美容に効果的なヒートショックプロテイン入浴法のやり方

スポンサード リンク

お風呂はただ入れば良いと思っていませんか?医学的にはそれは大きな間違いなんです!「風邪」「ダイエット」「美肌」「快眠」、それぞれに合った効果的な入浴法があります。美肌に関係した入浴法を見てみましょう。

もやパンダ
もやパンダ

お風呂の入り方一つで肌が変わるパラ。ヒートショックプロテインが美容にいいらしいパラ。ヒートショックプロテインってなにパラ?

ヒートショックプロテイン(HSP)は、様々なストレスから細胞を守るたんぱく質のこと。ストレスや病気で傷ついたたんぱく質を見つけると、それを正常な働きが出来るように修復してくれる働きがあります。

美肌に効く入浴法

細胞が傷つくと、ヒートショックプロテインにより再生されます。

ヒートショックプロテインはもともと生物の体内に存在している物質ですが、加齢とともに減少してしまう特性があります。

そして、傷ついたたんぱく質を修復するには多くのヒートショックプロテインが必要です。

そこで、少なくなったヒートショックプロテインを増やす方法があります。加圧や低酸素など身体に少しのストレスをかけるとHSPは増える特性を持ちます。

一番効果的な方法が、身体を温めること。HSPを増やすために考えられた方法が『ヒートショックプロテイン(HSP)入浴法』になります。

もやパンダ
もやパンダ

わざとストレスをかけて細胞を修復するパラ。

ヒートショックプロテインHSP入浴法

 

1・・・
40℃のお湯は20分、41℃は15分、42℃は10分と決めて浸かるようにします。入浴中お湯の温度が下がらないように、お風呂の蓋で首まで覆うようすると良いでしょう。傘を使ってサウナ状態にしてみるとも効果的です。

この時の体温は38℃が理想的だと言われています。途中、湯船から出ても大丈夫ですが体温を下げないように気を付けましょう。

2・・・
入浴後は上がった体温を保持するため、バスタオルなどで全身をくるみ熱を逃がさないように10~15分ほど安静にします。

 

注意として、上がった直後には絶対に冷たい飲み物を飲むのは避けます。保温後は自然に体温を戻していくことが大切です。

ヒートショックプロテインは良質なコラーゲンを作る効果や、コラーゲンの分解も防いでくれることが最近の研究で判明しています。

汗をかくことで老廃物を出し、美肌効果につながるため代謝もあがります。脂肪燃焼効果もあり、ダイエットとして効果も発揮します。

もやパンダ
もやパンダ

身体に負担をかけるパラ。無理はしないようにするパラ。

脂肪燃焼効果HSP入浴法

冷え性の場合は、入浴途中に手足を冷やすのがよいと言われています。

 

1・・・
40℃のお湯で3分入浴

2・・・
手足に30℃のシャワーを10秒

3・・・
5セット繰り返します

 

30℃のぬるま湯で交感神経を刺激し、自律神を整えていきます。

脚のむくみには、40℃で長風呂がいいと言われ、20~30分間40℃で全身浴をすると足に水圧がかかり足の血液や体液が心臓に戻っていきます。

このときに、ふくらはぎを中心にマッサージを行うと効果的。また、加齢臭には、朝41℃のシャワーを1分間浴びるとよいと言われています。

加齢臭の原因は主に脇や背中や胸の皮脂。朝にこれらを洗い流すことで皮脂量が低下して夕方迄もつというデータがあります。

覚えておきたいポイント!

お肌のためには38〜40度程度のぬるま湯がよいと言われています。湯船に20〜30分間、ゆったり浸かるなら、低めの温度に設定します。

お肌を保湿する成分のひとつ「セラミド」は、40度以上のお湯に長時間浸かると溶け出してしまうため、熱いお湯はお肌を乾燥させる原因に繋がる可能性があります。

温度が高めのお湯に浸かる場合は短時間で済ませるのがポイントです。

まとめ ぬるいお湯にゆっくり浸かる

もやパンダ
もやパンダ

無理はしないように身体に負担をかけるお風呂に入るパラ。