脂肪肝の症状と食事療法の治し方

ダイエット
スポンサード リンク

肝臓は生命を維持させるために非常に重要な器官になる。どのような働きをするのかというと、「老廃物の排出・有害なアルコール成分の分解・消化に欠かせない胆汁の生成」などだ。

肝臓は健康を維持させるために大切なものなのだが、ダイエットの成功率を左右するのも肝臓の状態が重要になる。

この肝臓には「脂肪肝」と呼ばれるものがあるのだが、肝臓と脂肪肝を知ることでダイエットの成功につなげることが可能だ。

脂肪肝とは

脂肪肝とはいったいどのようなものなのだろうか?脂肪の「肝」だ。名前からしてよいイメージは持てない。

脂肪肝は肝臓に脂肪が溜まることを言う。

そのままである。脂肪肝は非常に厄介だ。日に日に脂肪が溜まっていく。溜まっていくことにより多くの病気を引き起こす原因になるのだ。

メモ

脂肪肝の症状

・糖尿病

・肝硬変

・肝炎

・動脈硬化

・癌

など

中には致命的な病状まである。脂肪が付きすぎると多くの病気を引き起こすきっかけになってしまうのだ。これらの病気を防ぐためにも脂肪肝をなるべくつけないようにする必要がある。

ダイエットはきれいにそして健康に痩せることが重要だ。ダイエットが原因で病気になってしまっては意味がない。脂肪肝がつくことでダイエットに不利になる。

脂肪肝になる原因

では、肝臓に脂肪がついてしまうのはなぜなのだろうか?

肝臓に脂肪がつく理由は、アルコールや糖質の過剰な摂取が原因の一つにあげられる。冬はとくに脂肪肝になりやすい。冬は多くの行事が重なる時期でもあるためだ。飲み会や正月などのイベントが重なることで暴飲暴食につながりやすい。

さらに冬場は寒い。ブルブル震えるその身体は外に出ることを拒否しやすいのだ。すると、摂取量が消費量を大きく上回るため、肝臓に脂肪がつきやすくなる。

寒い日には布団から出たくない人も多いのではないだろうか?

朝の始まりから運動のやる気が低下する。冬は活動量が低下しやすいのだ。そのためエネルギーが余る傾向にある。

一方の夏は運動量が多い。エネルギーを多く使いやすいのだが、冬は特にその活動量から余ったエネルギーが肝臓に蓄積されやすくなる。

冬は代謝が上がりやすい環境になるため本来ならダイエットに適した季節なのだがもったいないことをしている人も多い。

脂肪肝の食事療法・治し方

では、脂肪肝にならないためにはどのようなことをしたらよいのだろうか?

可能な限り脂物やアルコールは少なめにするように気をつけるとよい。

エネルギーを消費する

肝臓に付着する脂肪肝により、肝臓そのものの機能が低下すると病気になりやすくなる。厚生労働省によると1月~2月の寒い時期に最も肝臓疾患による死亡者が多いことが判明しているのだ。

脂肪肝を回避することでダイエットの成功につなげることができる。肝臓に脂肪がつきにくくする方法は次にあげられる。

メモ

・適度な運動をする

・脂肪、糖質、アルコールは控えめにする

・卵、大豆、魚などの良質なタンパク質を摂取する

・ミネラル、ビタミン、食物繊維を摂る

女性こそ危ない! 女性の「脂肪肝」がみるみる改善する方法

女性こそ危ない! 女性の「脂肪肝」がみるみる改善する方法

栗原 毅
1,296円(12/11 01:05時点)
発売日: 2018/06/20
Amazonの情報を掲載しています

まとめ 脂肪肝は病気につながる

週に2~3日程度は肝臓定休日を作るとよい。アルコールは肝臓に負担をかける。飲み過ぎには注意が必要だ。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
ダイエット
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり