ゴルフには記憶力改善・認知症予防に効果がある

スポンサード リンク

歳をとると記憶力が落ちることで、少し前のことを思い出せないことがあります。

代表的な病気にアルツハイマー病がありますが、近年では歳に関係なく若い人にも起こる若年性認知症も問題になっています。そんな中、ゴルフに記憶改善の効果があると言います。どういうことなのでしょうか?

もやパンダ
もやパンダ

記憶がなくなるアルツハイマーは怖い病気パラ。

世界中でアルツハイマー病を食い止めるために研究が行われていますが、国立長寿医療研究センター、東京大学、杏林大学、ウィズ・エイジングゴルフ協議会の共同でしていた研究で、ゴルフが認知症の予防に効果があることが判明しました。見てみましょう。

ゴルフと認知症予防の研究

国立長寿医療研究センター、東京大学、杏林大学、ウィズ・エイジングゴルフ協議会が、共同で2016年から研究を行い、2018年に調査結果が出ました。

その研究内容は、認知症とゴルフとの関連性です。

ゴルフをすることで認知症の予防に効果があるのかを調べました。ゴルフをする習慣のない65歳以上106人の男女をランダムに「ゴルフを開始する群」と「ゴルフを開始しない群」に分けます。

そして、6カ月間の検証期間の前後で認知機能を比較。

半数の53人に半年間、プロのレッスンを受けてもらい、残り半数には90分間の健康講座教室を2回実施して、双方の記憶力の改善結果を調べました。

研究の結果

研究の結果、「ゴルフを開始する群」の単語記憶と論理的記憶の双方で、記憶力の向上が見られました。反面、「ゴルフをしない群」では変化がなかったのです。

単語を覚える単語記憶検査は6・8%の向上。物語を聞いて筋書きを思い出す論理的記憶検査で11・2%の向上になります。

この調査結果から、ゴルフをすることで記憶力が改善されることが判明をしました。「ゴルフを開始する群」へのアンケートでは前向きな結果も出ています。

 

ゴルフを始めて気持ちが前向きになった」(48%)

歩くのが速くなった(38%)

よく眠れるようになった(33%)

 

ゴルフは広い空間で自然の中で一体となるスポーツです。新しいことを始め、解放感もあり、心身の良好な変化を感じる人が増えたのでしょう。

まとめ 認知症の予防にゴルフでリフレッシュ!

認知症を予防するには、身体を動かすこと。頭を使うこと。人との交流を増やすことが効果的だとされています。

ゴルフはただ打つだけではなく、風をよんだり、強さを微調整したり、いろいろと頭を使うスポーツです。

もやパンダ
もやパンダ

ゴルフは身体も頭も使うパラ。人とも話しながらプレイするパラ。