レモンウォーターダイエット方法の効果と作り方レシピ

更新日:

芸能人やミランダ・カーなど、海外のセレブたちの間で話題の「レモンウォーターダイエット」は、爽快で爽やかなダイエットができると人気です。特に夏は爽やかにダイエット生活をおくりたいもの。いったいどのようにするのでしょうか?


レモンウォーターでダイエットができるらしいパラ。レモンで爽やかに過ごせそうパラ!


レモンウォーターダイエットは、レモンをしぼった水を毎朝1杯飲むだけで痩せるというものなの。とても簡単にできるダイエット法だから芸能人の間でも話題になっているわ。

レモンウォーターダイエットの作り方レシピ

1・・・
コップ1杯の水に半分にカットしたレモンの汁を絞ります

輪切りにしたレモンを水や炭酸水と一緒にボトルに入れる作り方もありますが、この場合は作り置きや持ち運びに便利です。

もやパンダ
簡単に作れるパラ。

レモンウォーターの飲み方

朝起きてから、朝食前に飲みましょう

レモンは酸性度が強いため、歯を変色させる恐れがあります。

歯に触れないようにストローなどを使うとよいでしょう。レモンは常温で10日間ほど保存ができます。

もやパンダ
歯にあてないように飲むパラ。

レモンウォーターの効果

レモンのポリフェノールには脂肪を吸収しないように働きかける力があり、体外の排出を促します。

そして、レモンには酸味がありますが、ストレスからくる食べ過ぎを防いでくれます。

レモンに含まれるビタミンCは、コラーゲンを生成する手助けをしてくれるため、メラニン生成を抑制することで「シミ」や「シワ」などの原因を防いでくれる働きもあり、美容面に期待ができます。

また、免疫力も向上するので風邪対策にも効果的!

他にも、レモンに含まれるペクチンという食物繊維が、腸の動きを促進し、腸内で固まった便をジェル状にするため便秘も回避してくれます。

レモンウォーターの栄養素、効果

ポリフェノール「エリオシトリン」
脂肪抑制

酸味
ストレスからくる食べ過ぎ防止

ビタミンC
シミ・シワの抑制、美肌・風邪予防

クエン酸
疲労回復、血液をサラサラにして新陳代謝の向上

ペクチン
便秘回避

カリウム
むくみ解消

冷たいレモンに抵抗がある場合は、ホットレモンウォーターにして飲めばよいです。代謝を上げるために生姜を入れて飲むとダイエット効果も健康効果も高まります。

まとめ レモン水で痩せる


レモンの酸味がどうしても気になる場合は、ハチミツを加えるといいわ。自分好みにアレンジしてレモンウォーターダイエットを楽しみましょう。


レモンの酸は強めだから胃腸が荒れやすい人はタイミングを変えて夕食後にするパラ。薄めにつくるパラ。対処が必要かもしれないパラ。自分の身体に合わえてレモンを飲むパラ。

スポンサード リンク

注目記事

1

ダイエット調査レポートが公開されました。それによると、ダイエットに効くと言われる食材を使っても効果は人それぞれ違います。 これは個人の体質が関係していることもありますが、その他の理由の1つに「血液型」 ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? スーパー ...

3

脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があります。その違いはあるのでしょうか? 細胞を活性化させると痩せるらしいパラ。 痩せるために重要な脂肪だけど、そもそもダイエットを行う上で脂肪自体を知 ...

-痩せる食べ物

Copyright© もやパンダのダイエット・健康 , 2018 All Rights Reserved.