日傘で紫外線を防ぐ効果は白と黒どっち?注意点

スポンサード リンク

暖かくなる季節に気になりだす紫外線。紫外線は5月ぐらいから少しずつ夏に向けて強くなっていきます。UVカットの日傘ランキングと白と黒どちらが効果的なのか見てみましょう。

もやパンダ
もやパンダ

紫外線から肌を守るアイテム「日傘」で人気のUVカットはどれパラ?

紫外線をカットするUVコートされたものは、紫外線反射や紫外線吸収剤が生地に練りこまれています。99%や100%防御できるものがあります。

日傘UVカットの寿命

紫外線加工がされている日傘がありますが、永久に使えるものではありません。加工素材の劣化や日焼けで色落ちなどをしてカット率が使う度に低下していきます。

では、どのくらい寿命があるのでしょうか?

一般的にUVカット加工された日傘は寿命が2年から5年と言われています。使い方次第で寿命は大きく左右されることになります。

もやパンダ
もやパンダ

傘にも寿命があるパラ。

白と黒の日傘で紫外線を高くカットするのはどっち?

日傘の色はいろいろあります。白と黒ではどっちの色が効率的に紫外線をカットするのでしょうか?

一般的に、白い日傘は、光を反射させて紫外線をカットしています。反面、黒い日傘は、日傘自体が紫外線を吸収します。

どちらかといえば、黒の方が少しだけ紫外線対策に強い効果があります。淡い色のものよりも濃い色の方が紫外線を防ぐ効果は高いです。

ただし、UV加工されているものは白でも黒でも大して変わりません色で左右されることはないのでデザインなどで決めましょう。

もやパンダ
もやパンダ

デザインで選ぶパラ。

日傘で失敗しないための選び方(注意点)

紫外線は上からだけではありません。下からも襲ってきます。それが照り返し

太陽の光が地面にあたり、今度は下から上に光が跳ね返る。この光の中には当然、紫外線が含まれています。

このため日傘の内側は白よりも黒の方がよいです

もしも日傘の内側が白色だと地面に跳ね返った光が白色に跳ね返されて肌に直撃してしまう可能性が高くなります。黒色や濃い色は吸収する力があるため、内側は黒系の方が有利です

まとめ 日傘は内側の色にも気を配る

もやパンダ
もやパンダ

UVカット加工がされた日傘は効果が無くなってくる2年後から気をつけたほうがいいパラ。