ナチュラルダイエット方法で痩せる3つの食習慣

更新日:

1985年の刊行以来、NYタイムズで40週連続第1位を獲得、その後32カ国語に翻訳され、全世界で1200万部突破の大ベストセラー「ナチュラルダイエット」という本を知っていますか?

この本は、アメリカ人のハーヴィ・ダイアモンド氏が、自らの経験の中で学んだ“ナチュラル・ハイジーン(自然健康法)”という考え方に基づいています。


全米でナチュラルダイエットが話題になっているパラ。自然なダイエットパラ?


ナチュラルダイエットは、カロリー計算を無意味なものとして排除しているの。

ナチュラルダイエットとは

人間の身体に備わっている自然治癒力を最大限に生かすためのダイエット法がナチュラルダイエットになります。大事なことは「3つの食習慣だけ」。

生命力のある水を!!

水は生物にとって欠かせないものです。 この地球には硬水と軟水があり、水と言っても様々です。

また、水の水源とされる場所によっても水の味や成分も異なります。この本では身体の中の汚れを排出するためには、“生命力のある水”を飲むことが大切と言います。

生命力のある水とは、上記で述べた水ではありません。植物に含まれる水を指しています。つまり、綺麗な水をたっぷり含み大きく育った新鮮な生の果物や野菜に含まれる水のことです。

生命力のある水 = 植物に含まれる水

食べ物の組み合わせ

ナチュラルダイエット本では食べ物を「タンパク質食品:肉、魚、卵、牛乳などの動物性食品で分解するには、酸性の消化液が必要」と「でんぷん質食品:米、パン、パスタ、じゃがいもなどで、分解するには、アルカリ性の消化液が必要」に分けて考えています。

タンパク質食品とでんぷん質食品の食品を一度に食べることで酸性とアルカリ性の両方の消化液が分泌され、うまく消化されないため胃に負担がかかると言います。

タンパク質食品とでんぷん質食品は、別々に食べた方が効率のいい消化が可能となり、効率よく栄養を吸収したければ、タンパク質とデンプン質は別々に摂取します。

タイミングよく果物を摂る

果物は、胃の中に長時間とどまることを嫌うため、果物を食べるときは胃の中に何もない状態が望ましいとしています。

ナチュラルダイエットでは、次の「体のリズムに合った食生活」を実践することが大切です。

「摂取」のサイクル
12時から20時

「吸収」のサイクル
20時から4時

「排泄」のサイクル
4時から12時

まとめ 自然にまかせて痩せる


自然の力を借りた身体に優しいダイエット、それがナチュラルダイエットパラ。

スポンサード リンク

注目記事

1

ダイエット調査レポートが公開されました。それによると、ダイエットに効くと言われる食材を使っても効果は人それぞれ違います。 これは個人の体質が関係していることもありますが、その他の理由の1つに「血液型」 ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? スーパー ...

3

脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があります。その違いはあるのでしょうか? 細胞を活性化させると痩せるらしいパラ。 痩せるために重要な脂肪だけど、そもそもダイエットを行う上で脂肪自体を知 ...

-ダイエット知識

Copyright© もやパンダのダイエット・健康 , 2018 All Rights Reserved.