傷んだ髪の毛は水に沈む衝撃!

抜け毛
スポンサード リンク

できるだけ長く残っていて欲しい髪の毛。

髪の毛は痛む。しかし、なかなか自分では判断がしづらいため気づいた時には枝毛や切れ毛、抜け毛につながっていたなんてこともある。

女の子にとって髪が大切なもの。いち早く髪の黄色信号に気づくことは大切だ。お風呂の中に入ったときにわかる簡単な方法を見ていこう。

傷んでいる髪の毛と健康な髪の毛の違い

傷んでいる髪の毛と傷んでいない髪の毛の差。実はお風呂に入ったときにアレを見ればすぐに分かる。

髪の毛を水に浮かせて痛み度をチェック!

髪の毛を水に浮かべることで見分けることができる。

メモ

傷んでいない髪の毛
水に浮く

傷んでいる髪の毛
水に沈む

では、なぜこのような現象が起きるのだろうか?

その理由は、髪の毛の表面にはキューティクルと呼ばれるうろこ状のものがあるのだが、キューティクルには薄い油分でコーティングがされている。

傷んでいたない髪の毛の場合はこの油分により水分をはじくため、髪の毛が沈まないのだ。

一方、傷んだ髪の毛はキューティクルがはがれており、油分がまばらだったり、なかったりするため、髪の毛が水面に浮かぶことができずに沈んでしまう。

まとめ 抜け毛を水面に浮かべて傷み具合をチェック

アメンボのような効果といえる。簡単に髪の毛の痛み度をチェックすることが可能だ。お風呂で試してみよう。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
抜け毛
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり