ダイエット知識

命を落とす危険なダイエット、拒食症の症状とは

更新日:

一言でダイエットと言うけれど、そのダイエット方法には数え切れない程の種類があります。ダイエットは外見である身体を綺麗にすると共に、内面である身体の中までも綺麗にすることが出来ます。

 

あなたのダイエットは正しいダイエットの方法ですか?やり方を間違えると身体に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。それは時に命の危険にも関わります。

 

スポンサード リンク

危険なダイエット


ダイエットの仕方を間違えると命の危険もあるわ。

 


ダイエットの危険性はあまり触れられていないパラ。

 


それはダイエットに限らないけど、ビジネスの面が大きいからよ。ダイエットで成功するには正しい知識でやることが大切。無理な減食は、生理不順や自律神経の失調などの健康障害を招いたり、食べられないというストレスから拒食症や過食症の原因にもなる危険性があるの。特に拒食症は命の危険があり、骨の形が分かるほど痩せているにも関わらず、本人は自覚症状が無いためまだ太っていると思いさらなる食事を拒否してしまうわ。

 


恐ろしいパラ・・・。

 


食事を減らすと体重は減るけど、これは物が満足に体内に入らず体外へ出て行くほうが多くなるため。実は体重が減っていると同時に“あるもの”も減っているの。それは筋肉

 

筋肉の無い身体

どうしてもお腹が空いてしまいダイエットを中止した場合、身体にはどのような影響が出てくるのでしょうか?ダイエット期間中に絶食をして食べるものを減らし、その後ダイエットをやめ普段通りに食べると脂肪だけがどんどん増えていきます。

 

筋肉には脂肪をエネルギーに変える作用があるます。しかし筋肉そのものがないと、体重と同時に筋肉が減り食べた物をエネルギーに変えることが出来ないため、脂肪だけが増えることになるのです。

 

ダイエットが成功して終わった後のストレス開放で起こるリバウンドよりも、減食に伴うリバウンドはダイエットを始めた時以上に体重が増える可能性が高くなります。リバウンドを防ぐためにダイエットは継続することが大事です。

 


極端なダイエットは、ホルモンバランスの異常が起こりやすく、脱毛・立ちくらみ・免疫力の低下など、健康を害するマイナス要素を引き起こしてしまうわ。ダイエットは身体の状態を把握しながら行うもの。綺麗になりたくて命を落とすようなダイエットをしてはもともこもないわ。無理をしないように心がけましょう。

 


リバウンドをしない身体にするには、バランスよく食事を摂って、筋力を付けることパラ。

スポンサード リンク

注目記事

1

目が悪くなった小学生の視力が治るとして、“アイアイ体操”と呼ばれているものがあります。埼玉県の上尾市立原市小学校で視力が回復したと話題になっていますが、いったいアイアイ体操とはどのようなものなのでしょ ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? &nbs ...

3

日本の代表的な料理で、世界中で愛されるお寿司ですが、ダイエット中には気をつけておきたい事があります。   ダイエット中にお寿司を食べる時の注意点 日本人だけにとどまらず世界中で愛されている日 ...

4

眠る方法に気をつけないと肥満につながるという事実が判明しました。一般的に、睡眠不足になると肥満につながり、肥満は睡眠時無呼吸症候群のリスクも高まるため、肥満と睡眠の密接な関係性はよく言われています。し ...

5

太りやし人もいれば、どんなに食べても太りにくい人もいます。その違いの差は「デブ菌」が原因かもしれません。デブ菌とはどのようなものなのでしょうか?また、ヤセ菌と呼ばれるダイエットには欠かせない菌がありま ...

-ダイエット知識

Copyright© もやパンダのダイエット&健康 , 2018 All Rights Reserved.