エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top

餃子ダイエットの効果的なやり方

シェアする

話題のダイエットの一つである餃子ダイエットは、「ダイエット総選挙2017」でも取り上げられました。体重80kg超えの女子12人がアイドルを目指して話題のダイエットに挑む感動の90日間という番組。ー20kg超え続々達成しました。いったいどのようなダイエットの方法なのでしょうか?

スポンサード リンク

餃子ダイエットの方法

餃子は高カロリーのイメージがあるパラ。ダイエットに効果があるって本当パラ?

餃子ダイエットはプロボクサーの減量法から生まれたダイエット法なの。栄養のバランスがとれた理想的な食事をしながらも、健康的に痩せることができると注目を集めているわ。

わたし餃子大好き☆彡外はパリパリ、中はホクホクで肉汁がもぉ~たまないんだから!・・・、ちょっと待ってよ~、わたしお腹空いてきたよ~☆彡

★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★

餃子を使ったダイエット効果

餃子の特徴として疲労回復・体力低下の軽減が挙げられます。餃子の肉にはたんぱく質が含まれていて、疲労回復そして体力低下を防止してくれるので、疲れにくいダイエットが可能です。ダイエット中は食事を基本的に抑えるので体力が通常よりも落ちてしまいがちになります。餃子の回復パワーにより補助することが出来ます。

▼ 餃子の皮・・・たんぱく質・炭水化物
▼ キャベツ・・・ビタミンK・ビタミンC・ミネラル
▼ ニラ・・・カルシウム・フラボノイド
▼ ネギ・・・葉酸・カリウム
▼ 鶏ひき肉・・・アミノ酸・たんぱく質・ナイアシン
▼ 豚ひき肉・・・ナイアシン・たんぱく質・亜鉛
▼ レンコン・・・ビタミンC・カリウム
▼ ひき肉・・・エネルギーのもとになる炭水化物
▼ ショウガ・・・栄養価が高い・抗酸化力も高いため美容にも期待
▼ にんにく・・・滋養強壮・疲労回復・抗菌作用

餃子はこれらの豊富なエネルギーを一度に摂取することができるため、タンパク質、脂質、炭水化物の人間の生命活動に必要な3大栄養素に加えて、ビタミン、ミネラル類の5大栄養素までバランスよく含んでいます。

餃子ダイエットのやり方

食べるタイミングは夜

餃子ダイエットの場合、夕食(夜食)を餃子に置き換えると効果的です。夕食に餃子ダイエットでタンパク質を摂ると、夜就寝中に成長ホルモンが分泌されやすくなるためです。

普通餃子1個約18gで、34KCalになります。1日に食べる量は、餃子12~13個程度、300gを目安にします。総カロリーも400kcal程度。よく噛んで食べるようにしましょう。そして消化を促すために寝る3時間前までには食べるようにしましょう。

★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★

餃子はカロリーが高いイメージがあったパラ。12個食べても400kcal程度だったパラ。

しかも栄養満点なんて最高じゃない♪

重要なことは夕食(夜食)を餃子1品だけにすること。アルコールやご飯を一緒に食べてしまうと意味がなくなってしまうから注意しましょう。餃子ダイエットで女子プロレスラーのダンプ松本さんが、10日で-9kgの減量に成功しているの。ダイエット効果をさらにあげるためにレモンをかけるなどして自己流にアレンジしてもよさそうね。