マイグルトの作り方でダイエット効果がある理由

ダイエット
スポンサード リンク

マイグルトと呼ばれる飲み物を知っているだろうか?名前からすると「ヨーグルト」の仲間を連想するのだが、この飲み物がダイエットに効果があるというのだ。

そしてマイグルトは腸に良い作用をもたらすという。いったいどのような成分が含まれているのだろうか?

マイグルトの痩せる効果はある?

普段と変わらず今日も何気なく過ごしている人が多い。何気ない日常が平和なのだ。しかし身体の中では常に戦いが繰り広げられている。戦国時代だ。

人の身体の腸の中にはどれほどの細菌がいるのか知っているだろうか?

1個?
そんなわけはない。

5個?
んなこた~ない。

100個?1000個?
もっと!もっとだ!

なんと、100兆個以上の細菌が住んでいる。100兆個だ。ドラゴンボールの「スカウター」もすぐに爆発する威力だ。

この細菌の中には良い細菌と悪い細菌がいるのだが、身体によい効果のある細菌を「善玉菌」、悪い効果のある細菌を「悪玉菌」と呼び、双方で毎日激しく戦っているのだ。

人の身体の外では「おはよ~元気~?」平和な日常が広がってるのだが、人の身体の中では「チェストー!うおおお!」と善玉菌と悪玉菌が生死をかけてせめぎあっている。

では、なぜ戦う必要があるのだろうか?平和が一番だ。

その理由は、腸内環境のバランスが崩れていくと悪玉菌が増えてしまうためだ。悪玉菌の力が増幅されると善玉菌の力が弱くなる。

身体に良い作用を生み出す善玉菌が倒されていくとどうなるのだろうか?

便秘や吸収効率が悪くなり、代謝や免疫力が低下をしていく。ようするに、ダイエットでうまく痩せることができなくなるわ、病気にかかりやすくなるわで最悪な体質を作り出してしまうのだ。

「善玉菌カムバーク!」

誰しも世界の中心で善玉菌を叫びたくなるはずだ。

善玉菌を増やして痩せやすい身体にかえる

ダイエットで痩せやすい身体を作ること。健康でいること。これには善玉菌の数が必要だとわかったはずだ。善玉菌の力を強くして悪玉菌の力を弱める必要がある。

では、どのようにしたら善玉菌が増えるのだろうか?腸内にいる善玉菌を増やすことが重要だ。

そこで甘みとほどよい酸味が特徴の植物性乳酸菌飲料「マイグルト」が活躍する。マイグルトに使われる原料は、無農薬・無添加のお米・米麹になる。

酒蔵の地下から沸き上がる湧水、江戸時代から続く伝統のある酒蔵に生息する天然の乳酸菌・酵母菌で効果的に腸内環境を整えることができるのだ。

マイグルトの作り方レシピ

マイグルトは手作りでも作ることができる。お米・麹・水で甘酒を造り、乳酸菌醗酵したらよいのだ。

材料

・白米
300g

・水
300cc

・生米麹
200g

・塩
ひとつまみ

メモ

A
白米をとぐ

B
といだ白米を1時間程吸水する

C
白米の水気を切る

D
1.2倍位の水を足してご飯を炊く

E
ご飯に同じくらいの水を足してお粥を作る

F
70℃程になるように適度に水を加える

G
麹を加えて混ぜる

H
塩をひとつまみいれる

I
耐熱容器に移す

J
オーブンの発酵機能65℃で5時間保温

K
室温でそのまま数日間置くと自然に乳酸菌が入り発酵する。

※酸っぱくなるとマイグルトの完成だ

マイグルトで痩せる効果的な飲み方

マイグルトに含まれる乳酸菌は、糖を分解して乳酸を作り出し、大腸菌などの悪玉菌の働きを抑制する作用がある

ヨーグルトは種類が豊富だ。豊富過ぎてなにをどう選んでよいのか困ることもあるほどだ。ヨーグルトの中には胃酸で菌が死んでしまう商品もある。腸内環境を整える菌のはずが、胃の場所で命を絶ってしまうのだ。

これでは困る。

ヨーグルトに含まれる菌は胃酸に耐えることができ、腸までいくことができるマッチョマンでないと意味がない。

マッチョマンの菌はどこにいるのだろうか?

マイグルトだ。マイグルトの菌は生きたまま腸に到達するため、効果を得やすく免疫力を最大限に生かすことができる。マイグルトを飲むタイミングは食前に飲むとよい。

乳酸発酵飲料 - マイグルト12本入り

乳酸発酵飲料 - マイグルト12本入り

3,548円(12/10 23:57時点)
Amazonの情報を掲載しています

まとめ 腸内環境をマイグルトで整える

江戸時代から続くマイグルトだ。マイグルトに含まれる成分が腸までしっかりと届き、老廃物を体外に出すことができる。腸内環境のバランスを整えてることでダイエットに有利な体質を作ることができる。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
ダイエット
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり