エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top

お風呂で痩せる高温反復浴の効果的な入浴法と注意点

シェアする

High-temperature-repeat-bath

お風呂に入るだけでダイエット効果を得る方法として“半身浴”が人気を集めていますが、さらに効果的に痩せる入浴法があります。それが“高温反復浴”というもの。いったいどのようなもの?その効果とは?

スポンサード リンク

高温反復浴のダイエット効果

MP8いっい湯だ~な♪バババン♪ぬぉ・・・のぼせてきたパラ・・・。ふぅもう一回入るパラ!いっい湯だ~な♪バババン♪ぬぉ・・・またのぼせてきたパラ・・・。

MPHRK1高温反復浴してるの?高温反復浴は、熱めのお湯に複数回出入りして身体に負荷をかけることで交感神経を刺激することにより、脂肪燃焼効果を高めるダイエット法よ。

生き物には細胞を修復させたり回復させるための重要なタンパク質があるけど、ストレスをかけて身体能力を高めることをヒートショックプロテインと言うの。

その中でも効率のいい「熱いお湯」に入ることで身体はストレスを感じて代謝を活発化させる作用があるのよ。消費カロリーは20分ほどで400キロカロリー減と高い入浴が出来るのも高温反復浴の特徴の一つ。

高温反復浴の入浴法

お湯の温度と入浴時間

▼40℃の場合は「20分」
▼41℃の場合は「15分」
▼42℃の場合は「10分」

やり方(入り方の目安)

※水分を摂りましょう。

1・・・5分入浴
じっくりと熱いお湯に身体を浸します。

2・・・5分休憩
熱くなった身体を休ませましょう。その間に身体や髪を洗うと時間を有効活用できます。

3・・・5分入浴
再びじっくりと熱いお湯に身体を浸して負荷をかけます。

4・・・5分休憩
身体の中から老廃物が汗となり出ていくのを意識してゆっくりと流れる汗を感じましょう。

5・・・5分入浴
再びお風呂に浸かります。

MPHRK5この入浴法により消費するカロリーは約150キロカロリーよ(1時間の散歩同等)。1週間で1キロほど落とすことが可能だとも言われているわ。ヒートショックプロテインが増加するのは熱いお風呂に入ってから2〜3日後がピーク!

例えば、月曜日に高温反復浴を行うと水曜日か木曜日にピークを迎えることになるわね。だから週に2回入ることで増加した状態が継続して、無理せずサイクル化することが可能よ。

高温反復浴で注意すること

MP5身体に相当な負荷をかける高温反復浴になりそうパラ。注意することはあるパラ?

MPHRK2身体に負担をかけるお風呂になるからもちろんあるわよ。気を付ける点は以下に挙げられるわ。

▼風邪などで身体が弱っている場合は控えます。
▼食後は30分以上経たないと消化不良の原因になります。
▼貧血の場合や妊娠中は負担が大きいため辞めましょう。
▼血流を向上させるため血圧が上昇し、心臓や血管に負担がかかります。
▼水分補給をしっかりする。
▼薬などを飲んだ直後

気をつける点がいくつかあるから具合が悪くなった場合はすぐに使用を中止しましょう。

MP9生体を利用した入浴法だったパラ!高温反復浴は、43度程度の熱めのお湯に休憩を入れながら何回かに分けて入浴するダイエット法パラ。

熱めのお湯は交感神経を高めるから大量の汗をかくことで新陳代謝が活性して、血行が促進され身体の循環機能を活発化にするパラ。

高温反復浴は人間がそもそも持っている生体の機能を利用したダイエット法だけど、その反面、身体に大きな負担がかかるから、安全にダイエットを行うには無理せず正しい知識が必要になるパラ。