ホットヨーグルトを朝に食べるとダイエットに効果的【作り方】

ダイエット
スポンサード リンク

ヨーグルトは身体に優しい食べ物だ。口の中に入れた瞬間、溶け込むように喉の奥まで入ってくるヨーグルトなのだが腸に送ることでダイエット効果がうまれる。

しかし朝に温かいヨーグルトを食べることでダイエットの効果をさらに引き上げることができるという。朝?温かく?痩せるホットヨーグルトの効果とは?

朝にホットヨーグルトを食べて痩せる理由

肥満の原因はさまざま考えられるのだが、その1つになっているのがカルシウム不足である。カルシウムが肥満の原因?カルシウムと聞くと何を考えるだろうか?

骨を強くする。

多くの人がこう考えるのではないだろうか?カルシウムと聞くと骨を強くする栄養素として広く知られているのだが、人間の身体はカルシウムが不足することである働きをする。

「カルシウムがないじゃん!脂肪を蓄えなきゃ」

なんてことだ。カルシウムが不足したことで身体は脂肪を蓄えようとするのだ。副甲状腺ホルモンが血液中に分泌されることで脂肪を必要以上に吸収してしまう特性がある。そのため太ってしまう。

カルシウム不足で引き起こされる負の遺産は副甲状腺ホルモンだ。彼は手強い相手だ。並大抵な方法では倒せない。彼を倒すことができれば基礎代謝量を上げて痩せることが可能になる。

いや、待ってほしい。

副甲状腺ホルモンは血中のカルシウム濃度が低下すると分泌が高まるのだが、骨に含まれているカルシウムを血中に取り出しカルシウムの再吸収を促しながら尿中への排泄を減らす働きもあるのだ。ライフ「0」になるまで倒すわけにはいかない。

副甲状腺ホルモンの分泌を抑制することが大事だ。なんとかして分泌を抑えなければいけない。なにか力を弱めさせる方法はないのだろうか?

そこで活躍するのがホットヨーグルト。

救世主になるのはヨーグルトだ。ヨーグルトを温めることで効果的に太りにくい体質にすることができる。

ヨーグルトを温めることにより腸内を刺激するため、通常のヨーグルトよりもカルシウムの吸収率を向上させる効果がある。

カルシウムが身体に満足するほどある場合には副甲状腺ホルモンの分泌は抑えられる。脂肪を必要以上に吸収する危険は少ない。作り方が次にあげられる。

ホットヨーグルトの食べ方(作り方)

メモ

A
サランラップをせずにヨーグルト120gを500Wで約30秒温める

非常に簡単だ。「ちょちょいのチョイで、はい完成♪」状態である。これなら毎日継続しても苦にはならない。

ホットヨーグルトの摂取量は1日120gになる。120g以上食べても効果は変わらない

一度に育毛剤を大量につけるよりも、少量を継続したほうが効果が出るのと同じである。ダイエットも育毛も継続が重要なのだ。

甘くするためにヨーグルトの中にハチミツなどを入れても問題はないのだが、入れすぎるとカロリーが高くなるため注意が必要だ。また、朝に食べることで胃に何も入っていない状態のため吸収率を高めることができる。

まとめ ホットヨーグルトでカルシウムの吸収率を高める

ヨーグルトを温めることでカルシウムの吸収効率をあげることができる。常温のヨーグルトよりも効果的だ。カルシウムを摂取することで副甲状腺ホルモンの分泌を抑制することができ、結果的に脂肪がつきにくい身体にかわることが可能だ。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
ダイエット
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり