エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top 3DCG工房 Top



マイコプラズマ肺炎はうつる!症状と潜伏期間とは

シェアする

芸能人の多くも発症してしまうマイコプラズマ肺炎とはいったいどのような症状がでるのでしょうか?予防する対策法とは?

スポンサード リンク

マイコプラズマ肺炎とは?感染する

川栄李奈さんも発症したことがあるマイコプラズマ肺炎ってなにパラ?病気になったら苦しそうパラ。

マイコプラズマ肺炎はマイコプラズマ(Mycoplasma pneumoniae)という微生物によって引き起こされる病気なの。発症年齢は8~9歳がピークだけど、大人でも例外なく発症して何回でも感染してしまうわ。


マイコプラズマ肺炎の発症年齢リスク(%)

◎0歳~1歳(40%)
◎1歳~5歳(65%)
◎5歳~成人(97%)


風邪のように感染してしまうから、咳をしたり身体が触れる公共の場所では特に注意が必要なの。潜伏期間は約2週間~3週間って言われているわ。

マイコプラズマ肺炎の症状とは

感染は恐怖パラ・・・。どんな症状がでるパラ・・・?

マイコプラズマ肺炎の症状は、発熱や頭痛を伴った体調不良が4日ほど続いて、だんだんと咳が出てくるわ。そして、悪化をすると痰に血液が交じることもあるの。風邪の場合は治ると咳がおさまってくるけど、マイコプラズマ肺炎の場合は熱が下がっても1か月ぐらいは咳が止まらない辛い日々が待ってるから気を付けて。

咳はやっかいパラ。喉が痛くなるパラ。

この他にも患者の25%が、吐き気や嘔吐、下痢の消化器症状を起こして、中耳炎や鼓膜炎、筋肉痛、関節痛、発疹などの症状が出ることもあるの。

マイコプラズマ肺炎の予防方法とは

感染する病気だから風邪と似たような対処法で回避可能よ。手洗いうがい人混みを避けたり、感染者に近づかないことが挙げられるわ。そして人によって数日で治る場合や数週間かかる場合があるのも特徴だから免疫力に左右されやすい病気でもあるの。

マイコプラズマ肺炎にかかると熱が39度ぐらいまで上がるらしいパラ。大人も十分気を付ける必要があるパラ。