エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top

マリーアントワネット食事法でケーキを食べて痩せるダイエットとは

シェアする

Marie-Antoinette

マリー・アントワネットは、フランス国王ルイ16世の王妃です。この人物を参考にしてダイエットをおこなうことができると言います。

スポンサード リンク

マリー・アントワネット式食事法

MP5マリー・アントワネットって誰パラ?

@MPHRK5「マリー・アントワネット式食事法」っていうのがあるんだけど、マリー・アントワネットの食生活を参考にしたダイエットを言うの。マリー・アントワネットは、1755年11月2日から1793年10月16日、フランス国王ルイ16世の王妃で、フランス革命中の1793年に刑死しているわ。いろんなことで当時の民衆から反感をかってしまったようね。

彼女は子供を4人産んだにも関わらずウエストが58cmだったと言われて、これに目をつけたイギリスの女性がマリー・アントワネットの食事を研究して「マリー・アントワネット式食事法」を生み出したけど、この女性は10週間で9.5キロのダイエットに成功したと話題になったわ。

18世紀フランスの食生活

MPHRK418世紀フランスの宮廷では、朝にケーキ、昼に魚や肉などの主食、夜にスープという食生活がされていたの!

◎朝にケーキ・・・高カロリー
◎昼に魚・肉・・・栄養とスタミナのある食べ物
◎夜にスープ・・・栄養かつ、低カロリー

MPHRK5人の身体は「朝と昼と夜」の1日の中で、最も活発に活動しているのが「朝」。学校や仕事で昼より朝の方がお腹が空く経験をした人も多いと思うわ。

このことから朝にケーキを食べても代謝が活発に働いているため燃焼されやすく、また夜まで時間があるのでその間に身体を動かすためにカロリーを気にせず食べても大丈夫なの。

アントワネットを真似してケーキを食べよう!

MPHRK6挑戦したイギリスの女性の元の体重がどのくらいなのか、運動量はどのくらいしたのかは不明だけど、10週間で9.5キロの減量に成功したのはすごいわね。

ダイエットをしている人にとってケーキなどのお菓子系は遠慮しがちになるけど、朝に1つぐらいなら大丈夫かもしれないわ。甘い物が食べられないストレスを回避して、ダイエットを無理せず継続していくことに繋がる可能性もあるの。

でも、ケーキを朝に何個も食べるとカロリーがその分高くなるから注意が必要よ。そして身体を夜になるまでの間にできるだけ動かすことが最低条件になるわ。

MP9マリーアントワネットの食事法を真似した生活をすると、ケーキなどの高カロリーな食べ物でも安心して食べられるパラ。

でも食べ過ぎるとその分の活動量が必要になるから、ダイエットを頑張った自分へのご褒美程度に、一週間に一度、朝にケーキなどの甘い物を食べるようにしてみたら毎週の楽しみが増えるかもしれないパラ。