お腹が空く原因とは?ダイエットに成功するポイント

ダイエット
スポンサード リンク

ダイエット中は食事を制限する。そのため食欲との戦いだ。食欲に負けてしまうと後で後悔の念にかられてしまう。

食欲は生きるために大事なこと。食べなければ生きていくことができない。それほど食欲は強い欲求が遺伝子に組み込まれているのだ。

しかしダイエットでは天敵になる。少しでも食欲を抑えたい。空腹を抑えることで食べられないストレスを回避する方法はあるのだろうか?お腹が空く原因とは?

なぜお腹は空くのか?

生き物はなぜお腹が空くのだろうか?動物だけではない。植物も土に含まれる栄養を吸収して生きている。例えば、この世に存在するすべてのものが何も食べずに生きていけるとしたらどうだろう?

おそらく地球はすぐに定員オーバーになるはずだ。

寿命や病気のアクシデントがない限り生き続ける。食物連鎖が起きない環境では生産だけが伸びていく。

地球で暮らすには生物のバランスが重要だ。増えすぎても減りすぎてもだめだ。バランスが最も大切になる。このバランスを維持しているのが「食う・食われる」の関係だ。ある動物が空腹を感じるとある動物が獲物になりその動物の一部となる。

こうして地球上の生物はバランスを保っているのだが、「お腹が空く感覚は大切なこと」だという認識をする必要がある。

空腹とグルコースの関係

炭水化物・タンパク質・脂質の大切な栄養素の中で、お腹が空いたと感じるのは炭水化物と脂質になる。ご飯などに含まれる炭水化物は身体の中で消化されるときにグルコースという分子に分解される。

グルコースは血液に入るのだが食事中はグルコース量が増える特性があり、その後に時間と共に減少する。グルコースが減るとどうなるのだろうか?

脳が「食事をしてグルコースを増やすように」と指令を出すのだ。

これがお腹が空く仕組みだ。「お腹が空く」は、脳が指令を出してはじめて感じることができる感覚になる。

メモ

・お腹が空く = 脳から指令

つまり、脳が身体を機能させるために栄養を必要としている状態だ。人は栄養がなければエネルギーを作ることはできない。

では、この時に食事をせずにそのままにしておくと身体はどうなるのだろうか?

今度は今まで溜めていた皮下脂肪を肝臓で分解しはじめ、エネルギーに変えようと働く。人の身体はよくできているものだ。生きるために余っている場所から足りない場所へエネルギーを送り込む。

この作用がダイエットにも効果をうむ。お腹が空いたときは「痩せるチャンス」でもあるのだ。お腹が空くのは血糖値が下がってしまっていることが原因だ。20Kcal程度のビスケットやクラッカー、ガムなどで軽く糖分を摂取すると落ち着くことも多い。

ただやみくもに食べてしまってはもったいない。効果は半減する。

ポイントはゆっくりと時間をかけながら味わって食べること。とくにガムは噛む動作が多い。満腹中枢を刺激できるため痩せるには効果的な食べ物になる。

まとめ グルコースが減るとお腹が空く

グルコースが減るとお腹が空いてくる。そのときに食べ物をゆっくり食べると満腹感を感じやすくなる。ガムを噛むことで満腹中枢に働きかけ食欲を低減させることができる。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
ダイエット
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり