こんなに不便な左利き!矯正しないほうがよい理由

スポンサード リンク

人にはそれぞれ「利き手」がありますが、割合的に右利きが多いため、製品の多くが右利き用に作られています。実は左利きの人達には大変な世界なのです。

もやパンダ
もやパンダ

人間社会で左利きの人は大変らしいパラ。

普段何気なく過ごしている右利きの人たち、そんな中、普段の行動で左利きの人たちはせつない日々を過ごしています。

せつない左利きの世界

多くの物が右利き用に作られています。右利きの人に比べて、左利きの人はスムーズにその行動ができないことがあります。

昔は、左利きを「ぎっちょ」や「サウスポー」と呼んでいました。一般的に左利きは全体の8%~15%。

人は自分とは真逆のものに魅力を感じることが多いため、左利きの人を羨ましがる右利きの人も多いです。

では、左利きはどのようなことに苦労をしているのでしょうか?

左利きの苦労を見てみましょう。

 

ハサミ
左でハサミを持つと紙が切れない

グローブ
左利き用を探すのが大変。割高な場合がある

駅の自動改札
右側にタッチするところがあるため、ついつい利き手の左で交差させてしまう

自動販売機
お金を入れる場所が右側にあるため、左利きの人は硬貨を落としてしまいやすい

カメラ
利き手の左でカメラのグリップを支えられないため、右手の位置にあるシャッターを押すとぶれてしまう事が多い

トイレットペーパー
トイレットペーパーは右側についている場合が多いため、左利きは紙を持ち直す手間が出る

役所のボールペン
書類を書く場合、銀行や役所についてあるボールペンは、右側に固定され、その上に紐がボールペンと付いているため左で持つと紐に引っ張られて書きづらい

など

 

もやパンダ
もやパンダ

世の中のほとんどのものが右利き用に作られているパラ。右利きには知らない苦労が左利きの世界にあったパラ・・・。

無理やり左利きを右利きに矯正する必要はない

かと言って、左利き手を無理やり直す必要はありません。

昔は自分の子供が左利きだとわかったら右利きに矯正した人も多いでしたが、現在は無理に矯正するべきではないと考えられています。

では、なぜ無理やりにでも矯正をしたらダメなのでしょうか?

無理に矯正をしようとするとストレスを感じ、子供に何らかの障害が残る可能性があると言われているためです。

左手が使いやすい子どもが、左手を使った瞬間に怒られて、むりやり右利きに矯正する・・・。ストレスを感じてしまう子どもが多いのです。

「左手を使うと怒られる」というストレスが身体に植え付けられて、てんかん発作吃りといった「発語障害」を発症することが確認されています。

全員がそうなるわけではありませんが、一応頭にいれておきましょう。

まとめ 無理に左利きを治す必要はない

もやパンダ
もやパンダ

左利きは天才型と言われているパラ。プロスポーツ選手にも左利きが多いパラ。そのまま伸ばしてあげたほうがいいこともあるパラ。