気になるキーワードを検索

健康維持の方法

偏頭痛の原因と治し方【頭が痛い!】

更新日:

偏頭痛(片頭痛)になる人とならない人の違いの差は、頭の中の血流にある!?天気が悪いと頭が痛い、寝すぎると頭が痛い、など偏頭痛の原因とは?

天気の他にも、寝すぎると頭が痛くなったり、お腹がすくと頭が痛くなったり、人それぞれ発症原因が違う。

偏頭痛になる理由とは

偏頭痛は成人の約8%がなると言われている。

偏頭痛

頭の片側もしくは両側が、ズキンズキンと脈打つような強い痛みを伴うのだ。緊張型頭痛に次いで一般的な頭痛として知られ、比較的女性に多くみられる。

偏頭痛(片頭痛)は、少ない人でも月に1~2回、多い人は週に1~2回発症する。

遺伝が原因で偏頭痛

偏頭痛は「頭痛持ち」とも言われており、慢性的な頭痛を意味する。実際、親・兄弟姉妹などの血縁関係にある人が偏頭痛を持っていると、同じように発症するケースが多い。

両親に何も異常がなくても祖父母に頭痛持ちがいると隔世遺伝することもある。

また、圧倒的に女性の方が多い偏頭痛。

エストロゲン(卵包ホルモン)の変動時期が月1回のペースで起こることも女性だけが異常に多い原因とも言えそうだ。

母親が偏頭痛を持っていると5割の確率で子どもにも偏頭痛が遺伝すると言われているため、母親の遺伝力はすごいことがわかる。

思春期によるストレスで偏頭痛

思春期以降で偏頭痛になったという人も少なくない。

子供の頃は全然平気だったのに、大きくなると頭痛が増えるようになったという人もいる。子どもから大人に変わるステップとしてあるのが思春期だ。

思春期でホルモンバランスが変化することで頭痛を引き起こしている可能性があり、そしてこの時期は反抗期も訪れる頃でストレスが多くなる。

思春期を過ぎてもすぐには治らないと思うのだが、50歳以上になると偏頭痛が楽になったという人もいる。

身体の中のホルモンが鍵を握っていることが想像できる。

脳の中の血流の差で偏頭痛

脳は血液の流れを調整するために血管の拡張と収縮をしている。これは正常に血を運ぶために必要なことだ。

問題は異常拡張が起こってしまうこと。

異常拡張は、セロトニンや食品などに含まれる物質で収縮する。偏頭痛の人は収縮環境が収まると、その反動として異常拡張してしまうことがあるのだが、その結果、血管壁に炎症を引き起こしてしまうのだ。

それを三叉神経が感知し、脳へ炎症情報を痛みとして伝えて発症してしまう。

天気に敏感で偏頭痛

「雨が降る=頭が痛くなる」偏頭痛の人はこのことを経験を通して感じ取る能力がズバ抜けている。

「気圧の変化」が関係している可能性があり、気圧とは大気の重さが地面にかかる圧力のことだ。

この気圧は、脳の血管に影響を与えてしまい頭痛を引き起こしてしまうのだ。低気圧のときは地面にかかる圧力が低くなるため、地面の上で生活する人たちの圧力も低くなる。

これは脳の血管をおさえていた圧力が下がり、血管が広がりやすくなることを意味している。そのときに脳の血管が広がり、周囲にある神経を刺激してしまうことで頭痛を引き起こしている可能性がある。

偏頭痛(片頭痛)の対処法

偏頭痛は血液の流れを正常にすることが重要だ。

片頭痛の対処法は、こめかみを押さえて血流を緩やかにしたり、横になるなどして安静にする

血液の流れをよくしようと入浴や運動などをすると、さらに痛くなってしまう可能性があるため注意が必要だ。

冷やす

冷やすことは偏頭痛に対して最も即効性が高いと言われている方法だ。

偏頭痛は血液が膨張して引き起こされる場合があるため、頭部を冷やして膨張した血管を収縮させることで、頭痛を抑えることが出来る。

冷やす部分は、偏頭痛が起こっている箇所や血液が心臓から登ってくる首の後ろがよい(太く長い頸動脈があり、そこを冷やすことで頭部に送り込まれる血液を冷やすことができ、頭部全体の血管を収縮する)

ツボを押す

偏頭痛の原因として、自律神経の乱れもあげられる。

ストレスにより交感神経が過敏になるため頭部の神経を刺激することで偏頭痛を引き起こしてしまうのだ。

自律神経に関わるツボを刺激すると、バランスを整えることができ改善に期待できる。

百会(ひゃくえ)

百会は両耳から頭を沿い、頭のてっぺんで交わる部分にある。ツボを押す際には、強く押しすぎないよう注意が必要だ。

完骨(かんこつ)

耳の後ろにある骨の出っ張った部分。頭全体の痛みを軽減する効果がある。

合谷(ごうこく)

少々強めの力で押すとよい。

腹式呼吸

偏頭痛の原因である自律神経の乱れを改善するために、腹式呼吸を行うことも効果的。腹式呼吸には自律神経を整える効果がある。

腹式呼吸の方法は、へそのあたりに力を入れ、4〜5秒かけて鼻から空気を吸い込み、8〜10秒程度かけてゆっくりと息を吐き出す。

何回か繰り返し、呼吸や脈拍が落ち着くのを待つ。

注意点

偏頭痛が起きた日は、活発な運動をしないようにし、入浴時間を減らしたり、ドライヤーを使わないなど、血管を温めないように気をつける。

また、頭痛の種類が「緊張型頭痛」である場合、偏頭痛とは逆に温めることによって症状が改善される。

これは逆に頭部を冷やすことで症状が悪化してしまうため、自身の症状を見極めた上で、対処することが求められている。

まとめ 偏頭痛は安静にする

痛くなったら横になってゴロゴロするとよい。立派な治療だ。

スポンサード リンク

-健康維持の方法

Copyright© メモのがたり , 2018 All Rights Reserved.