腰痛の治し方は「屈伸・腰を回す」どっちの体操がいい?

スポンサード リンク

長時間椅子に座るなどで腰痛持ちになります。腰痛の症状は大きく2つに分けられます。

ぎっくり腰のように突然おこる「急性腰痛症」と何度も繰り返し起きる「慢性腰痛症」。腰痛になった場合、腰を回す運動と、屈伸をする運動どちらが最適なのでしょうか?

もやパンダ
もやパンダ

腰がズキズキするパラ・・・。つったパラ・・・。

つったり、急に起きてしまった急性腰痛症は初期対策が大事。解消法は「安静」と「冷やす」ことがポイントです。

急性腰痛症の対処法

腰椎はひねることが出来ない形になっています。

腰痛症で腰を回すと痛くなる

腰椎と腰椎は間隔がありますが、加齢とともにその間隔が大きくなります。腰をひねると極僅かに回転しますが、ほとんど腰椎と腰椎同士でひねる動きや回す動きは起きません。

では、腰はどこで曲がっているのでしょうか?

腰をひねったり、腰を回す時には人体の骨格に秘密が隠されています。腰の上には胸があり、肋骨・そして胸椎12個があります。腰の下にはお尻があり、その下に足と股関節。

動いているのは、胸椎です。12個ある胸椎がそれぞれひねる動きや回す動きをしています。


(出典:bodybook.jp)

胸椎が回す動きは40度程度といわれています。

しかし、胸椎以外に身体をひねる場所があります。それは股関節。股関節のひねることが出来る角度は45度ぐらいです。胸椎と股関節が腰をひねる動作や腰を回す動作を可能にしているのです。


(出典:fukuoka-mirai.jp)

胸椎と股関節がなんらかの原因で問題が発生すると、どこかが余計に大きく動かないと回らなくなるということ。

通常回るはずの所が回らないと、他の場所でそれを補わないといけなくなるため、腰に大きな負担がかかります。

胸椎が動かない、股関節が動かない分、これをカバーするためにもともと動かないように出来ている腰椎をひねったり、回す動きをし続けることで、いつかは腰が壊れてしまいます。それが腰痛の原因につながるのです。

まとめ 腰痛体操は屈伸

腰痛になったら、腰を回すよりも屈伸を行いましょう!屈伸をすることによって、腰の腱の位置が正しい位置に戻っていきます。自分の体重をかけた屈伸は丁度よい負荷で、自然にバランスを整えてくれます。

もやパンダ
もやパンダ

無理に腰椎を動かしていたパラ・・・。腰痛を直すために腰を回すのは辞めた方がいいかもしれないパラ・・・。