もやもやする痩せないダイエットの原因とは?健康に痩せるしらべ

もやパンダのダイエット&健康

健康維持の巻

冷え性と低体温の違いとは?改善方法

更新日:

低体温という言葉。似たような言葉に「冷え性」とありますが、冷え性とはどう違うのでしょうか?「冷え性」と「低体温」は違います。

 

冷え性と低体温の違い


体温が低いと危険パラ?なにが危ないパラ?

 


体温が低いと免疫力が下がってしまうの。冷え性と低体温はそれぞれ意味が違うんだけど、その違いは以下に挙げられるわ。

 

冷え性の特徴

平均体温はあるものの、手や脚などの血管が縮小し、血行が悪くなり体温が低下している状態。

 

低体温の特徴

体温をそもそも上げることが困難で、熱エネルギーを作れず全身の体温が低下している状態。

 


冷え性は血流循環が悪い。低体温は熱を作りづらい点で大きな違いがあるわ。人間の体温は、36.5度が平均と言われているけど、この温度は体内の酵素が最も活性化して働く温度になるの。低体温の人は、~35度台になり、体温が下がっている状態で基礎代謝が低下していることを意味しているわ。

 


低体温は要注意パラ。病気にかかりやすい状態パラ。

 


そして、代謝が低下している状態だから、脂肪が燃焼しづらいの。いくらダイエットをしても痩せにくく太りやすい体質になっているわ。

 


ダイエットでも不利になるパラ。

 


低体温だと酵素が低下するため、血行・免疫力・基礎代謝などが悪くなり、疲労や不妊、生理不順、糖尿病、アレルギーなどの病気にかかりやすくなるの。例えば風邪を引いた場合、通常は体温が上がりウイルスを死滅させるけど、低体温の人はそもそも体温が上がりづらくなっているから風邪が長引いてしまうわ。

 


体温は重要パラ。他にも病気にかかるパラ?

 


厄介なのが、癌細胞は体温が35度台を最も好むということ。癌細胞は39度まで体温が上がれば死滅すると言われているけど、体温が39度まで上がると他の細胞まで損傷してしまう恐れがあるから、36.5度~37度が最適な体温と言えるわ。

 

低体温の原因とは


低体温になる理由はなにパラ?

 


低体温の原因は主に次が考えられるの。

 

食生活

体温を上げるには、熱エネルギーを作る栄養を取らなければいけません。熱を作るエネルギーは「糖質」。この糖質を熱エネルギーに変えるのに必要なのが、亜鉛・ミネラル・ビタミンです。

 

糖質の摂り過ぎは肥満となる原因にもなりますが、糖質を適度に摂り身体の体温を適正体温で保つことも大切です。

 

クーラー

クーラーの冷暖房はなるべく控えるようにしましょう。人間の身体はできるだけ外気温に適応するよう作られています。外気温が上がれば発汗をして体温を下げます。

 

逆に外気温が下がれば体温が上がります。冷暖房を使い、常に一定の温度で長時間過ごすと体温調節機能自体が低下してしまいます。

 

このため、身体が「体温調節機能は必要ない」と判断して低体温の体質へ。生物は、余計な機能を退化させて生存するため進化していきました。

 

生命維持の中で身体が必要としないものは退化していきます。運動をして全身の筋肉を動かしながら血行を活発化させることが大事です。血行が良くなる半身浴もお勧めです。

 


人間は体温調節で多くのカロリーを消費しているパラ。改善予防をしながら少しづづ体温を上げていくパラ。病気のリスク低減やダイエットがしやすい身体に変えていくパラ。

スポンサード リンク

注目記事

1

人が物を覚える時に記憶はいったん海馬という脳の部分に保存されますが、海馬で整理整頓された情報は、大脳皮質で格納されます。   新しい記憶は海馬に、古い記憶は大脳皮質に保存されるということです ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? &nbs ...

3

日本の代表的な料理で、世界中で愛されるお寿司ですが、ダイエット中には気をつけておきたい事があります。   ダイエット中にお寿司を食べる時の注意点 日本人だけにとどまらず世界中で愛されている日 ...

4

眠る方法に気をつけないと肥満につながるという事実が判明しました。一般的に、睡眠不足になると肥満につながり、肥満は睡眠時無呼吸症候群のリスクも高まるため、肥満と睡眠の密接な関係性はよく言われています。し ...

5

少し顔を下げるとあごが二個。二重あごを解消すると実年齢よりも若く見せることができます。   二重あごを解消する方法 二重あごに悩んでいる人がたくさんいるパラ。目立たなくできないパラ? & ...

-健康維持の巻

Copyright© もやパンダのダイエット&健康 , 2018 All Rights Reserved.