風邪薬をスポーツドリンクで飲むとダメな理由

スポンサード リンク

風邪薬と最悪な飲み合わせは?薬は一般的に水またはぬるま湯で飲むように指示されます。薬と一緒に飲んではいけない飲み物があります。効き目がなくなるその理由の差って何ですか?

もやパンダ
もやパンダ

薬は水やぬるま湯で飲むのが一般的パラ。医師や薬剤師もよく指示するセリフパラ。水以外を飲むとダメパラ?

水以外の飲料で薬を飲むと、何かしらの悪影響が出る恐れがあります。

薬と一緒に飲んではいけない飲み物とは

薬と一緒に飲んではいけない飲み物があります。見てみましょう。

グレープフルーツと薬を一緒に飲むのはNG

ある種類の高血圧治療薬を、グレープフルーツジュースと一緒に服用すると、本来の効果よりも血圧が低くなってしまう恐れがあります。

めまいやふらつきなど、多くの副作用が報告されており、場合によっては危険な状態まで血圧が低下をする事例もあります。

牛乳と薬を一緒に飲むのはNG

牛乳は骨を強くするといわれ、昔からよく飲んでいる人も多くいます。しかし、牛乳に含まれているカルシウムが、薬の成分と結合することで、薬本来の効き目を弱める恐れがあります。

アルコールと薬を一緒に飲むのはNG

アルコールで薬を服用すると、薬の分解速度や働き方が大きく変化してしまう恐れがあります。

また、薬の効果が強く出すぎることもあるため危険です。さらに、アルコールは脳神経にも影響を与えるため、医師の許可なくアルコールで薬を飲むのは絶対にやめましょう。

スポーツドリンクと薬を一緒に飲むのはNG

スポーツドリンクは身体にいいイメージがありますが、薬と一緒に飲むことはNGとされています。

子どもが薬を飲まないときになんとか薬を飲ませようと、スポーツドリンクと一緒に飲ませる人もいますが、ある種の抗生剤とスポーツドリンクを混ぜた場合、強い苦みが発生します。

また、含まれている成分と薬効成分が結合し、薬効成分の吸収を妨げることで薬本来の効き目を低下させたり、全く吸収されなくなる恐れがあります。

薬の効成分を分解する消化酵素の働きを邪魔することで、本来なら分解された残りが吸収されることで丁度よい効果が発揮されるところを、薬効成分が通常の倍以上吸収されることがあり、中毒症状が現れる危険があります。

スポーツドリンクの中には糖分が多く含まれるものも存在します。

スポーツドリンクは体力を回復させるために生み出された飲料水で、水よりも吸収が良く、水とは違う様々な成分が配合されているケースが多いです。薬の効果を発揮しすぎる恐れがあるのです。

栄養ドリンクと薬を一緒に飲むのはNG

栄養ドリンクは、様々な栄養素が含まれています。

栄養素が身体に吸収されるには水が必要ですが、薬と栄養ドリンクの成分が水を奪い合う形になります。すると、薬の十分な分解吸収が行われず、効果を発揮できない恐れがあります。

また、水分が不足して濃度が上昇した場合、浸透圧が高まり胃腸に負担を掛ける心配も残ります。

まとめ 薬は水で飲む

薬は体内に入ってから最適な効果が出るように、薬剤成分の構成やコーティング、薬剤の形状が作られています。

本来とは違う飲み方をすると効果がでなくなるだけじゃなく、副作用が出る場合もあるので注意が必要になります。

もやパンダ
もやパンダ

水以外のもので飲むと吸収されるまでの時間が変わってしまうパラ。気を付けるパラ。