アミノ酸系シャンプー「いち髪・HIMAWARI(ひまわり)」の比較

スポンサード リンク

シャンプーには石油合成系界面活性剤・石鹸系のシャンプー・アミノ酸系シャンプーと大きくわけることができますが、この中で最も髪に優しいシャンプーが、アミノ酸系シャンプーになります。

もやパンダ
もやパンダ

アミノ酸系シャンプーはどのシャンプーがいいパラ?

価格も種類もいろいろあります。「いち髪」はアミノ酸系シャンプー。価格も安く設定されていて使い続けやすいことも評判を高めているひとつの理由でもあります。

同じように人気のあるHIMAWARI(ひまわり)シャンプー。2つの商品を比較して見ていきましょう。

アミノ酸系シャンプー「いち髪」の特徴

いち髪シリーズはリーズナブルなドラッグストアのシャンプーでは珍しい、ノンシリコン・アミノ酸系洗浄剤を使ったシャンプーです。いち髪の成分が次にあげられます。

成分
水、ラウロイルサルコシンTEA、パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、コカミドMEA、ココイルグルタミン酸TEA、ジステアリン酸グリコール、ココイルメチルタウリンNa、コメヌカエキス、アンズ核油、チャ花エキス、ボタンエキス、ラカンセア/加水分解コメ発酵液、コメ胚芽油、サクラ葉エキス、ツバキ種子エキス、ヒオウギエキス、ムクロジエキス、塩化Na、クエン酸、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ポリクオタニウム-7、ポリクオタニウム-49、ポリクオタニウム-10、エタノール、BG、EDTA-2Na、安息香酸Na、香料、カラメル(濃密w保湿ケア)

ラウロイルサルコシンTEA

成分表示は、成分量が多く入っている順に記載されるため、水の次は「ラウロイルサルコシンTEA」が多く含まれるシャンプーということになります。

ラウロイルサルコシンTEAはアミノ酸系の洗浄成分になります。しかし、ラウロイルサルコシンTEAは旧表示指定成分にされており、いち髪を使うことで頭がヒリヒリしたり刺激を感じる人がいます。

アレルギーや肌に合わないと思われるため、少し気に留めておく必要がありそうです。

ラウロイルサルコシンTEAはアミノ酸系シャンプーですが、他のアミノ酸系成分よりも洗浄力が強いので皮膚トラブルを感じた場合には使用をやめておいてほうが無難です。

パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン

次に多く含まれるパーム核脂肪酸アミドプロピルベタインは、ベタイン系の低刺激・低洗浄でマイルドに仕上がる成分になります。ラウロイルサルコシンTEAの強い洗浄力をパーム核脂肪酸アミドプロピルベタインで抑制している感じでしょうか。

もやパンダ
もやパンダ

成分表示は含まれる成分が多い順に書いてあるパラ。

いち髪を使うと頭が痒くなる?

いち髪を使う人の中には頭皮が痒くなる人が少なくありません。アレルギーや頭皮に刺激を与えてしまう「ラウロイルサルコシン」が原因の可能性があります。

かゆみが出る場合には、「いち髪」が身体に合わないということです。避けたほうがよいと思います。

個人的には「いち髪」は好きなシャンプーです。香りも泡立ちも価格以上の商品だと思います。しかし、頭が痒くなってしまうので自分には残念ながら合いません。

別のシャンプーからいち髪に変えると、変えた日はヒリヒリした刺激もします。数日かけるとヒリヒリは消えますが、痒みは残る感じ・・・。

アレルギー体質というわけではないのですが、やはり、シャンプーには合う合わないがあるようです。

 

ラウロイルサルコシンTEA
アミノ酸系の洗浄成分ですが、アミノ酸系の中では比較的洗浄力が強めです。保湿力もありますが脱脂力も高めで、乾燥肌の人にはかゆみが出るケースもあります。

パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン
ベタイン系洗浄成分。ヤシ油由来の界面活性剤です。低刺激低洗浄力になります。

 

アミノ酸系シャンプーは髪に優しいのですが、いち髪の洗浄力はアミノ酸系シャンプーの中では強めです。

脂性だけど髪に優しいシャンプーが使いたい」という人に向いていそうです。日本に古来から伝わる和草のエキスでダメージケアと保湿ケアを行ういち髪。試してみてはいかがでしょうか。

いち髪シャンプー&コンディショナーペアセット(濃密W保湿)

いち髪シャンプー&コンディショナーペアセット(濃密W保湿)

1,499円(09/22 16:39時点)
Amazonの情報を掲載しています
もやパンダ
もやパンダ

自分の頭皮に合うのか試してみるパラ。

安価で買えるアミノ酸系シャンプー「HIMAWARI(ひまわり)」

同じアミノ酸系シャンプーとしていち髪と競うように人気の高いのが「HIMAWARI(ひまわり)シャンプー」です。成分は次にあげられます。

成分
水、ココイルメチルタウリンNa、パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、ココイルグルタミン酸TEA、ラウロイルサルコシンTEA、コカミドMEA、ジステアリン酸グリコール、ココイルグルタミン酸2Na、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、ヒマワリ種子油、ヒマワリ種子エキス、ヒマワリ花エキス、ヒマワリ芽エキス、アセチルグルコサミン、グリセリン、塩化Na、ミリスチン酸、ココイルトレオニンNa、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ココイルグルタミン酸Na、クエン酸、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-49、ポリクオタニウム-7、エタノール、EDTA-2Na、安息香酸Na、香料、カラメル

マイルドなアミノ酸系洗浄成分「ココイルメチルタウリンNa」が水の次にあります。いち髪とは順番が異なり、含まれる成分の量に違いがあることがわかるとおもいます。

5番目にある「ココイルグルタミン酸TEA」は、マイルドな洗浄力でありながら、毛髪にしっとり感を与える効果があり、高価な洗浄成分になります。いち髪よりも多く含まれているようです。

そして問題の「ラウロイルサルコシンTEA」ですが、こちらのシャンプーにも含まれています。ただし、量そのものは抑えられているのでいち髪で痒みなどが出た場合には、少し値段があがりますが、HIMAWARI(ひまわり)シャンプーを試してみるのもよいと思います。

ただし、保湿力が多いので、いち髪よりも髪が重く見えます。ふんわりさせたいときにはいち髪のほうがよいかも?逆に髪が多く「ごわっ」ってなりやすい人はちょうどよいかもしれません。

髪質とシャンプーの相性なので、こればかりはどちらのシャンプーも試してみる必要がありそうですね。

アミノ酸系シャンプーの特徴

 

ココイルグルタミン酸na

ラウロイル~酸na

 

上記のような成分が成分表の水の次くらいにかいてあればアミノ酸シャンプーです。

2番目にラウレス~や、3番目にアミノ酸界面活性剤など記載がある場合は、「アミノ酸シャンプー」ではなく「アミノ酸配合シャンプー」と呼ばれるものになります。

もやパンダ
もやパンダ

HIMAWARIはワンランク上パラ。

ディアボーテ オイルインシャンプー ジャンボ 500mL

ディアボーテ オイルインシャンプー ジャンボ 500mL

758円(09/22 16:39時点)
Amazonの情報を掲載しています

いち髪とひまわり、どっちを選ぶ?

質を求めるなら「HIMAWARI(ひまわり)シャンプー」を選ぶとよいでしょう。

どちらにしてもアミノ酸系シャンプーは低刺激で洗浄力が他のシャンプー剤に比べて弱いです。洗い残しがあると抜け毛につながるので、しっかりとマッサージをしながら頭皮を洗浄する必要があります。

洗浄ブラシを使う

いち髪よりも、ひまわりは洗浄力が落ちるため、洗い方が重要になります。おすすめなのは「サクセス 頭皮洗浄ブラシ ふつう」を使うこと。

爪をたてると頭皮を傷つけます。洗い方が弱すぎると余計な皮脂が取れません。ひまわりは、いち髪よりも洗浄力が落ちるため、洗い方が重要になります。

「サクセス 頭皮洗浄ブラシ ふつう」は絶妙なバランスでマッサージができます。(私感なレビューになりますが(汗))

使い方も重要です。ポイントごとに1回1回持ち上げてください。横にスライドするように移動すると髪が引っ張られてダメージを受けます

頭皮にあてて、ゴシゴシと軽くマッサージ。次の場所に持ち上げて移動し、ゴシゴシといった感じです。力は入れないこと

指では取り切れない細かな場所までしっかりと洗うことができ、さっぱりします。

サクセス 頭皮洗浄ブラシ ふつう

サクセス 頭皮洗浄ブラシ ふつう

509円(09/22 16:39時点)
Amazonの情報を掲載しています

洗浄力が強いのはいち髪なので、皮脂分泌が活発な若い世代はいち髪、30代以降はHIMAWARI(ひまわり)シャンプーのように考えることもできます。

シャンプーが合わないのに使い続けていると、頭皮がただれる、炎症が起きる、そして、頭皮環境の悪化が原因で抜け毛は増えます。自分に合うシャンプー選びが重要です。

まとめ アミノ酸系シャンプーは低刺激で髪に優しい

いち髪・HIMAWARIはお肌と髪の毛と同じ弱酸性のアミノ酸系洗浄成分になり、キューティクルを無理やりはがしてしまうこともありません。

ただし、いち髪のほうは洗浄力が強いので、カラーやパーマを繰り返していたり、乾燥気味の人には強すぎる場合があります。

もやパンダ
もやパンダ

ラウロイルサルコシンTEAは敏感肌の人は注意が必要パラ。自分に合うシャンプーをみつけるパラ。