もやもやする痩せないダイエットの原因とは?健康に痩せるしらべ

もやパンダのダイエット&健康

痩せる運動の巻

耳石&抗重力筋を鍛えるNASA式アンチエイジングのやり方

更新日:

無重力状態で暮らす宇宙飛行士は、地上の10倍ものスピードで老化が進むことを知っていますか?この謎を追い続けてきたNASAがたどり着いたのは、「体のある部分」が老化スピードを大きく左右することでした。NASA直伝!魅惑のアンチエイジング術とはいったいどのようなものなのでしょうか?

 

NASAは知る宇宙の老化現象


NASAがおすすめするダイエット法にトランポリンが挙げられるわ。無理なく前進の運動を行うことができるの。これはダイエット以外にも美容や健康にも効果があることが判明してるわ。

 

跳ぶだけダイエット方法の5分で痩せる効果とやり方

簡単!幸せ!ダイエットで夏までにナイスバディーを手に入れるべく“ラクして簡単に痩せられる”と、今、ちまたで話題のイケてるダイエットがあります。それは“跳ぶだけダイエット”。いったいどのようなものなので ...

 


トランポリンダイエットは音楽にのせて”ノリノリ”できるから楽しい♪

 


そんなNASAは、無重力状態で暮らす宇宙飛行士は、地上の10倍ものスピードで老化が進む現象についてずっと考えていたの。

 

宇宙飛行士が地球に帰還後、起こる現象

◎筋力低下で立てなくなる

◎免疫力の低下

◎視力の低下

◎骨粗鬆症

◎関節の硬直

◎シワ

◎血管がかたくなる

◎認知の低下

など

 

 

ちょっと待ってよ~、ってことは地球で100年生きるとしたら・・・、10年しか宇宙で生きられないじゃない!宇宙は時間がゆっくりだとおもってたけど真逆なんてびっくりだよ~。逆に地下にいったら10年寿命が伸びるかな!?

 


ほんと宇宙は不思議。宇宙飛行士が、宇宙から帰還したら「筋力低下」や「骨粗鬆症」などを引き起こしてしまうから、これらの原因がわかれば宇宙開発に大きく前進することになるわ。そしてこれは同時に老化現象を食い止めることができる可能性も秘めているの。

 

抗重力筋と重力の関係でアンチエイジング


そもそもなんで身体に異変が出るパラ?

 


人間は細胞があるからよ。NASAが見つけた「体のある部分」が老化スピードを大きく左右することがわかったの。体のある部分を刺激すると、細胞が活性化してアンチエイジングに効くことが判明。そこを刺激さえすれば、細胞のスイッチが入ったように活動を高めて、脂肪やコレステロールが減ったり、筋力や骨密度がUPするなど、さまざまな嬉しい変化が現れるわ!

 


身体のある部分ってすごく気になるパラ~♪

 


それは筋肉!その中でも抗重力筋が鍵を握ってるの!

 


抗重力筋パラ?

 


抗重力筋は、重力に逆らう筋肉を指しているけど、身体にある大きな筋肉、すなわち体幹って考えれば分かりやすいわ。

 

◎背中にある「脊柱起立筋」

◎お腹にある「腹筋」

◎おしりにある「大臀筋」

◎ふくらはぎにある「下腿三頭筋

◎ふとももにある「大腿四頭筋」

など、複数箇所にあります。

 


(出典:therapistcircle.jp)

抗重力を鍛えるエクササイズ動画

 

ちなみに、米航空宇宙局(NASA)の調査では、仕事中に1日16回、2分間ずつ立ちあがると骨や筋肉の密度を維持することが判明しています。

 

30分に1回立つ

老人の筋力低下は地球の1年分が宇宙では1か月で起きてしまいます。無重力で筋力が衰える理由は、耳の奥の内耳。その奥にある耳石(じせき)です。ゼリーのようなものにのっている石で、ゼリーを毛が支えています。『皮膚 → 毛 → ゼリー状 → 石』。

 

この部分は重力を感じることが出来ます。この耳石が縦横についているおかげで上下左右のバランスを把握することが出来るのです。

 

酔っぱらってしまうと足元がフラフラするのも耳石が狂ってしまうためです。この耳石は全身の筋肉とつながっており、傾きを耳石が感じると筋肉が反応してバランスを取ります。しかしなんでも浮かぶ宇宙では耳石も浮かぶため、伝達が機能せずいくら運動しても筋肉が付きづらくなっていたのです。

 

無重力と同じように老化する場所、例えば「雀荘」と「番台」です。この二つに共通することは「ずっと座っていること」。座っていることで無重力状態と同じになっています。ある実験では平均台を用意して進んでもらい、最初は普通に歩けました。

 

その後、2時間座ります。この間は耳石が動くことはありません。2時間後、平均台に乗ると進めずに落ちてしまいました。

 

座っている状態が長いと、遺伝子異常で早死やがんのリスクが増えたり、認知症のリスクなどが増えます。座っている状態は耳石が動かず無重力と同じ状態になっているため、宇宙空間で老化が進む事象と同じことが身体の中で起きています。30分に1度は立ち上がるようにしましょう。

 

また、耳石は活動が少ないと衰えますが、運動などをして刺激を与えると回復します。

 

おもしろい実験とNASAのアンチエイジング

指を前に出します。指はそのままで頭を振ってください。指をしっかりとみることが出来ます。次に、頭はそのままで指を左右に動かしてください。すると指に残像が見えました。これは耳石と目がつながっているためです。

 

さらに耳石は自律神経と繋がっています。耳石が活発化すると心臓の動きや血流がよくなり、アンチエイジング効果に期待出来ます。反対に座ってばかりいて耳石が動かない場合だと、心臓の働きや血流が悪くなりコレステロールなどがたまってしまいます。

 

NASAのアンチエイジング法は、30分ごとに立ちあがり座るだけ。立つときは一回前かがみになり身体を持ち上げますが、この時に左右にも揺れています。この動作により耳石が刺激されます。

 


運動はしていなくても、立っていたり、座るといった日常の行動で使っている抗重力筋パラ!これが衰えてくると、疲れやすくなったり、だるいと感じたりする症状が現れるパラ!

 


抗重力筋を鍛えて重力に負けない身体をつくると、老化スピードが抑えられて身体も元気をたもてる~♪耳石にも気を付けて立ち上がるようにしなきゃ!

スポンサード リンク

注目記事

1

人が物を覚える時に記憶はいったん海馬という脳の部分に保存されますが、海馬で整理整頓された情報は、大脳皮質で格納されます。   新しい記憶は海馬に、古い記憶は大脳皮質に保存されるということです ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? &nbs ...

3

日本の代表的な料理で、世界中で愛されるお寿司ですが、ダイエット中には気をつけておきたい事があります。   ダイエット中にお寿司を食べる時の注意点 日本人だけにとどまらず世界中で愛されている日 ...

4

眠る方法に気をつけないと肥満につながるという事実が判明しました。一般的に、睡眠不足になると肥満につながり、肥満は睡眠時無呼吸症候群のリスクも高まるため、肥満と睡眠の密接な関係性はよく言われています。し ...

5

少し顔を下げるとあごが二個。二重あごを解消すると実年齢よりも若く見せることができます。   二重あごを解消する方法 二重あごに悩んでいる人がたくさんいるパラ。目立たなくできないパラ? & ...

-痩せる運動の巻

Copyright© もやパンダのダイエット&健康 , 2018 All Rights Reserved.