ダイエット知識

ダイエットに失敗したら発想を変えて再挑戦!

更新日:

ダイットをしていると時には行き詰まることがあります。例えば、「停滞期」。体重がなかなか落ちないためダイエットそのものにやる気が出なく諦めてしまうことも。こういう場合は発想を変えることも大事です。

スポンサード リンク

痩せなくなったら発想を変える


ぬぉ~痩せなくなったパラ・・・。停滞期パラ・・・。

 


発想を変えてみたら?

 


どういうことパラ?

 


ダイエットで行き詰ってしまったのなら、一度ストップして発想を変えてみましょう。

 

長時間から短時間へ

エクササイズなどをしていると、種類によりますが約50分~1時間は使います。「どうせ体重落ちないし・・・」などと思いながらしていると、動きが鈍くなり消費エネルギーも比例して少なくなります。短時間でも身体を効率的に動かせば、ヤセ体質に変えることも可能です。

 

◎40分ほどウォーキングやジョギングをする

◎20分ほどストレッチや軽い運動をする

◎15分ほど激しい無酸素運動をする

◎10分ほど自分の好きな音楽をかけながら自分の好きなように踊る

 

アメリカの調査では、1日のうちに10分間の競歩を3回することは、30分のウォーキングよりも血圧を下げる効果あるという調査結果が出ています。ダイエットは継続し身体を動かすことが大切なので、「今日は運動したから大丈夫」と思うことが重要です。

 

本当に今食べたいのか考える

手の届く範囲にお菓子などが置いてあるとついつい手に取って食べてしまいます。無意識の内に口に運んでしまう癖のある人も多いと思います。

 

出来るだけお菓子を遠くに離すことで“面倒くささ”が生まれ、抑制することは出来ます。またお菓子が近くにある場合でも、「本当に今そのお菓子は必要なの?」っと、自問自答してください。これだけで随分と抑制出来ると思います。

 


痩せるために歩いてきた一本の道。しかしその先には分かれ道になっていました。このまま真っすぐ進む方がいいのか?横道にいくことで早く目的の場所に到着するのか?その道は歩くのが楽な下り坂かも知れないわ。ダイエットをして本気で痩せたいと思っている人は自問自答をしてみましょう。

スポンサード リンク

注目記事

1

目が悪くなった小学生の視力が治るとして、“アイアイ体操”と呼ばれているものがあります。埼玉県の上尾市立原市小学校で視力が回復したと話題になっていますが、いったいアイアイ体操とはどのようなものなのでしょ ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? &nbs ...

3

日本の代表的な料理で、世界中で愛されるお寿司ですが、ダイエット中には気をつけておきたい事があります。   ダイエット中にお寿司を食べる時の注意点 日本人だけにとどまらず世界中で愛されている日 ...

4

眠る方法に気をつけないと肥満につながるという事実が判明しました。一般的に、睡眠不足になると肥満につながり、肥満は睡眠時無呼吸症候群のリスクも高まるため、肥満と睡眠の密接な関係性はよく言われています。し ...

5

太りやし人もいれば、どんなに食べても太りにくい人もいます。その違いの差は「デブ菌」が原因かもしれません。デブ菌とはどのようなものなのでしょうか?また、ヤセ菌と呼ばれるダイエットには欠かせない菌がありま ...

-ダイエット知識

Copyright© もやパンダのダイエット&健康 , 2018 All Rights Reserved.