高熱を効果的に冷やす場所は「へそ」の理由

スポンサード リンク

風邪をひいた時に熱が上がり、一刻も早く解熱をしなければいけない場合があります。効率的に体温を下げるにはどの部分を冷やせばよいのでしょうか?熱を効果的に冷やす場所とは?

風邪のときに額を冷やすのは体温を下げるのが目的ではありません。脳の温度を下げるのが目的です。

体温を下げるには脇の下を冷やすのも効果的と言われています。

人は風邪を引くと熱を出してウイルスと戦っていますが、ウイルスは熱に弱いので身体の免疫力の手助けになりますが、38.5℃を超えてしまうと他の正常なところまでダメージを受けてしまいやすくなります。

もやパンダ
もやパンダ

39℃をこえると意識がもうろうとしてくるパラ・・・。

痙攣を起こす人もいます。人によっては命を落としてしまう人だっているのです。38.5℃になったらできるだけ早く体温を下げましょう。

熱が出た時に体温を下げる場所

熱が出たときに効率よく冷やせる場所があります。

熱が出たらおへそを冷やす!

熱が出たときに一番効率よく冷やせる場所はおへそ

その理由は、おへその下に1番太い血管の大動脈が流れているため。血流量の多い太い血管を冷やすと効率よく体温を下げることができます。

約1分で冷やされた血液が身体を循環します。おへその冷やし方は、水を入れて凍らせたペットボトルをタオルに巻いて、5~10分置いておきましょう

お腹が冷えるとお腹をこわしそう・・・。

お腹が弱い人は、脇の下や首、そけい部を冷やすようにすると効果的です。上がり過ぎた体温を下げるために活用しましょう。

まとめ ヘソは身体をすぐに冷やせる

もやパンダ
もやパンダ

高熱がでたときはヘソを冷やすパラ。