エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top 3DCG工房 Top



熱中症に子供と老人がなりやすいのはなぜ?

シェアする

熱中症は暑い日に起こりやすくなります。年齢、体調、病気、水分の取り方など、人それぞれ“デットライン”が異なりますが、熱中症をよく知り備えをすれば、暑い季節をじょうずに乗り切ることが可能です。熱中症になりやすい驚きの初耳学をまず最初に知っておきましょう。

スポンサード リンク

熱中症になりやすい乳幼児

海パラー!スイカパラー!プールパラー!夏は外で遊びつくすパラー!

夏はおもいっきり遊びましょう。でも、熱中症には気をつけないといけないわ。暑い日に運動したり、暑い部屋にいたりすると、熱中症を引き起こすことがあるの。人によって発症するラインが違うから、同じ運動や部屋にいても熱中症になる人と、ならない人がいるわ。

どんな人が熱中症になりやすいの?おじいちゃんやおばぁちゃんはよく熱中症になったってきくけど。

うん、高齢者は熱中症にかかりやすいの。ただ、年齢別にみた熱中症死亡率のグラフを見ると、2歳半ぐらいまでの乳幼児も熱中症を発症するリスクが高いことがわかるわ。 画像

小さい子どもも危険パラ・・・。なんでパラ・・・?

熱中症の仕組み

熱中症は、身体から入ってくる「熱」、そして身体の中で発生する「熱」の影響により引き起こされ、体調が悪くなることを言うの。人の身体には通常「体温調節機構」があるけど、暑いときには汗をかいて体表面から熱を逃がし、上がった体温を冷やそうとする働きがあるわ。

汗で体温を調節しているパラ。

この機能が狂うと、一度に大量に汗をかくと水分や塩分が体内から失われ、体液のバランスが崩れて痙攣を起こしたり、気を失ったり、最悪の場合は死に至るケースもあるの。

熱中症ってあなどれない!万全の対策をしてお外に出なきゃ☆彡

赤ちゃん、乳児・幼児など小さい子供は、体温調整が未発達で出来ないし、そもそも体温自体が高い。暑い日には、体温が高いままになりやすく、熱中症になる確率が高くなるの。

高齢者が熱中症になるワケ

暑すぎる日は小さい子にエアコンを使って調整するパラ。でもお年寄りはなんで熱中症になるパラ?

そうそう、赤ちゃんは体温調節が難しいのはわかったけど、おじいちゃんやおばぁちゃんは大人だよね~?

65歳以上の高齢者になってくると、体温調整機能や発汗機能が低下してしまうの。暑さを感じにくく、汗をたくさんかいていても気づきにくい、反対に暑いのに汗をかいていないこともあるわ。結果的に身体の中で体温が上昇し続けてしまい熱中症を発症。高齢者が体調がおかしいと思った時にはすでに遅いことが多く、重症化して救急車で搬送されるケースが多いの。

高齢者も幼い子どもも、周囲が注意して見守ることが大切パラ。