今から始める薄毛対策の方法

スポンサード リンク

抜け毛が増えてきたな~と感じた時!気づいたら髪が薄くなっていたと感じた時!

気づくのが遅く薄毛の進行が止まりにくい状態になっているかもしれません。そうならないためにも、早めの薄毛対策をして、髪を長く健康に維持する必要があります。

もやパンダ
もやパンダ

髪の毛は誕生日を重ねるごとに毛根がダメージをうけていくみたいパラー!だんだんと弱っていくみたいパラー!

髪の毛の健康を若い頃から考えて過ごしていたら、薄毛の進行も緩やかになります。髪がふさふさの状態で一生を終えることもできます。

薄毛を感じた状態から薄毛対策をすることで進行を緩やかにでき、食い止められるかもしれません。髪の対策はすぐにはじめましょう。髪を健康にする方法を見ていきましょう。

早めに始める『AGA』薄毛対策

薄毛対策は早ければ早いほど良いです。っといっても、いったいなにをしたらいのでしょうか?

髪は皮膚が進化した形。皮膚が何かの要因で悪影響を受けると、それは髪の毛にも影響を受けるのと同じ意味を持ちます。

例えば『ストレス』。ストレスを感じたときに肌が荒れやすい人は、髪の毛にもダメージを受けています。

薄毛を引き起こす主な要因

 

生活習慣の乱れ

バランスの悪い食事

頭皮に脂が多すぎる

シャンプーがしっかりできていない

男性ホルモン(DHT)

 

薄毛の原因は、ストレス頭皮環境の悪化など様々な要因により引き起こされます。

日本人男性が薄毛になる原因として多いのが、男性型脱毛症である『AGA)』です。AGAになると早めに対策を行う必要があります。

もやパンダ
もやパンダ

環境をかえるパラ・・・。

AGAの薄毛対策は早めがよい理由

では、なぜAGAを発症した人には早めの薄毛対策が必要なのでしょうか?それは、AGAを引き起こすメカニズムにあります。

若い頃は髪が草原のようにあったのに、気が付くと髪が伐採された森林のようになっていた・・・。頭で土砂崩れがおきていた・・・。

AGAを引き起こす主な原因に『男性ホルモンの変化』があります。

このホルモンは、「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素と結合することで、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンに変化します。DHTが作られると、毛乳頭細胞でヘアサイクルの乱れを引き起こしてしまうのです。

人の髪の毛はヘアサイクルにより日々、生まれ変わっています。太く長い髪の毛は一定の周期を終えると自然に抜けて新しい髪の毛を生やします。

その新しい髪の毛が再び太く長い髪の毛を作り出し周期を終えると自然と抜ける。これを繰り返しています。

しかし、ヘアサイクルの流れが崩れることで髪が十分に成長できません。すると、周期を迎える前に髪が弱くなり、途中で抜けたり、細い髪しか生えてこなくなります。

ある年齢で急にスイッチが入ったように、薄毛や抜け毛が引き起こされるAGAの恐怖はここにあります。

進行型AGAを食い止める

AGAは男性ホルモンの変化が主な原因で引き起こされます。このため、生活習慣の改善や頭皮環境の改善を行っても完治するものではなく、進行性の脱毛症になります。

生活習慣や頭皮環境からきている薄毛は、その原因を特性することで対策し改善・完治することができますが、AGAは進行性ゆえに、放っておくと薄毛の進行が日に日に進んでしまいます。

もやパンダ
もやパンダ

生活習慣は大切パラ。

生活習慣の乱れが薄毛になる!対策方法

生活習慣が乱れてしまうと肌が荒れやすくなります。

当然、皮膚の進化形である髪の毛にも悪影響を与えます。睡眠不足やストレス、飲み過ぎるお酒やタバコなどが薄毛を引き起こす原因になる可能性があります。

睡眠不足に関しては、人は寝ることで成長ホルモンを分泌させるため、その分泌量が減ることになり髪の毛の育成に支障をきたします。

さらに、睡眠不足をはじめ、ストレスや過度な飲酒やタバコは、血管を収縮させて血流の流れを悪くさせるため、髪の毛に栄養が行きにくくなる可能性もあります。

重要な睡眠は深い眠りにつくことです。

無理をせずに、ストレスを発散するために趣味を見つけ、タバコや飲酒を止められる環境作りを整えることから始めましょう。

もやパンダ
もやパンダ

睡眠の質が重要パラ。

偏った食事が薄毛になる!対策方法

髪の毛はタンパク質の一種であるケラチンですが、ケラチンを合成するためには多くの栄養素を取り込む必要があります。

ビタミンやミネラル、亜鉛など、髪の毛を健康に保つためにバランスの良い食事が必要です。

脂が多い頭皮が薄毛の原因になる!対策方法

頭皮に脂が多いと、毛穴を塞いでしまうため健康な髪が育ちにくくなります。

しかし、頭皮の脂を摂りすぎてしまうと頭皮自体にダメージをうけてしまうため、過度な脂だけを取り除く必要があります。

頭皮マッサージや育毛剤を使用するとよいでしょう。腕の毛や脚の毛が生える部分の皮膚を触るとわかりますが、皮膚そのものが柔らかいです。

しかし、若い頃は頭皮が柔らかくても、年を重ねるごとに頭皮が固くなる傾向があります。頭皮が固くなると髪の毛も育ちにくいことがわかっているため、頭の皮膚もマッサージをして柔らかくしましょう。

マッサージを行うことで頭皮が柔らかくなると同時に血行もよくなります。頭の方へ栄養が行きやすくなるので健康な髪が生えるきっかけにつながります。

マッサージはソフトに行います。爪を立てずに指の腹を使うことが大切です。


(出典:media.well-lab.jp)

もやパンダ
もやパンダ

マッサージはソフトにやるパラ。

下手なシャンプーが薄毛の原因になる!対策方法

自分にあっていないシャンプーを選んでしまうと、髪にダメージを与えてしまいます。

シャンプーは洗浄力やその成分もメーカーによって異なります。まずは、自分に合うシャンプーを見つけることが大切です。

 

洗浄力が強力で必要な皮脂までとってしまう

洗浄力が弱すぎていらない皮脂が取り除けない

 

また、正しくない間違えたシャンプーのやり方で髪の毛を洗うと薄毛に繋がります。髪の毛を洗うのではなく、頭皮を洗うイメージでシャンプーを行いましょう。

もやパンダ
もやパンダ

自分のあうシャンプーを見つけるパラ。

AGA『DHT』を食い止める

DHTの生成がAGAを引き起こします。DHTを抑制することでAGAの進行を抑えることがでいますが、その方法の1つとして『発毛剤を服用する』ことがあげられます。

発毛薬に、フィナステリドを主成分としたプロペシアであれば、DHTの生成を抑制してくれます。

しかし、プロペシアは医薬品のためクリニックでしか処方されていないので気を付ける必要があります。医薬品です。

市販されている育毛剤と比べて、副作用の恐れもあるため、信頼できる医師とのカウンセリングが重要です。

まとめ 薄毛の進行を止める対策はすぐに始める

女性の人は過度なダイエットをすることがありますが、栄養不足から髪の元気がなくなり薄毛になることがあります。気をつけましょう。

一般的に、女性の抜け毛や薄毛は男性よりも改善しやすいと言われています。原因の特定が大切です。

もやパンダ
もやパンダ

薄毛を食い止める方法はたくさんあるパラ。AGAは少し厄介パラ。AGA以外は普段からできる薄毛対策パラ。自分の生活環境を見直して薄毛を改善するパラ。