薬の保管方法に冷蔵庫はダメ!最適な場所はどこ?

更新日:

命を助ける薬は最大限の効果を発揮させるために正しい保存方法を知ることが重要です。薬の保存方法に関する知っておくべきことは?


薬は身体の病気を治す便利なアイテムパラ。


そういえば薬ってちゃんとした場所におかなくていいのかな~?


冷蔵庫がよさそうパラ。


薬を冷蔵庫に入れておけば雑菌や湿度の関係から、安全で長持ちがしそうだけど、一般の錠剤やカプセル剤は冷蔵庫に入れると、取り出したときに室温との急な温度差で湿気を帯びる恐れがあるの。


ぬぉー!冷蔵庫から出すと薬に水滴がつくパラー!湿気パラー!

薬の保存方法とは

薬はとってもデリケートなもの。

光、温度、湿度などによって効能が落ちる場合が多いです。厚生労働省が出している日本薬局方(医薬品の規格基準書)の室温は1~30℃になります。

特別に指示がない場合は、湿気、日光、高温を避けて、室内で保管しましょう!直射日光が当たると、薬の成分が分解してしまうものもあります。

エアコンの風があたる場所におくと急な温度変化になるから注意が必要です。お医者さんから冷蔵庫にいれる指示があったときには冷蔵庫にいれます。

冷蔵庫に入れるように指示されるケースが多い薬は、シロップ剤や目薬、坐薬、未開封のインスリンなど。くれぐれも特別な指示がない場合は「冷凍庫」に入れないように気を付けましょう。

まとめ 冷蔵庫は湿気がつくのでダメ


急な温度のへんかで湿気が薬につくと効果がうすれるなんてびっくりだよ~。気を付けなきゃ☆彡


その他にも、誤飲を防ぐために薬は薬入れの箱で保管しましょう。そして、期限の切れた薬は絶対に使わないことや、子供の手が届かない場所に置くことも大切。


薬と毒は紙一重パラ。安全に薬を飲むために最適な場所に保管するパラ。

スポンサード リンク

注目記事

1

ダイエット調査レポートが公開されました。それによると、ダイエットに効くと言われる食材を使っても効果は人それぞれ違います。 これは個人の体質が関係していることもありますが、その他の理由の1つに「血液型」 ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? スーパー ...

3

脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があります。その違いはあるのでしょうか? 細胞を活性化させると痩せるらしいパラ。 痩せるために重要な脂肪だけど、そもそもダイエットを行う上で脂肪自体を知 ...

-健康維持の方法

Copyright© もやパンダのダイエット・健康 , 2018 All Rights Reserved.