紫外線が薄毛の原因になる!進行を止める対策の方法

薄毛
スポンサード リンク

一年を通して絶えず降り注いでいる紫外線は、夏になると一段とその強さを増す。そもそも紫外線とはどういうものなのだろうか?髪にも悪いと聞く。実際のところは?

紫外線は「UV」とも呼ばれている。可視光線よりも波長が短く地球に届くのは太陽光線の中の約6%と言われ、この紫外線はシミやシワの原因になる。

頭皮を直撃する紫外線とは

紫外線には種類がある。

メモ

UV(紫外線)の種類

UV-A(長波長紫外線)
肌の奥深くにある真皮にまで届く性質があるUV

UV-B(中波長紫外線)
肌の奥の真皮にまでは届かず肌表面の表皮で留まるUV

UV-C(短波長紫外線)
免疫力の低下、皮膚ガン、白内障の原因となると言われているUV

この中で、UV-A(長波長紫外線)はシワやたるみの原因になり、UV-B(中波長紫外線)はシミを作る原因になる。

紫外線を抑える対策方法とは

日光にあたると人体の中で生成されるビタミンDが作られる。

紫外線は身体にとって大切なものなのだが、長時間紫外線にあたるとマイナスに働く作用が多くなる。

対策として、日焼け止めクリームや、長袖を着用し、手袋や帽子、日傘、サングラスを使用すると効果的だ。

日焼け止めクリームの選び方

日焼け止めクリームには「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」を使用したものがある。

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収して熱エネルギーに変えて放出するのだが、刺激が強いため肌が弱い人には向かない。

対する紫外線散乱剤は、化学反応はないため皮膚への負担も少ないので安心して使用できる。

日常生活では日焼け止めクリームのレベルは、「SPF10~20程度、PA+程度」あればよいとされているため、海などレジャーに行く場合はその時間に合わせ数値を上げる必要がある。注意が必要だ。

紫外線で薄毛になる衝撃事実と対策方法

紫外線は生命を維持させる上で利点もあるのだが、その多くがマイナス要素として目立つ。

髪は皮膚が形を変えたもので、紫外線が皮膚に悪いということは髪にもダメージがあると言える。しかし、髪には色の元になるメラニンと呼ばれる色素は紫外線に非常に強い性質を持っているのだ。

少々の日光ならば問題はない。

そもそも髪を作る組織は頭皮の内側にあるため、紫外線が髪にあたってもガード機能になり、直接的にダメージを与えることはないと考えられている。

地肌が見えている場合は紫外線があたる・・・。

髪がある場所はよいのだが、つむじなど地肌が見えている部分だと話が変わってくる。ガードをする髪が薄いがために紫外線が頭皮に直接あたってしまうことになる。

頭皮(皮膚)がダメージを受けると汗の分泌量が正常に作用しなくなり、過剰な分泌量につながる可能性がある。

その汗と汚れが毛根で固まり髪が成長出来ずに抜け毛へ。

さらに、強い日光だと当然、日焼けをしてしまうのだが、日焼けをすると皮が剥ける。その結果、毛根にもそれなりのダメージが加わることになる。火傷の状態と一緒だ。

進行を防ぐには帽子、日傘を使うと自然だ。帽子は夏に被ると汗で蒸れてしまうため気を付けたほうがよい。帽子に雑菌が付きやすく、頭皮も不清潔になりやすくなる。

まとめ 頭皮は清潔に保つ

サーファー大好き元SMAPの木村拓哉さんは日光の強い場所で髪を晒しているのだがフサフサだ。

そこから考えると100%紫外線が髪に大損害を与えるとは言えない。総合的に考えると長時間の間、紫外線を浴びると負の連鎖が起きやすくなり、それが薄毛につながる可能性が高い。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
薄毛
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり