痩せる食べ物

味噌汁ダイエット方法の効果と痩せる味噌の選び方

更新日:

日本人にとって味噌汁は切っても切り離せない食べ物です。この味噌汁の具材は知道府県でそれぞれ異なっていますが、ダイエットに適した味噌汁はあるのでしょうか?

 

スポンサード リンク

ダイエットに適した味噌汁の効果とは


日本人はやっぱり味噌汁が大好きパラ~♪味噌汁ってダイエット効果あるパラ?赤みそと白みそどっちがいいパラ?

 


「ダイエット効果」があると言われている味噌は、大豆を発酵させることで作られる食品。大豆には栄養素の大豆サポニンが含まれているの。コレステロールや中性脂肪を低下、大豆ペプチドにより代謝を向上させる効果があるわ。これにより脂肪がつきにくい身体や疲労回復に期待できるの。

 


味噌汁すごいパラ!

 


さらに、美肌効果が味噌にはあるわ。その成分は遊離リノール酸というもの。そばかすの原因になるメラニンの合成を抑制する効果があると言われているわ。消化の促進効果による発酵によってアミノ酸まで分解されている味噌のタンパク質は消化吸収効率が優れていて、食物繊維も豊富に含まれているから便秘予防や整腸作用に期待できるの。

 


美肌にも味噌汁は効果があるパラ。

 


「脂肪酸エチル」という物質が、癌などの病気を抑制する効果にもなるの!この物質はがんを引き起こす物質の力を失わせてくれる効果を持つと言われているわ。他にも ミネラル・ビタミンE効果でアンチエイジングによる若がりの効果や血液をサラサラにして動脈硬化の予防 ・エネルギー供給、老廃物の代謝 ・認知症(痴呆症)などの防止など味噌汁には嬉しい栄養素が豊富!

 


健康にも味噌汁は効果的パラー!!

 

人気の具材をランキング

1位・・・豆腐
2位・・・ワカメ
3位・・・油揚げ
4位・・・大根
5位・・・ねぎ
6位・・・きのこ類
7位・・・玉ねぎ
8位・・・じゃがいも

 

味噌汁の低カロリー

◎具なし味噌汁一杯
41Kcal

◎豆腐とワカメの味噌汁一杯(140g)
3Kcal

 

人気のある具を入れてもわずかにしか上がりません。ダイエットには最適です。

 

味噌汁の塩分

味噌汁一杯(140g)の塩分量は約1.5gで、塩分推奨摂取量は7~8g未満。味噌汁の塩分1.5gは少し多めですが、すぐに健康被害になる量ではありません。

 

水分や塩分の摂り過ぎはむくみの原因にもなります。1杯~2杯程度に収めると良いでしょう。野菜や海藻などを一緒にたくさん摂るようにすれば、それらに含まれるカリウムが塩分を体外に排出してくれる作用があるのでむくみ解消になります。

 

ただ、1日3杯のみそ汁で乳がんになりにくいという結果もあります。厚生労働省の研究班によると「1日3杯以上」のみそ汁を飲む人は「1日1杯以下」のひとよりも乳がんの発生率が40%も減少していることを発見。全体的なバランスを見て摂取することが望ましいですね。

 

スポンサード リンク

ダイエットに向いている味噌の種類


味噌にも赤味噌や白味噌、合わせ味噌などがあるわ。ダイエットに適しているのは、一般的に赤味噌と言われているの。

 


なんで赤味噌がダイエットに効果があるパラ?

 


赤味噌は抗酸化力も強く、発酵させる時間が長く、メラノイジンという成分が多く含まれているため胃腸のバランスを整えてくれる働きがあるわ。ただ、白味噌の麹は赤味噌の数倍含まれているから、血圧降下作用があるの。空腹感を抑えてくれる作用もあるわ。

 


赤と白、どちらにもダイエット効果や健康効果があるパラ。組み合わせて使用してみるといいパラ。

 

◎たんぱく質
大豆には100gあたり35.3gものたんぱく質が含まれてます。燃焼系アミノ酸といわれるバリン、ロイシン、イソロイシンが豊富。

◎ビタミンB群
脂質や糖質の燃焼を促進してくれる、ダイエットには欠かせないビタミンB1、B2、B6といったビタミンB群が豊富。また、大豆には老化を抑えて脳梗塞を予防してくれるビタミンEも含まれます。

◎ミネラル
ダイエット中の人だけでなく、不足しがちなカルシウムや、カリウム、マグネシウム、鉄分といったミネラル類が豊富に含まれてます。

◎大豆サポニン
サポニンは、腸の働きを正常に戻す整腸作用があり、余分な栄養の吸収スピードを遅らせるので脂肪吸収の抑制効果に期待!コレステロールや中性脂肪を減らし動脈硬化の予防にも貢献します。

◎レシチン
レシチンは、脂肪を溶かして排出してくれる効果がああります。

◎大豆イソフラボン
女性ホルモンと似た働きをすることでも知られています。女性の美容や健康維持には欠かせない成分。

◎大豆ペプチド
ペプチドは腸内環境を整え脂肪の吸収が緩かにし、基礎代謝を高めます。

 


大豆パワーを使用した味噌パラ。いろんな具材を合わせた味噌汁を完成させてダイエット・健康・美容のトリプル効果を得るパラ。

 


飲み過ぎ食べ過ぎには注意しながら毎日の食生活に味噌汁を加えてみましょう。

スポンサード リンク

注目記事

1

目が悪くなった小学生の視力が治るとして、“アイアイ体操”と呼ばれているものがあります。埼玉県の上尾市立原市小学校で視力が回復したと話題になっていますが、いったいアイアイ体操とはどのようなものなのでしょ ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? &nbs ...

3

日本の代表的な料理で、世界中で愛されるお寿司ですが、ダイエット中には気をつけておきたい事があります。   ダイエット中にお寿司を食べる時の注意点 日本人だけにとどまらず世界中で愛されている日 ...

4

眠る方法に気をつけないと肥満につながるという事実が判明しました。一般的に、睡眠不足になると肥満につながり、肥満は睡眠時無呼吸症候群のリスクも高まるため、肥満と睡眠の密接な関係性はよく言われています。し ...

5

太りやし人もいれば、どんなに食べても太りにくい人もいます。その違いの差は「デブ菌」が原因かもしれません。デブ菌とはどのようなものなのでしょうか?また、ヤセ菌と呼ばれるダイエットには欠かせない菌がありま ...

-痩せる食べ物

Copyright© もやパンダのダイエット&健康 , 2018 All Rights Reserved.