おからパウダーダイエット方法の楽に痩せる失敗しないやり方

ダイエット
スポンサード リンク

おからパウダーダイエットと呼ばれる痩せ方が話題だ。おからは大豆から豆腐を製造する過程で豆乳を絞った際に出てくる搾りかすになる。

豆腐屋さんの多くのお店は無料で持ち帰ることができるようにしている。それほどの位置にある「おから」の存在なのだが、商品にされる残りカスで痩せることができる。まさに日本人の「もったいない精神」をゆすぶる嬉しいダイエット方法だ。

おからで満腹感を感じる

おからは動物園でも使用されている場所がある。例えばカバだ。カバが1日に食べる食事量は非常に大量だ。キャベツを1個まるまる口に入れるとそれをいとも簡単にグシャリ。プレス機のように上と下の顎がこんにちわをする。潰されたキャベツ。喉の奥に吸い込まれていくキャベツ。

カバは1日に50kgほどの食事を必要とする。ときには共食いまでしてしまうほどの爆食い者なのだ。そんなカバの空腹を満たすには莫大なお金がかかる。民間や都道府県で飼育しているカバの餌代もバカにならない。

そこで使われるのがおからだ。おからは豆腐などを造る際に出た残りかす。豆腐屋さんがあれば無料でくれる。それを通常の餌に混ぜることでかさ増しが可能だ。カバは雑食性なため嬉しそうにおからを食べてくれる。餌代も大きく抑えることができる。

豆腐屋さんに置いてなくてもスーパーなどで数十円出すと購入できるおからである。雑食性のカバでも満腹に食べることができるおからだ。同じ雑食性の人間にも効果はある。

おからは食物繊維を多く含み、火を通して食べることが多いのだが、食生活におからを取り入れることで満腹感を感じることができる。これを目的にしたのが「おからダイエット方法」だ。

つまり、おからはかさ増しダイエットで有効に活用できる。

カロリーの少ないおから

おからはカロリーの少ない食物繊維になる。食物繊維はダイエットにとても良い効果を与えてくれる。腸内の掃除をすることで糖質・脂質などの吸収を抑える効果があるのだ。

カロリーは同量のご飯と比べると31%も低い

おからはダイエットに効果があることがわかった。このおからをさらに痩せやすくした「おからパウダー」と呼ばれるものが注目をされている。

おからパウダーで痩せるダイエット方法

満腹感を味わいながらカロリーが少ないおから。ダイエット効果を高める「おからパウダー」が話題になっている。おからパウダーとは、豆腐や投入の絞り粕であるおからを乾燥させて粉末状にしたものになる。

ようするに、おからを粉にしたのだ。

おからは栄養が高い大豆が原料になっているのだが、たんぱく質・カルシウム・食物繊維が豊富に含まれているため便秘の解消・美容・健康効果に期待ができる食材でもある。

通常の食材を少なくしておからパウダーを入れることでカロリーを抑えつつ、腹持ちをよくすることができるのだ。

ダイエットはめんどくさいことをする。いつもしないことをするため身体が抵抗を感じると辞めてしまいたくなる。しかしそのめんどくさいことが簡単な行為だったら?ダイエットが苦痛になることはない。

おからパウダーは料理に混ぜたり吹きかけるだけ

低カロリーで満腹感を味わえる食材はダイエットをしている人にとって強い味方。そしてコレステロールも下げることができる。

おからパウダーは普通のスーパーでも購入することができる。1袋200円前後で販売されている手に入れやすい商品になっている。

メモ

・おからパウダー

・スプーン1杯

・好みの料理に振りかけて食べる

・できれば食前

実に簡単だ。食事制限は一切ない。

失敗せずに効果的なおからパウダーダイエットをするには食前に食べるとよいだろう。例えば血糖値を急上昇させないように野菜におからパウダーをふりかけるて食べる。

おからパウダーは水を含むと3倍に膨らむ性質がある。本食がはじまる前に食べることで満腹感を感じやすいため、過食・暴食を防ぐことができる。

アディポネクチンの痩せホルモン

おからパウダーを食べると、体内の痩せホルモン「アディポネクチン」と呼ばれる成分が分泌する。おからパウダーに含まれる大豆たんぱく質には食欲抑制効果があるのだが、太りやすい人と太りにくい人では「アディポネクチン」の量に違いがあるともいわれいるのだ。

太る人は痩せホルモンが少なく、太らない人は痩せホルモンが多い。

では、なぜこのようなホルモンの違いが出てしまうのだろうか?それは生まれつきが原因だといわれている。生まれつきなら仕方がない。しかし諦めるのは早い。

おからパウダーだ。

おからパウダーを食べるだけで体内の「アディポネクチン」を増やすことができることが判明している。増えたことで運動と同じ程度の脂肪燃焼効果が期待できるのだ。

人は運動をすると筋肉にある「AMPキナーゼ」と呼ばれる酵素が活性化されるのだがこの活性化血により脂肪・糖が燃焼される。

しかし「アディポネクチン」には運動せずとも「AMPキナーゼ」を活性化させる働きがあるため自然に脂肪・糖が燃焼されるといわれている。

ダイエットにとってなんと都合がよい「アディポネクチン」。満腹感効果などが合わさることで高いダイエット効果につなげることができるのだ。

おからパウダーダイエット方法の食べ方

上記でも説明した通り、おからパウダーを料理などにかけるだけでよいのだが、メニューを見ていこう。

おからパウダーには味がほとんどない。これがメリットでもある。他の料理の味を邪魔しないのだ。どの料理にも合わせることができる。

おからパウダーヨーグルト

メモ

作り方

・ヨーグルトにおからパウダーを混ぜる

毎朝のヨーグルトにおからパウダーをスプーン1杯振りかけるだけ。

豚のショウガ焼きにおからパウダー

メモ

作り方

・豚の生姜焼きにおからパウダーを混ぜる

豚の生姜焼きにおからパウダーをスプーン1杯振りかけるだけ。

おからパウダーコーヒー

メモ

作り方

・コーヒーにおからパウダーを混ぜる

コーヒーにおからパウダーをスプーン1杯混ぜるだけ。

おわかりいただけただろうか。「食材におからパウダーを混ぜるだけ」だ。簡単にダイエットをすることができる。続けやすいポイントだ。

味はそこまで邪魔をするものではないのだが、食感はおからの特性上少しだけ変わるものがある。もともとの料理の味が濃ゆければ気にはならないだろう。

まとめ おからパウダーで簡単ダイエット

おからパウダーは香りや味がほとんどない。元味を邪魔することがないのだ。飲み物や料理に混ぜやすい食材になる。おからで満腹中枢を刺激しながら脂肪燃焼の効率を高めるとよい。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
ダイエット
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり