風邪を「ひく」インフルエンザに「かかる」言い方の違い

更新日:

風邪は「ひく」って言うのに、インフルエンザは「かかる」って言う・・・。この違いの差って何ですか?


わたしすごいことに気づいちゃった☆彡


ぬぉ?


風邪になったら「風邪をひいた」っていうじゃない?でも、インフルエンザになったら「インフルエンザにかかった」っていうじゃない?なんで言い方がちがうのかな?


不思議パラー!なんでパラ?


風邪は毎年のように発病しやすいとても身近な病気になるわ。辞典には風邪の定義を、「主にウイルスによって鼻・のど・気管などがおかされる炎症性疾患の総称・吹く風」としているの。

風邪の「ひく」とインフルエンザの「かかる」の違いとは

風邪の「ひく」の由来とは?

中国から伝わった説

古代中国で風は大気の動きと、人の肉体に何らかの影響を与える原因として考えられていました。このことから吹く風が運んでくる邪気を身体の中に引き込んでしまうと、風邪の病になると考えられていたのです。

風→風邪「かぜを引き込む」が「かぜをひく」になりました。

もともとは吹く風を意味した言葉でしたが、日本で病としても使われるようになったのは平安時代のこと。この頃に中国から伝わってきたという説が有力です。

平安時代から生まれた説

そして、もう一つの説として平安時代の家は壁がない造りになっていますが、これは日本の四季を楽しむためです。

しかし、壁がないことで冷たい風が身体にあたり体調が悪くなる人が続出。「風」に「邪気」を合わせて、「風邪」になりました。

インフルエンの由来とは?

インフルエンザの語源は、ラテン語の「星の影響」に由来しています。16世紀にイタリアではインフルエンザの病気の原因が分からずにいました。

占星術師などが惑星の並びによって汚れた空気が広まることで起こる病と考えていたのです。

「かかる」は漢字で「罹る」と書きます。「病気にかかること」を熟語では「罹患」と言います。

まとめ インフルエンザは病気の意味合いが強い


「かかる」はインフルエンザいがいにも病気一般で使うパラ。

スポンサード リンク

注目記事

1

ダイエット調査レポートが公開されました。それによると、ダイエットに効くと言われる食材を使っても効果は人それぞれ違います。 これは個人の体質が関係していることもありますが、その他の理由の1つに「血液型」 ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? スーパー ...

3

脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があります。その違いはあるのでしょうか? 細胞を活性化させると痩せるらしいパラ。 痩せるために重要な脂肪だけど、そもそもダイエットを行う上で脂肪自体を知 ...

-健康維持の方法

Copyright© もやパンダのダイエット・健康 , 2018 All Rights Reserved.