日傘で紫外線を防ぐ効果は白と黒どっち?注意点

投稿日:

暖かくなる季節に気になりだす紫外線。紫外線は5月ぐらいから少しずつ夏に向けて強くなっていきます。UVカットの日傘ランキングと白と黒どちらが効果的なのか見てみましょう。

 

日傘UVカットランキング


紫外線から肌を守るアイテム「日傘」で人気のUVカットはどれパラ?

 


紫外線をカットするUVコートされたものは、紫外線反射紫外線吸収剤が生地に練りこまれているわ。99%や100%防御できるものがあるの。ただ、永久に使えるものではないわ。加工素材の劣化や日焼けで色落ちなどをしてカット率が使う度に低下していくの。

 


どのくらい寿命があるパラ?

 


一般的にUVカット加工された日傘は寿命が2年から5年と言われているの。使い方次第で寿命は大きく左右されることになるわ。

 

日傘UVカットのランキング

◎1位:サンバリア100

画像

定番のUVカット日傘です。2016年も相変わらずに人気!紫外線や赤外線、可視光線100%の完全遮光でカットします。

 

◎2位:日傘専門店 リーベン

安価な割にUVカット・遮光率が共に99%と紫外線対策がしっかりサポートされています。一般的な日傘よりも15分後に8度以上の差が出るほど熱をはじきます。

 

◎3位:芦屋ロサブラン

完全遮光100%で根強い人気!赤外線や紫外線を完全にシャットアウトします。

 

白と黒の日傘で紫外線を高くカットするのはどっち?


日傘の色はいろいろあるパラ。白と黒をよく見るパラ。どっちの色が効率的に紫外線をカットするパラ?

 


一般的に、白い日傘は、光を反射させて紫外線をカットしているの。反面、黒い日傘は、日傘自体が紫外線を吸収しているわ。どちらかといえば黒の方が少しだけ紫外線対策に強い効果があるの。淡い色のものよりも濃い色の方が紫外線を防ぐ効果は高いわ。

 


黒の日傘買うパラ!

 


でも、UV加工されているものは白でも黒でも大して変わらない色で左右されることはないからデザインなどで決めましょう。ただし注意することがあるの。

 

日傘で失敗しないための選び方(注意点)


黒の方が紫外線対策にはよくて、UV加工されていたら色は関係ないパラ・・・。他に気を付けることがあるパラ?

 


紫外線は上からだけじゃないわ。下からも来るの。照り返し

 


照り返しパラー!!・・・どういうことパラ?

 


太陽の光が地面にあたって、今度は下から上に光が跳ね返る。この光の中には当然、紫外線が含まれているの。このため日傘の内側は白よりも黒の方がいいわ。もしも日傘の内側が白色だと地面に跳ね返った光が白色に跳ね返されて肌に直撃してしまう可能性が高いの。黒色や濃い色は吸収する力があるから内側は黒系の方が有利

 


UVカット加工がされた日傘は効果が無くなってくる2年後から気を付けた方がいいパラ。

スポンサード リンク

注目記事

1

ダイエット調査レポートが公開されました。それによると、ダイエットに効くと言われる食材を使っても効果は人それぞれ違います。   これは個人の体質が関係していることもありますが、その他の理由の1 ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? &nbs ...

3

脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があります。その違いはあるのでしょうか?   痩せる脂肪細胞とは 細胞を活性化させると痩せるらしいパラ。   痩せるために重要な脂肪 ...

-健康維持の方法

Copyright© もやパンダのダイエット・健康 , 2018 All Rights Reserved.