もやもやする痩せないダイエットの原因とは?健康に痩せるしらべ

もやパンダのダイエット&健康

痩せる運動の巻

男女の筋トレダイエット方法の違い&鍛え方のポイント

更新日:

基礎代謝は内臓や脳が働き、エネルギーを消費する事を言います。基礎代謝量が高い人は、寝ているだけでもエネルギー消費効率が高いため太りにくい体質となります。

 

基礎代謝を高めると痩せる


筋トレして筋肉をつけたいパラ。基礎代謝で痩せるってどういうことパラ?

 


基礎代謝の40%は筋肉を維持するためのエネルギー消費に使われているの。このため筋肉を付けることで基礎代謝量が増えて太りにくい身体を作る事が可能になるの。男性は筋肉が付いても特に困る人は少ないと思うけど、女性は筋肉が付くと「ちょっと・・・」と思うかも。でも、男性と違い女性の筋肉はそう簡単に付かないの。男性と女性、筋肉の付き方をみてみましょう。

 

男女の筋肉の付き方の違い

ダイエットと言えば「女性が体重を落として美しくなること」と、一昔前では意識されていることが多くありました。しかし最近では女性だけではなく男性のダイエッターも増加していると言います。ダイエットと言っても、男性と女性では身体の作りが異なるため性別に合うダイエット法が必要です。

 

例えば女性は大昔から家庭を守るのが仕事でした。主に家の周りが行動範囲になるため、筋肉や体力をそれほど必要としません。

 

逆に男性は野生動物を狩るのが仕事でした。険しい道を突き進んで野生動物を仕留めなければいけません。それには筋肉や長距離を移動できる体力が必要です。このように、人間の身体は昔からの名残が引き継がれて現代に至ります。

 

◎女性の身体は胎児を守るため、脂肪が付きやすく柔らかい

◎男性の身体は家族を守るため、筋肉が付きやすく頑丈に作られ脂肪燃焼率も高い

 

女性はこれらのことから男性よりも筋肉が付きにくい身体になります。男性は狩りをするには筋肉が重要になるため、その名残で筋肉が付きやすい身体になっているのです。

 

筋肉が付くとその分エネルギーを使用する事になります。エネルギーの消費が多くなるので、筋肉の付きやすい男性は、女性よりもダイエットの成功率が高くなります。

 

ただし、リバウンドは男女共に関係なく常につきまといます。あまりに筋肉を付けることに意識して、過酷なトレーニングをした場合、その辛さから挫折してしまうこともあります。トレーニングを止めたらすぐにリバウンドが始まり太りやすくなるため、ダイエットは無理せず継続することが大切です。

 

アスリートを目指すのでなはくダイエットをして減量が目的としている人は、過度な運動ではなく、無理のない自分に合った適度な運動量を見極める事が大切です。食事制限に関しても同じです。トレーニング中に暴食をしていると、トレーニングをやめたらそのリバウンドでエネルギーの発散場所が停止するため、脂肪が付きやすくなる恐れがあります。

 

男性・女性共に、身体の作りを理解して様々なダイエット法を試し、自身による適度な“ダイエット量”を見極めていくことが健康的でリバウンドをしない身体を作る事に繋がります。

 

したがって、女性ボディービルダーは男性よりも過酷なトレーニングを行っています。そして、目が覚めたらいきなりムキムキな身体になることはないので、自分の丁度良い所まで鍛えてからその状態を維持するようにしましょう。

 

筋肉はどのようにして強く鍛えられる?


筋肉を使う運動などを行った後に筋肉痛を味わった経験もあると思うけど、この筋肉痛は筋肉を使った時の筋繊維の破壊により、その修復のため成長ホルモンが分泌されて起こるの。筋肉を鍛えるには古い筋繊維を壊して新しい筋繊維にすること。この修復により筋肉は以前と比べ強くなるわ。ただ、筋肉痛は筋肉の修復をしている期間でもあるから、この時にさらに筋力トレーニングをすると逆に筋肉を痛めることになるので注意が必要よ。2日程度休むようにしましょう。

 


筋肉痛以外の場所の筋トレはしても大丈夫パラ。

 

筋力トレーニングのポイント!


筋力トレーニングを効果的に痩せるポイントが以下に挙げられるの!

 

短期間で集中

筋力トレーニングは短時間で集中して行うようにします。成長ホルモンは筋肉の回復や体脂肪の燃焼を促進する効果があり、短時間で筋力トレーニングを行うことで、成長ホルモンの分泌が活発に行われます。

 

特に朝に行うことで効率化が高まり、1日のスタートである朝に筋力トレーニングを行うと、朝から代謝が高まるので1日気持良く過ごせます。 朝10分~15分など時間を決めて行うと良いでしょう。

 

負荷をかけゆっくりと

適度な負荷をかけて動きはゆっくりにします。例えばスクワット。高速で上下運動をするよりも、深く息を吐きながら腰をゆっくりと下ろし、息を吸いながらゆっくり上げるようにする事で大きな効果が生まれます。

 


筋肉を付けると脂肪が燃焼されるパラ。太りにくい体質になるパラ。

スポンサード リンク

注目記事

1

人が物を覚える時に記憶はいったん海馬という脳の部分に保存されますが、海馬で整理整頓された情報は、大脳皮質で格納されます。   新しい記憶は海馬に、古い記憶は大脳皮質に保存されるということです ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? &nbs ...

3

日本の代表的な料理で、世界中で愛されるお寿司ですが、ダイエット中には気をつけておきたい事があります。   ダイエット中にお寿司を食べる時の注意点 日本人だけにとどまらず世界中で愛されている日 ...

4

眠る方法に気をつけないと肥満につながるという事実が判明しました。一般的に、睡眠不足になると肥満につながり、肥満は睡眠時無呼吸症候群のリスクも高まるため、肥満と睡眠の密接な関係性はよく言われています。し ...

5

少し顔を下げるとあごが二個。二重あごを解消すると実年齢よりも若く見せることができます。   二重あごを解消する方法 二重あごに悩んでいる人がたくさんいるパラ。目立たなくできないパラ? & ...

-痩せる運動の巻

Copyright© もやパンダのダイエット&健康 , 2018 All Rights Reserved.