熱中症の症状と予防対策の方法

スポンサード リンク

真夏の時期に怖い症状は、「熱中症」「熱射病」。時には命を落としてしまうケースもあるため、子供やお年寄りの方は特に注意が必要です。

この夏を安全に乗り切るために、熱中症の症状や予防対策、そしてグッズを見てみましょう。

もやパンダ
もやパンダ

夏がやってきたパラ!

夏は身体が動きやすいのでアウトドアの遊び方が増えます。しかし、夏は暑いため気をつけることがあります。

熱中症の症状

夏に発症しやすい熱中症や熱射病の症状を見てみましょう。

熱射病・熱中症の症状とレベル

 

1度「熱失神」軽症

・血圧低下
・軽い失神
・顔面蒼白
・呼吸が荒くなる
・めまい
・唇の痺れ

1度「熱けいれん」軽症

・手足がつる
・筋肉痛
・めまい
・筋肉の痙攣
・頭痛
・吐き気

2度「熱疲労」中症

・血圧低下
・体温上昇
・疲労
・脱力
・倦怠
・頭痛
・嘔吐
・立ちくらみ

3度「熱射病」重症

・体温が40℃以上に
・頭痛
・倦怠
・吐き気
・意識障害
・血圧低下
・皮膚の乾燥

 

人の身体は暑さを感じると皮膚に血液を多く流したり、汗を出して体温を下げています。血液には熱を運ぶ役割があります。

皮膚を流れる血管を通る時に熱を外に出し、汗は身体から蒸発する時に身体の熱も一緒に放出します。

しかし、気温が高い状態が長く続くと大量に発汗することになりますが、水分や塩分が失われて、血液中の水分を奪うことになります。

すると、汗が出なくなったり臓器に流れる血流量に影響を与えてしまいます。さらに、湿度が高いと汗が蒸発しなくなります。

皮膚の表面にたまり、熱がこもったままになりやすくなり、熱中症の症状が引き起こされてしまいます。

もやパンダ
もやパンダ

熱が身体の中に溜まるパラ・・・。

熱中症の対策とグッズ

熱中症は時に命を奪う恐ろしい症状です。予防対策を見てみましょう。

水分を摂る

水分補給をこまめに摂りましょう。水筒やペットボトルは持ち歩くと便利です。

日中の温度管理

スポーツやアウトドアを行う日の天気・湿度・最高気温に注意しましょう。特に気温が35度を越える場合や、湿度が高い場合、体温が36度より高い日は注意が必要です。

気温が25度くらいでも湿度が高いときは熱中症を発症しやすくなります。

暑い日の屋外スポーツでは、15~20分ごとに必ず休憩を取るようにしましょう。また、体調が悪くなったときは、休めそうな日陰などの涼しい場所を見つけて身体を冷やしましょう。

体調不良に無理はしない

風邪や下痢、寝不足や疲労がたまっているという場合は、無理な運動を控えましょう。体温の調節は自律神経を伴うため、疲れていると熱中症を引き起こしやすくなります。

室内でも要注意

汗がたくさん出る屋内でも熱中症は起きてしまいます。扇風機やエアコンを使い、設定温度を28度以下、湿度60%以下に保ちます。

ただ、長時間の使用は健康を害する恐れもあるので気をつけましょう。また、部屋の前に水撒きをしたり、すだれやカーテンで直射日光を防ぐなどしましょう。

市販のスポーツ飲料

ナトリウム(塩)が入っている飲料水を飲むようにします。スポーツドリンクは手軽に適量の塩分を摂ることができるのでおすすめです。

冷却

瞬間冷却スプレーや保冷材などの冷却グッズを用意しておきましょう。うちわや扇子なども効果的!

睡眠前の水分

熱帯夜になると、一晩で500~1,000ミリリットルも汗をかくことがあります。

水分と塩分を失った後に暑い日中にさらに汗をかくと熱中症になりやすくなります。寝る前に500ミリリットル程度の水分を摂取して睡眠をとります。

通気性の良い服装

外出や運動する際の服装は吸湿性・通気性のよい素材を使用したものを選びます。

身体に熱がこもる服装だと熱中症になりやすくなります。白系のものを選び、えり元は緩めて、熱気や汗が出ていきやすいように通気すると良いでしょう。また、日中はUVカット帽子を着用して直射日光を避けます。

子供の体温調節

子どもは体温調節の機能が弱く、乳幼児や小児は体温調節機能が未発達です。身体に熱がこもりやすく、体温が上昇しやすいので注意が必要です。

地面の照り返し

太陽光は地面からの照り返しもあるため意識しましょう。特に大人よりも身長が低い子供は、地面から照り返しの影響を強く受けます。

大人の顔の高さで32度の時に、子どもの顔の高さでは35度くらいあるので覚えておきましょう。そして、ベビーカーは地面からの位置が高いものを選ぶと良いでしょう。

車内は50度を簡単に超える

車内へ子どもを放置すると非常に危険です。車内の温度は、短時間で一気に上昇し、気温が30度以下でも直射日光が当った車内では気温が50度以上になることがあります。

子供以外にもペットの放置も同じように気をつけましょう。ふとした思わぬときに冷房が切れる場合もあるので、“ちょっとだけなら”の油断が思わぬ事故を呼びます。

塩飴・梅干しを食べる

塩飴や梅干しを食べます。最近では手軽に買える塩飴や梅干しの飴もあるため常備しておきましょう。

冷却タオル

保冷してくれるタオルは、マフラーのように首に巻いて使えます。首には動脈が通っているため、首まわりを冷やすのは熱中症対策として効果があります。

フェイスガード

直射日光が強い登山などの際に、頭部を守ってくれるグッズで、フィエスガードとも呼ばれています。

熱中症指数計

熱中症にかかりやすい環境を図ってくれる専用の温度計で、暑くなる室内や外での運動の際に一緒に持ち歩くと便利です。

まとめ 熱中症には最大限の警戒を

熱中症対策をしっかりしましょう。

もやパンダ
もやパンダ

少しでも身体に異常を感じたら木陰に入ってひとまず休むパラ!