりの新常識とはいったいどのようなものなのでしょうか?

[st-kaiwa3]肩がいたいときはどうしたらいいパラ?現代社会の難病パラ・・・。[/st-kaiwa3]

肩甲骨はがしの考案者・遠藤先生自身が数年前にひどい肩こりを感じて、肩こりの解消法に注目するようになりました。

遠藤先生は整形外科学教室の医局長になってから、前かがみで長時間の事務作業をすることが増えて猫背になっていたことで、首の後ろから肩を支える僧帽筋が緊張して固くなってしまったと言います。

肩甲骨はがしの肩こり解消法

まず最初に重要なことは、肩こりに『強く押す、揉む、叩くはNG』!肩こり解消のポイントは肩甲骨で、肩こり解消法は「肩甲骨はがし」を用いて治していきます。肩こりの症状は5つに分類できます。

[st-mybox title=”注意” fontawesome=”fa-exclamation-circle” color=”#ef5350″ bordercolor=”#ef9a9a” bgcolor=”#ffebee” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]


首から肩、背中にかけての重圧感、不快感、軽い痛み、こり感


頭痛


便秘・下痢、食欲低下、吐き気、眼精疲労、めまい、喉の詰まり、自律神経


手や腕のしびれや冷え


感情の不安定、不眠、記憶力や集中力の低下

[/st-mybox]

肩こりと言っても、頭痛やめまいのような一見肩こりと関係のない別の症状が現れることもあるため、実際は肩こりが原因なのにそれに気づかずにいる人も少なくありません。

[st-kaiwa1]肩こりの症状は肩だけじゃなかったパラ。[/st-kaiwa1]

肩こりが起こる原因

そもそも肩こりはなぜ発症するのでしょうか?

肩こりは、僧帽筋(首の後ろから肩にある筋肉)を中心とした筋肉が、同じ姿勢を続けるなどのさまざまな原因により、緊張を強いられることで硬くこわばり、血行不良を起こすことで引き起こされます。

乳酸やリン酸といった疲労物質が溜まることがトリガーになってしまうのです。

しかし、この段階で肩が凝ったからといって力まかせに叩いたり押したり揉んだりしてしまうと、肩こりでダメージを受けている筋肉は刺激から身を守ろうとして、さらに緊張してしまい硬くこわばってしまうことになります。

良かれと思ってしていることが悪い方へ作用していることに・・・。

ついつい、痛い場所の痛感を和らげようと、叩いたり揉んだりしてしまいがちですが、逆効果になります。また、首をグルグルと回すのもNG

首の関節や神経を傷つけてしまう危険があります。そのことにより強い痛みやこりを生みだしてしまい、かえって首周辺の筋肉を緊張させて硬くこわばらせてしまう恐れがあるのです。

[st-kaiwa3]どうしたらいいパラ・・・。[/st-kaiwa3]

肩こりの正しい治し方

肩こりの原因となる僧帽筋の緊張をほぐすには、首を回すのではなく、僧帽筋と連動している肩甲骨をたくさん動かしてあげることが大切

肩甲骨は、背中の肩の下側に出っ張っている逆三角形のかたちをした骨のことで、人の身体能力を大きく左右する部位です。

鎖骨と肩甲骨はつながっていて、鎖骨が動けば連動して肩甲骨も動くため、鎖骨の動きを意識して動かすと僧帽筋の緊張はほぐれていきます。

本来は緩くV字を描いているはずの鎖骨ですが、鎖骨がまっすぐである状態を『下がり鎖骨』と呼び、なで肩の女性に多く見られます。

下がり鎖骨は、鎖骨と肋骨の間の神経や血管が圧迫されるために肩こりになりやすく、しびれといった症状が出ることもあります。筋肉を適切な方法でほぐすことで肩こりは解消できます。

[st-kaiwa1]下がり鎖骨は注意パラ。[/st-kaiwa1]

肩甲骨はがしのやり方で肩こり解消の方法

肩こりを解消する肩甲骨はがし。遠藤先生が肩こり解消のために勧めるのは、体操で筋肉をほぐすこと。そのポイントは首から肩全体を覆っている僧帽筋をほぐすこと。

肩甲骨はがしのやり方・ストレッチの方法

[st-mybox title=”@” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

1・・・
両肩を上げ下げする

2・・・
両肩を前後に出す

3・・・
肩で円を描くようにしながら前まわし&後ろ回しする

4・・・
両腕を上に振り上げ、後ろに振り下ろす

5・・・
両腕を大きく横に振り上げ、前に振り下ろす

[/st-mybox]

[st-mybox title=”@” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

肩を回すときには肩甲骨を少し痛いくらいにしっかり寄せるようにして、肩甲骨を動かすことを意識するのがポイントです。

[/st-mybox]

肩甲骨はがしの効果は、肩こりに一番効果があります。他にも、姿勢を正す矯正にもなると言われています。

肩こりになると血行が悪くなり肩の可動部の範囲が狭くなりますが、血行を良くして肩こりを改善することで可動部が正常に動き姿勢も自然と良くなるのです。

そして、肩甲骨の周りには褐色細胞という代謝を高めてくれる細胞があるため、血行も良くなることで相乗効果により高い脂肪燃焼効果の高まりに期待ができます。

[st-kaiwa1]目から魚の鱗パラ。[/st-kaiwa1]

肩甲骨はがしの注意すること

「肩甲骨はがし」の注意点として、整体マッサージの現場で「肩甲骨はがし」は、歪みを治した施術の最後に行います。

不規則な生活により骨格がおかしくなってしまっている場合があり、骨格の歪みが酷すぎる人がいきなり「肩甲骨はがし」を行うと返って悪くなる場合があります。

気になる場合は一度、整体師や医師に相談してから行った方がよさそうです。

まとめ 肩甲骨はがしで姿勢がよくなると代謝もあがる

[st-kaiwa2]辛い肩こりは目から鱗の「肩甲骨はがし」解消をするパラ!楽な生活を目指すパラ![/st-kaiwa2]