気になるキーワードを検索

健康維持の方法

1日の歩数の目安は何歩?メッツ健康法がすごい!

更新日:

「毎日何歩を歩けばいいんだろう?」と考えると、多くの人が「1万歩!」という認識を持っている。

昔から最低でも1万歩は歩いた方がよいと言われていたからだ。しかし、最新の研究により常識がくつがえることになる。1日に何歩を歩けばよいのだろうか?

2000年から始まった病気と歩行に関する調査をおこなったところ、15年かけてついに新事実が判明した。それは「奇跡の研究」と世界中で呼ばれ、絶賛されている。

メッツ健康法の正しい歩数は何歩?

東京都健康長寿医療センター研究所の医学博士が、65歳以上5000人を対象に24時間365日調査したところ、1日に1万歩以上歩いても病気になる人が続出したのだ。

聞いてないよ~

ダチョウ俱楽部も思わず驚愕である。それもそのはず。1日1万歩以上を歩けば身体はピンピン!健康にいられると信じていた人も多い。しかし実際は歩数に限らず病気になる人は病気になった。

これまで頑張って1万歩を歩いてた人はショックだ。Gショックをつけて毎日頑張っていた人もショックだ。重力を感じるほどショックだ。

この研究結果により、歩数と強度において健康と病気を左右することが導き出された。結論から言うと、健康結果から1日8000歩・20分がバランスがよい歩き方になる。

また、驚くことに12000歩・40分以上歩くと健康を害してしまうことも判明。歩き過ぎは身体に大きな負担をかけてしまうのだ。

歩数×中強度=病気のリスク

次にあげられるものは、歩数と中強度から病気のリスクを出したものになる。

2000歩は歩かな過ぎて、将来は寝たきりのリスクが高い。5000歩は認知症のリスクがあり、10000歩は75歳未満に限りメタボのリスクがあげれる。

歩数と病気は関係性があるのだが、重大な病気を回避できるバランスのよい歩数は「8000歩」になるため、目安程度に覚えておくとよい。

メモ

・2000歩×0分
= 寝たきり

・4000歩×5分
= うつ病

・5000歩×7.5分
= 要介護、認知症、脳卒中

・7000歩×15分
= 癌、動脈硬化、骨折

・8000歩×20分
= 糖尿病、75歳以上のメタボ、脂質異常症

・9000歩×25分
= 高血圧

・10000歩×30分
= 75歳未満のメタボ

・12000歩×40分
= 肥満

・12000歩×40分以上
= 健康を害する

「絶対にこの歩数だとこの病気にかかる!」とは限らない。一番重要なことは、日頃の生活習慣が大切だ。

タニタ(TANITA) 活動量計 カロリズムBASIC シルバー AM-111-SV

タニタ(TANITA) 活動量計 カロリズムBASIC シルバー AM-111-SV

1,538円(11/14 10:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

まとめ 8000歩・20分がベスト!歩き過ぎは禁物

ジョギング・ウォーキングの有酸素運動は血液の流れがよくなる。細胞も活発化して元気になることが可能だ。

しかし歩きすぎは禁物となる。自分に合う体力と克服したい病気で歩数を意識するとよい。

スポンサード リンク

-健康維持の方法

Copyright© メモのがたり , 2018 All Rights Reserved.