気になるキーワードを検索

健康維持の方法

喜界島の白ゴマは骨粗鬆症予防に効果的な理由

更新日:

骨が弱くなりもろくなることを「骨粗しょう症」という。将来、寝たきりにならないためにも骨粗しょう症予防は早いうちにしておくべきだ。では、何をどのようにしたらよいのだろうか?

実は、喜界島にある「ゴマ」が効果的だと言われている。

将来寝たきりにならないためにも骨を日頃から強くしておくことが大切なのだが、骨を強くする方法のひとつに、この喜界島の「白ゴマ」を食べることで恩恵を得ることができる。

喜界島の白ゴマで骨粗しょう症予防とは

喜界島の場所を知っているだろうか?喜界島は、鹿児島県奄美大島の隣にある緑豊かで綺麗な海が魅力の島だ。

将来、寝たきりにならないためにも動けるうちから体力をつけておく必要があるのだが、喜界島の白ゴマが骨粗鬆症の予防に効果的だという。

そこで疑問が増える。

では、喜界島のゴマしか効果はないのだろうか?一般的に入手可能な普通のゴマではダメなのか?

答えはYESだ。喜界島のものでないと効果は少ない

スーパーに売られている一般的なゴマも、おヘソのゴマもダメだ。喜界島の白ゴマだけに骨を強くする効果があるのだ。

ゴマには多くの栄養素が含まれている。

メモ

・必須アミノ酸

・たんぱく質

・カルシウム

・リン

・鉄

・亜鉛

・ミネラル

・食物繊維

・ビタミンA、B群、E

・葉酸

など

これらに加えて、喜界島の白ごまには骨粗しょう症を防ぐ「カルシウム」が豊富に含まれている特徴がある。

鍵は喜界島の「」だ。

マグネシウム・鉄分・亜鉛・ミネラルなどが豊富に含まれる喜界島の土壌でゴマが育つことで、一般的なゴマよも栄養価が非常に高くなるのだ。大地の恵みを存分に受けたゴマというわけだ。

また、骨粗しょう症の予防に効果があるカルシウムの量は、1日あたり650ミリグラム。しかし、日本で手に入るのはそのほとんどが輸入された黒ゴマ。

一般的な輸入ゴマよりも喜界島の白ゴマは、カルシウムが1.5倍・亜鉛は2倍近くも含まれている。

メモ

喜界島の白ゴマの特徴

・カルシウム 1.5倍

・亜鉛 2倍

ゴマリグナンでダイエット・美容効果もある

喜界島の白ゴマには、「ゴマリグナン」と呼ばれる成分も含まれている。

ゴマリグナンは肝機能改善に役立つのだが、肝臓に直接効果がある唯一の抗酸化成分だ。「肝臓はいかんぞう」とダジャレでよく言われるほど、肝臓を悪くしたらいかんぞう。

肝臓を健康に保つことで病気にかかりにくい強い身体になれる。

喜界島の白ゴマに含まれる「ゴマリグナン」により、アンチエイジング効果や脂肪燃焼にも効果が期待されるため、美容とダイエットにもよい作用を生み出すのだ。

国産いりごま(白) 鹿児島県 喜界島産

国産いりごま(白) 鹿児島県 喜界島産

480円(11/14 15:45時点)
Amazonの情報を掲載しています

まとめ 喜界島の白ゴマが持つ寝たきり予防の栄養素

将来、寝たきりになるリスクを少しでも下げるために、動けるうちから骨を強くしておく必要がある。喜界島の白ごまには強い骨を作ることができる栄養素が含まれているのだ。予防は早ければ早いほどよい。

スポンサード リンク

-健康維持の方法

Copyright© メモのがたり , 2018 All Rights Reserved.