硬水と軟水の違いとは?痩せる効果が高いのはどっち?

ダイエット
スポンサード リンク

この地球には硬水と軟水がある。日本は軟水なのだが外国では硬水が比率的に高い。それぞれどのような違いがあるのだろうか?

また、ダイエットに効果があるのは軟水と硬水のどっちだろうか?水にも痩せる効果があるという。

硬水と軟水の違い

日本の水は一部地域を除き軟水が多くを占めている。蛇口をひねるだけで水が出る便利な水道なのだが、ここから出てくる水も「軟水」だ。

反面、海外ではほとんどが硬水になる。硬水といっても水が水飴のようにカチコチドロロ~ンと水道から出てくるわけではない。イメージするような「かたい水」ではないのだ。

では、軟水と硬水はなにが違うのだろうか?

軟水と硬水の違いは、マグネシウムとカルシウムの量だ。少ない場合には「軟水」、反対に多い場合には「硬水」になる。つまり水の質によって軟水と硬水は区別されている。

中硬水もある

具体的にいうと、マグネシウムとカルシウムの数値が100以下のものを軟水に指定している。そこで気になるのは日本の水に含まれるマグネシウムとカルシウムの量だ。日本の水の硬度はおよそ20~60の間を示している。100以下になるため軟水だ。

硬水はマグネシウムとカルシウムの数値が300以上を指すものになる。人によっては含まれる量が多いことから飲みにくかったり体調を崩す人もいる。そのため海外では店舗で売られているミネラルウォーターを買う傾向が強い。

ここで疑問点が出てくる。

100以下は軟水だ。300以上は硬水だ。101~299の間の水はなんと呼ばれているのだろうか?それは「中硬水」と呼ぶ。

そのままである。

こうして比べると軟水のほうが利便性が高く飲みやすいように思える。しかしマグネシウムやカルシウムは沸騰させることで量を減らすことができるのだ。ようするに硬水から軟水に自由に変えることができることを意味している。

実は便利な硬水。

メリットとデメリットが次にあげられる。

軟水のメリット

日本で一般的に普及をしている軟水は身体の吸収が非常によい特徴がある。お年寄り・赤ちゃん・身体の弱い方・子供など、栄養に左右されやすい体質の人でも身体に負担をかけることなく飲むことができる水だ。

日本の水は質がよく海外でも高評価されている。

日本人は産まれた時から軟水を摂取する環境になる。身体が軟水に慣れているため日本人に好まれやすい水だ。

軟水のデメリット

いいとこばかりでドラえもんに登場する「出木杉君」状態の軟水なのだが、都合が悪い部分はあるのだろうか?

特にない。

やはり出木杉だ。しいていうなら味がないこと。無味無臭である。味が少しでもあると、よくわからないのだがなんだか嬉しい気持ちになる。水よりもジュースが好きな人は多い。これに似ているようで似ていないかもしれないのだが似ているそのような感覚だ。

しかし味がないということは料理の味付けがしやすく、飲みやすいことでもある。やはり軟水に特別目立った悪い点は見当たらない。

出木杉君である。

硬水のメリット

硬水はマグネシウムとカルシウムが含まれミネラルが豊富だ。どういうときに効果的な水になるかというと、汗をかいたスポーツの後におこなう水分補給に向いている。疲れた身体に栄養素を送り込み疲労回復を促す。

硬水のデメリット

硬水には日本人にとってのデメリットが存在する。ミネラルバランスが偏っていると飲みにくいのだ。硬水になれている外国人は免疫ができている人もいるためよいのだが、慣れていない日本人が飲みすぎると下痢になることもある。

また、硬水は身体の吸収率がよくない。その結果、胃腸に負担をかけることがある。

硬水がダイエットに向いている

硬水と軟水の違いがわかったのだが、ダイエットに効果があるのはどっちの水なのだろうか?

それは硬水だ。

軟水よりも硬水がダイエットに向いている理由は次にあげることができる。

メモ

・硬度の高いミネラルウォーターにはダイエットで不足しがちなミネラルを補給し、食前に飲むと空腹感を抑えられる。その結果、暴飲暴食を防ぐことが期待できる。

・こまめな水分補給を心がけることで利尿作用により体内に毒素などが溜まりにくい。その結果、代謝の向上につながる。

・硬水を飲むことで腸が必要以上に便から水分を吸収しやすい。飲んだ水が腸を刺激することで自然な排便が促される。その結果、便秘改善につなげることが可能だ。

まとめ 硬水と軟水を使い分ける

料理には軟水を使用するとよい。食材そのものの味を邪魔せずに料理を楽しむことができる。そしてダイエット中の水分補給には硬水を使うというような使い分けをしてみるとよい。

尚、日本人は硬水に飲み慣れていない。急に大量の硬水を摂取すると胃腸を悪くする恐れがあるため、体調を見ながら飲む必要がある。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
ダイエット
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり