薄毛・抜け毛の対策に良いシャンプーの選び方

更新日:

そのシャンプーは本当に自分の髪質に合っていますか?薄毛が気になり始めたらシャンプーを見直しましょう。


薄毛になってもシャンプーは同じのを使ったほうがいいパラ?


髪は毎日のケアがとっても大切になるわ。まずは、自分の髪に合うシャンプーを見つけるために、髪の成分を知ることからはじめましょう。

髪の毛の成分を知る

自分に合うシャンプーを探すには、髪の毛がどのような成分で構成されているのかを知ることが大切です。

髪の毛は、ケラチンと呼ばれるタンパク質が95%含まれてできていますが、このケラチンは18種類のアミノ酸で構成されています。

つまり、頭皮や髪の毛に負担をかけないシャンプーは、皮膚と髪と同じ成分であるアミノ酸系シャンプーを選ぶと、髪へのダメージが抑えられます。

もやパンダ
アミノ酸系シャンプーを使うパラ。

洗浄力が強すぎるシャンプーはNG

「皮脂をガンガン取るシャンプーで気分爽快!」などの謳い文句をしているシャンプーもありますが、毛根が弱り薄毛の状態では洗浄力があまりにも強すぎるため、そのシャンプーが本来、肌に必要な皮膚や水分を奪ってしまう恐れがあります。

では、必要なものを取られた頭皮はどうするのか?

取られたぶんを補うために、過剰に皮脂を分泌しようと働きます。毛穴が詰まりやすく、抜け毛や細毛の原因につながりかねません。

皮脂線が発達することで髪の毛に供給されるはずの栄養の多くが皮脂線に流れ、髪の毛は栄養不足に陥りやすくなるといわれています。その結果、うぶ毛のような毛ばかり生えてしまい、薄毛や抜け毛につながります。

また、洗浄力が強いがために、頭皮の乾燥からフケやカユミを引き起こす原因になることも考えられます。

強力な洗浄効果を持つ界面活性剤が配合されているため、バリアを形成している角質細胞にある天然保湿因子や油溶性の細胞間資質を溶かしてしまい、バリアを破壊。その結果、頭皮は乾燥するため新しい細胞が誕生しにくい環境になります。

アミノ酸系シャンプーのメリット

・頭皮のダメージが少ない

・髪のダメージが少ない

・刺激が弱くアレルギー炎症が起きにくい

・優しくしっとりとした仕上がり

・保湿力が高い

・敏感肌・乾燥肌向き

・天然成分で安全

しかし、アミノ酸系シャンプーのデメリットとして、洗浄力が少し弱いため、皮脂汚れや整髪料の洗い残しが出る可能性があります。マッサージをおこないながら皮脂を出すようにするとよいでしょう。

髪の汚れは、シャンプーの前にブラシをおこなうことでほとんど取ることができます。シャンプーは、そのブラシで落とせなかった余分な皮脂を落とすことになるため、自分の皮脂分泌量に合うシャンプー選びが大切です。

皮脂はあまり出ていないのに、過剰な洗浄力のあるシャンプーを使用すると、頭皮環境は悪化をしてしまいます。

もやパンダ
シャンプー選びは皮脂の量がポイントパラ。

自分の肌に合うシャンプーを選ぶ

髪の毛は皮膚が進化したものです。自分の皮膚に合う成分は、髪の毛にもよい効果を与えます。

皮脂が多い人は、アミノ酸系で皮脂をしっかりと洗い流せるシャンプーを使い、乾燥肌の人は、保湿成分が配合された低刺激のアミノ酸系シャンプーを使うとよいでしょう。

ポイント

頭皮の血行を良くする

過剰な皮脂を取り除ける(皮脂が多い人)

保湿成分が配合されている(乾燥肌の人)

石油合成系界面活性剤を使用していない

着色料を使っていない

合成香料を使っていない

石鹸系を使用していない

天然成分が配合されている

シャンプーの種類には、アミノ酸系シャンプーの他にも、石油系と石鹸系があります。それぞれメリット・デメリットを知る必要があります。

石油合成系界面活性剤のシャンプー

メリット

・洗浄力が強い

・皮脂の多い脂性肌の人向き

・整髪料やワックスをしっかりと洗い落とせる

・価格が安い

・少量で泡立ちがよい

デメリット

・必要な皮脂まで洗い落とす危険

・乾燥肌の人には不向き

・エタノールなどの刺激物が含まれる

・敏感肌の人には向かない

・合成添加物が多い

石鹸系のシャンプー

メリット

・洗浄力がやや高い

・皮脂をある程度残しながら洗い落とせる

・整髪料やワックスをしっかり洗い落とせる

・地球環境に優しい

デメリット

・弱アルカリ性で頭皮や髪と相性が悪い

・洗いあがりに髪がきしむ

・洗いあがりに髪がゴワゴワする

・シャンプー後に酸性のコンディショナーが必要

・すすぎが弱いと石鹸カスの残りで肌トラブルの原因になる

一般的なシャンプーは医薬品ではないので、薄毛の原因であるAGA(男性型脱毛症)を治療したり発毛する効果はありません。

「育毛シャンプー」と謳っている商品も、メーカーが頭皮や毛髪にこだわりがあると表現するために「育毛シャンプー」と称しているだけです。

AGAを治療するにはプロペシアなどのAGA治療薬を服用する必要があり、発毛効果のあるミノキシジルという薬を服用する必要があります。

しかし、育毛シャンプーには頭皮を綺麗にする成分が含まれているので、薄毛の進行や抜け毛を予防するうえでは、適切なシャンプー選びが非常に重要になります。

まとめ 髪を傷めない自分に合うシャンプーが一番


薄毛のシャンプーにはアミノ酸系シャンプーが最適パラ。髪にも頭皮にも優しいシャンプーパラ。

スポンサード リンク

注目記事

1

ダイエット調査レポートが公開されました。それによると、ダイエットに効くと言われる食材を使っても効果は人それぞれ違います。 これは個人の体質が関係していることもありますが、その他の理由の1つに「血液型」 ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? スーパー ...

3

脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があります。その違いはあるのでしょうか? 細胞を活性化させると痩せるらしいパラ。 痩せるために重要な脂肪だけど、そもそもダイエットを行う上で脂肪自体を知 ...

-薄毛

Copyright© もやパンダのダイエット・健康 , 2018 All Rights Reserved.