腸内細菌のバクテリアを増やして痩せるダイエットの方法

更新日:

油・・・油・・・そして油・・・。唐揚げやカツなど、たくさん食べてしまい胃がもたれている人もいるのではないでしょうか?太ると分かっていてもその美味しさから止めどなく食べてしまう。そこで"油身体"を撃退しましょう。正義の味方となるのがバクテリア(細菌)です。

 

腸内バクテリアで痩せるダイエットとは


腸内には細菌がたくさんいるけど、「菌」といっても外敵から守ってくれているものもあるの。

 


バクテリア・・・細菌・・・菌・・・、あまり良いイメージが思い浮かばないパラ。

 


身体に何かしら悪さをするものもあるけど、その逆のいいことをしてくれるバクテリアもいるわ。善玉菌・悪玉菌、これらも腸内細菌の1つ。善玉菌は健康維持に必要だけど、悪玉菌は身体に害を及ぼすと言われているの。人間の身体にはほぼ100%の人の腸内にバクテリアが住んでいて、昔は100種類以上とも言われていましたけど、化学の進歩により、現在では500~1000種類にもなると言われているわ。このバクテリア達は、私たちが摂取した栄養分の一部を食べて生きているの。

 

善玉菌

◎糖分や食物繊維で増加

◎悪玉菌などの活動を抑制

◎免疫力の向上

◎腸内環境を整え便秘改善

◎ビタミンB群の合成

◎発癌性物質を無害化

など。

 

人の身体の中に生存しているバクテリアは、胃で消化できなかった食べ物を身体に吸収できる状態に分解する働きをしてくれます。

 

また、美容効果や身体に取って必要なビタミンを合成したりもします。ちなみに人の身体に含まれる腸内細菌の重さは、1.5Kgもあると言われているのでその量の凄まじさがわかりますね。

 

満腹バクテリアを刺激して痩せる


腸内バクテリアが満腹中枢を刺激することが最近になり分かって来たわ!バクテリアが繊維質を消化する際に排出された分子により満腹感を与えてくれるの。腸内バクテリアが食物繊維を消化すると、プロピオン酸という脂肪酸が分泌されて、プロピオン酸は大腸にあるGLP-1とPYYという満腹ホルモンを生成する細胞を活性化。脳へ満腹感を伝える信号を送るの。満腹感を感じやすくなると、過食を防ぐことができるわ!

 


良質なバクテリアなら良い状態へ傾く"好循環"を生むパラ。悪質なバクテリアが増えてしまうと、どんどん悪い方へ"悪循環"に傾いてしまうパラ。腸内環境を良くすることでダイエット効果を得ることができるパラ。

 


ヨーグルト・納豆などに含まれるビフィズス菌などを摂るようにして、腸内環境を好循環に傾けることが大切よ。そして善玉菌の餌となるオリゴ糖や食物繊維も摂るといいわ。

スポンサード リンク

注目記事

1

ダイエット調査レポートが公開されました。それによると、ダイエットに効くと言われる食材を使っても効果は人それぞれ違います。   これは個人の体質が関係していることもありますが、その他の理由の1 ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? &nbs ...

3

脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があります。その違いはあるのでしょうか?   痩せる脂肪細胞とは 細胞を活性化させると痩せるらしいパラ。   痩せるために重要な脂肪 ...

-痩せる食べ物

Copyright© もやパンダのダイエット・健康 , 2018 All Rights Reserved.