老眼鏡で視力を回復させるトレーニング方法と選び方

健康維持の方法
スポンサード リンク

近視や遠視、そして老眼など現代の日本人は視力の低下に悩んでいる。そんな中、誰しも知りたい視力が回復する方法がある。

目は大事だ。年を取るにしたがって目のトラブルは増加している。

老眼や近視の視力回復方法は老眼鏡をかける

老眼や近視の人が視力を回復するのに簡単で効果的な方法がある。その方法は1日5分老眼鏡をかけて遠くを見ること

老眼鏡は目が悪くなったおじいちゃんやおばぁちゃんがかけるイメージなのだが、なぜ目が悪くなったときに使うメガネで、目がよくなるのだろうか?

本来、目が悪くなるのはピントを合わせる筋肉「毛様体筋」が老化や疲れで凝り固まることで発生する。老眼鏡をかけることで、ピンとを合わせる能力を1回リセットしてくれるため効果的だ。

では、老眼鏡をかけて遠くを見るとどうなるのだろうか?

ピントを合わせる筋肉の「毛様体筋」は近くを見るとギッゅと縮まって、遠くと見るとピンと張る。老眼鏡をかけて遠くを見ると、ピーンと張るのでもなく、ギュッとするのでもなく、リラックスした状態になる。

これにより疲労が回復されて視力が上がることにつながる。つまり、「見えないことが重要」というわけ。

見えないから目がピントを合わせるのを諦めてしまう。目は少しでも見えてしまうとピントを合わせようと働く。

老眼鏡の選び方

老眼鏡は大きく分けて弱・中・強の3種類ある。この中で効果的なのは「中」のボケ具合だ。

普段、中以外の老眼鏡を使っている人や強度が分からない人は100円ショップで販売されているものでも大丈夫。「中」のメガネをかけて1日5分間、遠くを見るようにする。

ちなみに100円ショップの場合は「1・2・3」と数字で書かれていることがあるため、「2」を選ぶ。

普段からコンタクトやメガネをかけている人はどうしたらよいのだろうか?

メガネやコンタクトの上から使うとよい。この視力回復法はハッキリさせた状態からボヤけさせることが重要だ。老眼鏡で視力回復法のやり方を見ていこう。

老眼鏡視力回復法のやり方

メモ


中または+2の老眼鏡を使用する


5分間1m以上遠くを「ぼ~」と見る

※1日5分、1ヶ月ぐらい続ける

コンタクトや眼鏡を使用している人はその上から老眼鏡を使うとよい。見るものはテレビでも風景でも問題ない。ポイントは一生懸命見ようとせず、ぼ~と見ることだ。

老眼鏡視力回復法の注意点と難点

頭痛やめまいなど、体調に異変が起きたら1回休むか、すぐに中止しよう。

そして、この方法で8割くらいの人が効果を実感しているのだが、視力が0.1以下になっている人は疲労回復などの多少の改善効果はあっても眼鏡やコンタクトをしなくてもよいほどの回復はあまり期待できない。

まとめ 視力に悪い異変を感じたらすぐに中止をする

目には「ほうれん草」もよい効果をもたらす。ルテインという栄養が含まれていて、光を防御する力があり、「天然のサングラス」とも呼ばれている。

白内障や加齢黄斑変性症の予防に効果的だ。

ちなみに、視力が悪い人は視力がよい人よりも認知症になりやすいデータもある。目から入ってくる視覚情報が脳にうまく届いてくれないため、それによって認知機能が衰えてしまう。目は大切にしないといけない。ブルーベリーで疲れ目を回復させるとよい。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
健康維持の方法
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり