エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top

下半身デブの原因は靴!理由と矯正方法

シェアする

lower-body-fat-shoes

上半身は痩せているのに・・・、なぜか下半身に脂肪が付いている。しかし、みんながみんな同じ体型ではありません。いったいなぜ“下半身デブの人”と“下半身デブじゃない人”の違いの差が生まれてくるのでしょうか?その一つの原因は子供の頃から履いている意外なものでした。

スポンサード リンク

下半身デブの原因は靴

@Moyapanda6
上半身はスマートだけど、下半身太りしている人がいるパラ。本人たちも自覚があるみたいで、ダイエットに励んでいるけどなかなか痩せないみたいパラ。なにが原因パラ?

@Haruka(遥)5
下半身に脂肪がつく原因は人それぞれあるけど、その一つの原因に“靴”が挙げられるの。

@Moyapanda16
靴パラ?

@Haruka(遥)8
新品の靴を購入して履き続けるのはいいけど、次第に靴底のすり減りが起きて長期間すり減った靴を履き続けることになるわ。するとどうなると思う?

@Moyapanda3
靴の裏側がツルツルして滑りやすくなるパラ!スケートがうまくなりそうパラ!

@Kaede(樺楓)12
ツルツル・・・、あっ!はいはいはーい!体型に悪影響を及ぼす!

@Haruka(遥)7
正解♪かかとの部分だけがすり減っていたり、靴底の外側が斜めにすり減っていると、重心が崩れているの。無意識のうちに身体のバランスを保とうと、どちらか片方だけに体重がかかっているから全体的なスタイルに悪影響を及ぼすわ。

そして、大きめの靴で歩いていると足のサイズに合ってないから靴の中で脚が滑ってしまうの。バランスをとるために余計な力が入ることで、膝の外側に筋肉がついてしまうことがあるわ。

@Moyapanda11
大きめの靴を履いている場合は引きずればいいパラ!

@Haruka(遥)1
ダメよ。脱げないように引きずって歩いたら靴底は潰れてツルツルになるし、かかとを引きずって歩くことで本来使うはずの筋肉が使われなくなるから、がに股や猫背の原因にもなるの。

下半身太りに靴の盲点

すり減った靴を使いづづけると重心が外側に片寄りやすく、太ももやふくらはぎの余計な筋肉がつき、横に広がりやすくなります。太ももの場合は前もも、ひざ下の場合はすね周りの筋肉など。

前側の筋肉を使うと、後ろ側の筋肉が使われなくなり、特に太ももの後ろは冷えてセルライトができやすくなるためお尻も垂れてきやすいのです。歩き方や靴のメンテナンスを日ごろからチェックしておくことが大切です。

@Moyapanda8
今からでもできる矯正する方法はないパラ?

@Haruka(遥)7
毎日のケアが大切よ。見てみましょう。

下半身デブを改善する靴の矯正法

1・・・
靴の擦り減りに注意しながら定期的に点検をしましょう。

2・・・
入浴後にフットクリームを足裏につけて、親指と人差し指の付け根の凹んだ部分を押しながら刺激を与えます。

3・・・
足裏の親指の付け根の凹んだ部分にテニスボールを置き、体重をかけて刺激しましょう。そして、かかとの手前の凹み部分にボールを置き、体重をかけます。次に足指の付け根からかかと近くまで前後にボールをコロコロと移動させてマッサージをしながら血行を促進させます。

また、足をテープで固定して矯正する方法もあります。 画像

関連ウォーキングで効果的に痩せるダイエットのやり方

@Kaede(樺楓)1
足の裏と靴を見直すと下半身が痩せるのね!お気に入りの靴はとくにメンテナンスしなきゃ♪

@Haruka(遥)2
靴だけじゃなくてスリッパもすり足になりやすいから気を付けましょう。

@Moyapanda5
ふくらはぎもマッサージすると老廃物が流れて体外に排出されるから下半身太りの改善につなげることができるパラ。