気になるキーワードを検索

健康維持の方法

美容に効果的なヒートショックプロテイン入浴法のやり方

更新日:

お風呂はただ入れば良い?医学的にはそれは大きな間違いとなる。「風邪」・「ダイエット」・「美肌」・「快眠」、それぞれに合った効果的な入浴法が存在する。その中で美肌に関係した入浴法を見ていこう。

ヒートショックプロテイン(HSP)は、様々なストレスから細胞を守るたんぱく質のことだ。ストレスや病気で傷ついたたんぱく質を見つけると、それを正常な働きが出来るように修復してくれる働きがある。

美肌に効く入浴法

何かしらの原因により細胞が傷つくと、ヒートショックプロテインが作用することで再生される。つまり、ヒートショックプロテインがあれば不死身の身体になれるのではないのだろうか?

そんな単純な話ではない。ヒートショックプロテインはもともと生物の体内に存在している物質なのだが、加齢とともに減少してしまう特性がある。

そして、傷ついたたんぱく質を修復するには多くのヒートショックプロテインが必要になる。

少なくなったヒートショックプロテインを増やす必要があるのだが、加圧や低酸素など身体に少しのストレスをかけることで、ヒートショックプロテイン(HSP)は増える特性を持つのだ。

一番効果的な方法が身体を温めること。ヒートショックプロテインを増やすために考えられた方法が「ヒートショックプロテイン(HSP)入浴法」になる。

ヒートショックプロテインHSP入浴法

入浴方法は簡単だ。

メモ

A
40℃のお湯は20分、41℃は15分、42℃は10分と決めて浸かる。入浴中お湯の温度が下がらないように、お風呂の蓋で首まで覆うようするとよい。

傘を使ってサウナ状態にしてみるとも効果的だ。この時の体温は38℃が理想的だと言われている。途中、湯船から出ても大丈夫なのだが体温を下げないように気を付ける必要がある。

B
入浴後は上がった体温を保持するため、バスタオルなどで全身をくるみ熱を逃がさないように10~15分ほど安静にする。

注意することがある。お風呂から上がった直後には絶対に冷たい飲み物を飲むのは避けること。保温後は自然に体温を戻していくことが大切だ。

ヒートショックプロテインは良質なコラーゲンを作る効果や、コラーゲンの分解も防いでくれることが最近の研究で判明している。

汗をかくことで老廃物を出し、美肌効果につながるため代謝もあがるのだ。脂肪燃焼効果もあり、ダイエットとして効果も発揮する。ただし身体に負担をかけるので無理はしないことが重要になる。

脂肪燃焼効果HSP入浴法

冷え性の場合は、入浴途中に手足を冷やすのがよいと言われている。

メモ

A
40℃のお湯で3分入浴

B
手足に30℃のシャワーを10秒

C
5セット繰り返す

30℃のぬるま湯で交感神経を刺激し、自律神を整えていく。脚のむくみには、40℃の長風呂がよいと言われ、20~30分間・40℃で全身浴をすると足に水圧がかかり足の血液や体液が心臓に戻っていく。

このときに、ふくらはぎを中心にマッサージを行うと効果的だ。

また、加齢臭には、朝41℃のシャワーを1分間浴びるとよいと言われている。加齢臭の原因は主に脇や背中や胸の皮脂。朝にこれらを洗い流すことで皮脂量が低下し、夕方迄もつというデータがある。

覚えておきたいポイント!

お肌のためには38〜40度程度のぬるま湯がよい。湯船に20〜30分間、ゆったり浸かるなら、低めの温度に設定するとよいだろう。

お肌を保湿する成分のひとつ「セラミド」は、40度以上のお湯に長時間浸かると溶け出してしまうため、熱いお湯はお肌を乾燥させる原因につながる恐れがある

温度が高めのお湯に浸かる場合は短時間で済ませるのがポイントだ。

まとめ ぬるいお湯にゆっくり浸かる

無理はしないことを大前提に、身体に負担をかけるお風呂に入り美容効果を高めることができる。

スポンサード リンク

-健康維持の方法

Copyright© メモのがたり , 2018 All Rights Reserved.