もやもやする痩せないダイエットの原因とは?健康に痩せるしらべ

もやパンダのダイエット&健康

痩せる食べ物の巻

おでんの具材で痩せるダイエット方法の選び方

更新日:

肌寒くなるとおでんを思い浮かべてしまいます。おでんは身体が温まる、カロリーが低い、水分をたくさん含むので少量でも満腹感が得られるなどの理由から、ダイエット中でも安心して食べる事ができます。

 

おでんには様々な食材が入っているため、組み合わせによっては栄養バランスよく食べることが出来ます。また、コンビニでも単品で販売されているため、具材を選択することが可能なので、手軽に食べることが出来ます。

 

おでんのダイエット効果がある具材とは


冬の食べ物で思いつくのは?

 


おでんパラ!

 


ピンポーン!ダイエットに効果的な具材があるの。具材が豊富な“おでん”、ダイエットに向いているものを見てみましょう。

 

だいこん

おでんと言えば大根は欠かせません。辛味から甘味へと変化する大根はおでんの具材でも人気があります。

 

だいこんは、脂肪の吸収を和らげてくれる食物繊維やビタミンそして鉄分も含まれ、便秘予防や貧血予防などに効果が期待出来ます。ただ、おでんの汁を吸えば吸うほど塩分が高くなってしまいます。摂りすぎには注意しましょう。

 

こんにゃく

こんにゃくは子供にも人気があるおでんの具材ですね。こんにゃくはそもそもカロリーがとても低いのが特徴です。

 

水分も吸収しているため満腹感を得ることができ、ローカロリーで満腹感を得る事が出来るダイエット中の人には嬉しい具材です。またコレステロールを下げる効果や食物繊維が豊富に含まれているため、整腸作用に期待出来ます。

 

たまご

だいこんと同じくたまごはおでんに欠かせない具材で、おでんにたまごは必ず必要と言う人も多いのでは?たまごはその栄養価の高さで知られています。ビタミンC以外の栄養成分を全て含んでると言われています。しかしコレステロールも高いため食べ過ぎには注意が必要です。

 

主なおでんのカロリー

◎こんにゃく
6Kcal

◎昆布巻
9Kcal

◎大根
14Kcal

◎はんぺん
39Kcal

◎たこ串
57Kcal

◎ごぼう巻
57Kcal

◎ちくわ
62Kcal

◎じゃがいも
70Kcal

◎さつま揚げ
75Kcal

◎たまご
83Kcal

◎餅入り巾着
128Kcal

◎厚揚げ
109Kcal

など

 


おでんの具材にはダイエット効果があるパラ。

 


注意点もあるの。おでんの汁はおいしいからついつい飲んでしまいがち。塩分のことを考えると控えた方がいいわ。どうしても汁が飲みたい場合は、具材に染み込んだ汁から摂るようにしましょう。この場合も摂り過ぎには気をつけて。

スポンサード リンク

注目記事

1

人が物を覚える時に記憶はいったん海馬という脳の部分に保存されますが、海馬で整理整頓された情報は、大脳皮質で格納されます。   新しい記憶は海馬に、古い記憶は大脳皮質に保存されるということです ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? &nbs ...

3

日本の代表的な料理で、世界中で愛されるお寿司ですが、ダイエット中には気をつけておきたい事があります。   ダイエット中にお寿司を食べる時の注意点 日本人だけにとどまらず世界中で愛されている日 ...

4

眠る方法に気をつけないと肥満につながるという事実が判明しました。一般的に、睡眠不足になると肥満につながり、肥満は睡眠時無呼吸症候群のリスクも高まるため、肥満と睡眠の密接な関係性はよく言われています。し ...

5

少し顔を下げるとあごが二個。二重あごを解消すると実年齢よりも若く見せることができます。   二重あごを解消する方法 二重あごに悩んでいる人がたくさんいるパラ。目立たなくできないパラ? & ...

-痩せる食べ物の巻

Copyright© もやパンダのダイエット&健康 , 2018 All Rights Reserved.