エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top

ハリセンボン 箕輪はるか、白い歯の治療法と治療代

シェアする

「私、神経が死んでるんです」そのキャッチフレーズでブレークしたお笑いコンビ「ハリセンボン」の箕輪はるかさん。その死んでしまった前歯は黒ずんでしまっていました。しかし遂に彼女は決心したのです。真っ白の前歯を手に入れたいと。

箕輪はるかさんのチャームポイントである黒ずんだ前歯、仲間のお笑いタレントからもよくイジられる「武器」として存在していました。しかし、箕輪はるか本人は長年コンプレックスを抱いていたのです。

スポンサード リンク

箕輪はるかの前歯が黒かった理由とは?

ハリセンボンは絶妙な漫才が面白いコンビパラ。箕輪はるかさんの前歯が黒ずんでしまった原因はなにパラ?

神経が死んでしまった原因は事故。小学3年生の幼かった頃に学校からの帰り道、不注意で転倒してしまったの。その勢いで運が悪くコンクリートに歯をぶつけてしまったわ。ぶつけた時点では何も異常は起きずに真っ白の綺麗な歯は健在。でもぶつけたショックで神経は死んでいたの・・・。

神経が死んでしまったパラ・・・。

1週間から2週間後、歯の色がどんどん変色。本人も母親もこれにはビックリしたの。母親は急いで治療を勧めたけど、これを断った箕輪はるかさん。その理由はシングルマザーの家庭環境にあったから。子供心ながら遠慮してしまったの。母親も複雑な気持ちだったに違いないわ。それ以来、黒ずんだ前歯に引け目を感じて生きてきたみたい。

「箕輪はるかの歯が治ってる!」、「神経が死んでるんですって言わなくなった!」今ではそういう声が聞こえているわ。ハリセンボンというコンビ名を掲げ、お笑い界に参入して今では売れっ子。芸能活動では食事レポートというお仕事も舞い込んでくるわ。でも黒ずんだ前歯だと「グルメリポートで料理がおいしそうに見えない」という悩みが出てきたの。そこで一大決心に踏み切ったわ。

ハリセンボン、はるか歯の治療法

治療方法はどういうものだったパラ?神経が死んでいるから治療代もかかりそうパラ。

治療法は、「ブリッジ」と呼ばれるもの。ブリッジとは欠損歯の代わりとなる人工の歯を両隣の歯にかぶせるものを一体にして作っていくの。はるかさんの場合は黒ずんだ歯を抜き、その両隣の歯を削り“3本の白い歯”をはめていくわ。今回、箕輪はるかさんが真っ白な歯を取り戻すのにかかった費用は1本15万円、計45万円。 画像  画像 ビックリするほど綺麗になっているわ。

人は少なからずコンプレックスを抱いて生きているけど、そのコンプレックスが一つでも解消されたなら、人は少しだけ明るく生きていけるのかも知れない。コンプレックスが解消された箕輪はるかさんは「性格が明るくなった。今は(歯を見せて)笑いたくて仕方ない」と嬉しさを爆発させているの。明るくなった箕輪はるかさんを見て、相方の近藤春菜さんも「白い!いいよ!」と大絶賛して自分のことのように喜んでいるわ。

箕輪はるかさんさんは以前彼氏がいたパラ。その後別れてしまい今はフリーパラ。新しい自信に満ち溢れる自分に生まれ変わることができて、近いうちに彼氏そして結婚へ結びつくかもしれないパラ。「私、神経が死んでいるんです」新しい決めキャッチフレーズを生み出せるのか注目パラ。