気になるキーワードを検索

薄毛

薄毛が坊主にする前に知るべきメリット・デメリット

更新日:

髪が薄くなってきたから坊主にしようか悩んでいる人も少なくない。髪が薄くなっているばあいには、長い髪よりも短い髪型のほうが相性がよく薄毛が目立たない。しかし、坊主となると少し話が変わってくる。

最近ではオシャレ坊主が流行っているのだが、バリカンで3mmほどに剃った一般的な坊主やスキンヘッドを薄毛の人がするとデメリットも見えてくる。

薄毛で坊主のデメリットとは

短髪よりもさらに短い髪型である坊主にすることで思わぬ落とし穴に出くわす。

防波堤がなくなった汗の先

人は暑い場所にいると汗をかくのだが、この汗は髪の毛が受け止めてくれる。しかし、坊主にすることで汗を受け止める防波堤がなくなるため、そのまま下に流れる。

特に代謝がよくて汗っかきの人は、運動の有無に関係なく頭から汗が流れてくるため思わぬ落とし穴にまいるかもしれない。

頭皮の臭いがダイレクトに

スキンヘッドや坊主は髪の毛が短いため、シャンプーするのはとっても簡単♪しかし、シャンプーの香りが髪に残ることがないため、頭皮の臭いが気になる人は気になることになる。

頭のカタチを知ってから

髪の毛があると頭の形を隠すことができる。頭がボコボコしていたり、怪我などで傷が入っていないだろうか?坊主にする前にもう一度確認しておくと安心だ。

欧米人は後頭部に膨らみがある頭の形をしている人が多いのだが、日本人は絶壁頭が多いと言われている。理想は左右対称・後頭部の膨らみになる。

思わぬ強面になる

髪の毛はその人の印象を大きく変える。

愛嬌のある薄毛の人が、坊主やスキンヘッドにすることで印象がガラリと変わり、見るからに強面になってしまうばあいも。

周囲から怖がられてしまう恐れがある。会社の取引先がいるときには特に威圧感を与えないように注意をする必要がある。

紫外線の攻撃

毛根は紫外線の攻撃に弱いため、紫外線が強くなる5月から9月にかけては特に気を配る必要がある。

坊主にすることで薄毛部分の毛根に直射日光が当たり抜け毛の原因につながる。影響を回避するためにも帽子は必須品だ。

坊主のメリット

坊主にはメリットもある。それは常に清潔にできること。髪の毛があるとゴミやフケなどがたまりやすく、また、汗や皮脂がたまりやすいことから不潔になりやすい環境だ。

一方の坊主やスキンヘッドは、洗顔と同時に頭まで一緒に洗うことができる。汗もすぐに拭きとることができるし、蒸れることはない。清潔でいえば断然坊主のほうが有利だ。

また、バリカンがあれば自宅でもセルフで散髪できるため家計の節約にも大助かり。

清潔に見えることが重要

清潔な坊主ですが、清潔に見えることとは別の話。運動もしていない状態で頭から汗が流れている状態が清潔に見えるだろうか?

代謝がよくて身体の脂肪など余計なものが燃焼されることはよいことなのだが、美容面から見ると不潔に見えてしまう人が多い。

坊主が似合うキャラクター

薄毛の人が坊主にするには、自分のキャラクターをよく知ることが大切だ。芸能人でいえば、竹中直人さん、海外ではブルース・ウィリスさんなどがいる。彼らは自分のキャラクターに合わせた坊主やスキンヘッドをしている。


(出典:s.cinematoday.jp)


(出典:iwiz-chie.c.yimg.jp)

キャラクターというのは、坊主やスキンヘッドが似合う顔だけではない。この俳優さんたちは、坊主が似合う体型やファッションなど、かっこよく見える努力をしているのだ

薄毛を感じさせない堂々とした男らしさが、薄毛そのものの印象を薄くしている。

ファッションをガラリと変えたり、可能ならばオシャレ髭を生やしてみたり、色眼鏡を使ったりして「吹っ切れてみる」ことも1つのやり方になる。

まとめ 清潔に見える坊主がモテる

清潔感を維持できる人、坊主が自分のスタイルに合う人におすすめな髪型なのだが、坊主にしたことで薄毛について変に気を遣うことがなくなり、楽になったという声は多い。

薄毛に悩みつかれた人は、短髪から徐々に時間をかけて坊主に変えてみるとよいかもしれない。薄毛の人が坊主にするのは悩みどころ。決断力が必要だ。

スポンサード リンク

-薄毛

Copyright© メモのがたり , 2018 All Rights Reserved.