もやもやする痩せないダイエットの原因とは?健康に痩せるしらべ

もやパンダのダイエット&健康

健康維持の巻

1日の歩数で理想は何歩?メッツ健康法がすごい!

更新日:

「毎日何歩を歩けばいいんだろう?」と考えると、多くの人が1万歩という認識を持っています。昔から最低でも1万歩は歩いた方がよいと言われていたからです。しかし最新の研究により常識がくつがえりました。

 

メッツ健康法の正しい歩数は何歩?


1日に何歩歩けばいいパラ?歩くの好きな人はどこまでも歩けるパラ。目安はあるパラ?

 


ちょっと前までは1万歩は歩くように言われていたわ。でも、2000年から始まった病気と歩行に関する調査をしたら、15年かけてついに新事実が判明したの。それは“奇跡の研究”って世界中で呼ばれていて絶賛されているわ。

 


奇跡の研究パラ。すごそうパラ!

 


東京都健康長寿医療センター研究所の医学博士が、65歳以上5000人を対象に24時間365日調査したところ、1日に1万歩以上歩いても病気になる人が続出したの。これまで1万歩は歩けば健康でいられるって言われていたからその常識がくつがえる研究結果になったわ。この研究結果から歩数強度が、健康と病気に左右することが導き出されたの。健康結果をみると、1日8000歩の20分がバランスがいい歩き方になるわ。驚くことに、12000歩の40分以上歩くと健康を害してしまうこともわかったわ。

 

歩数×中強度=病気のリスク

◎2000歩×0分=寝たきり

◎4000歩×5分=うつ病

◎5000歩×7.5分=要介護、認知症、脳卒中

◎7000歩×15分=癌、動脈硬化、骨折

◎8000歩×20分=糖尿病、75歳以上のメタボ、脂質異常症

◎9000歩×25分=高血圧

◎10000歩×30分=75歳未満のメタボ

◎12000歩×40分=肥満

◎12000歩×40分以上=健康を害する

 


歩きすぎは禁物パラ。自分に合う体力と克服したい病気で歩数を意識するといいパラ。

 


ジョギング・ウォーキングの有酸素運動は血液の流れが良くなるから、細胞も活発化して元気になるわ。

スポンサード リンク

注目記事

1

人が物を覚える時に記憶はいったん海馬という脳の部分に保存されますが、海馬で整理整頓された情報は、大脳皮質で格納されます。   新しい記憶は海馬に、古い記憶は大脳皮質に保存されるということです ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? &nbs ...

3

日本の代表的な料理で、世界中で愛されるお寿司ですが、ダイエット中には気をつけておきたい事があります。   ダイエット中にお寿司を食べる時の注意点 日本人だけにとどまらず世界中で愛されている日 ...

4

眠る方法に気をつけないと肥満につながるという事実が判明しました。一般的に、睡眠不足になると肥満につながり、肥満は睡眠時無呼吸症候群のリスクも高まるため、肥満と睡眠の密接な関係性はよく言われています。し ...

5

少し顔を下げるとあごが二個。二重あごを解消すると実年齢よりも若く見せることができます。   二重あごを解消する方法 二重あごに悩んでいる人がたくさんいるパラ。目立たなくできないパラ? & ...

-健康維持の巻

Copyright© もやパンダのダイエット&健康 , 2018 All Rights Reserved.