ミトコンドリアを増やして疲れない体質にする方法

スポンサード リンク

中学生の理科の授業で馴染み深い言葉であるミトコンドリアに、疲れをなくす効果があると言います。いったいどういうことなのでしょうか?

もやパンダ
もやパンダ

ミトコンドリア不足が疲れの原因になるパラ?どういうことパラ?

人の身体は日に日に疲れを感じています。その疲れを最小限に抑えるには、疲労物質を取り除いて疲労物質を溜めないことが大切。

人の細胞一つ一つにミトコンドリアが存在していますが、ミトコンドリアは酸素とピルビン酸(疲労物質)を摂り込みエネルギーを作り出しています。

ミトコンドリアで疲れ知らず

ミトコンドリアは、酸素とピルビン酸(疲労物質)を摂り込みながらエネルギーを作り出す能力があります。

しかし、エネルギーを作る代償として活性酸素が発生。活性酸素は細胞を酸化させ、老化させる原因につながる厄介な存在です。

そこで、疲れさせない身体を作るために細胞内のミトコンドリアを増やすことが大切です。歳を重ねるとミトコンドリアの量が減ってしまうために疲れやすくなります。

もやパンダ
もやパンダ

ミトコンドリアは疲れ知らずになるパラ。

ミトコンドリアを増やす方法 活性化をさせる

では、ミトコンドリアを増やすにはどのようにしたらよいのでしょうか?その方法は、エネルギー不足の状態をわざと作ることによりミトコンドリアを増やすことが可能

ミトコンドリアは日常生活に気をつけるだけで数を増やすことができます。そして、ミトコンドリアと同じく体内にある『ALA』というアミノ酸も注目されています。

ALAを摂取するとミトコンドリアの機能が活性化され、基礎代謝が上昇します。その結果、内臓脂肪を減少させる効果があることが判明しています。ミトコンドリアを増やす方法が次にあげられます。

空腹を感じるとミトコンドリアが増える

週に1~2回、食事を腹7分目に抑えるようにします。栄養が少なくなるためエネルギーを生み出そうとミトコンドリアがその数を増やそうとします。

寒さを感じるとミトコンドリアが増える

寒さを感じる時間を作るようにします。身体が冷えると体温を上げようとミトコンドリアが活性化するのです。しかし風邪をひかないように注意しましょう。

有酸素運動でミトコンドリアが増える

背筋や太ももなどの大きな筋肉を鍛えて正しい姿勢を保つことでミトコンドリアが増えます。ミトコンドリアは筋肉細胞に多いのです。

インターバル走行というものがあり、これは3分間普通の速度に歩いて3分間早歩きを繰り返すというもの。早歩きは自分が少しキツいなと感じるくらいにします。

野菜をしっかり食べるとミトコンドリアが増える

ピーマンなどの緑黄色野菜にはミトコンドリアをダメージから守るビタミンなどの抗酸化物質やALAが豊富に含まれています。

ALAが多く含まれている食材は、納豆、ピーマン、ほうれんそう、バナナなど。

まとめ ミトコンドリアの老化防止で若返る

ミトコンドリアが減ると必要酸素量が増えてしまい、疲れやすくなると共に、活性酸素により老化が早まります。ミトコンドリアを増やすことで持久力が高まり身体の向上につなげることが可能です。

もやパンダ
もやパンダ

ミトコンドリアは加齢と共に減るパラ。対策で増やすことができるパラ!