気になるキーワードを検索

健康維持の方法

緑内障になりやすい原因と予防方法

更新日:

40代以上の20人に1人の割合で発症しているという緑内障。気づきにくいけど超危険な失明にもつながる緑内障になりやすい人となりにくい人の違いの差はあるのだろうか?

目は見えて当たり前。そんな意識からふとした時に目が見えなくなってしまったら?

人は心的ショックを受けると目が見えなくなることがある。通常は一時的なものですぐに回復するのだが、そのまま見えなくなることもあるのだ。

ただ、何かをキッカケにして今まで見えなかった目が急に見えたという実例はある。情報社会の現代で日常生活をおくるために大切な目なのだが、緑内障患者が増えているようだ。

人は普段から目を頼りに生活しているため、いざ目が見えなくなるとあらゆることに支障が出てきてしまう。

緑内障の原因

緑内障と呼ばれる病気がある。緑内障の主な原因は、眼球内の圧力が高くなることだと言われている。

目はしっかりと網膜で像を結ぶ為に眼球内の圧力が一定で、眼球は丸い形を保っているのだが、眼圧の正常範囲は10~21mmHg。これ以上は緑内障の疑いがある。

眼圧を調整しているのが房水と呼ばれる水分で、房水の排出が上手くいかなくなってしまい、眼球の中に房水が一杯に溜まった結果、眼圧が上がってしまうことにつながる。

房水

房水は、毛様体という場所で分泌される。

水晶体の周りである後房を循環した後に、虹彩と角膜の間である前房へ流れて、線維柱帯と呼ばれる部分を通り、シュレム管から排出されていく。

この房水の分泌と排出のバランスが保たれることによって眼圧も一定に保たれている。眼圧を保つことが重要だ。

緑内障を引き起こす体質や環境

緑内障を引き起こす眼圧の原因は人によって異なる。一般的には、次のような体質や環境の人が緑内障になりやすいと言われている。

メモ

・家族に緑内障の人がいる

・強い近視

・いつも頭痛に悩まされている

・体温が低い

・冷え性

・低血圧

近視になる原因が、そのまま緑内障の原因になる場合がある。

眼球は後ろ側だけではなく、前側にも伸びる。角膜と水晶体の間の部分である眼房の部分も膨らんでいくため、眼軸が伸びて近視にもなると同時に、眼圧が高まることにより緑内障も引き起こす可能性があるのだ。


(出典:livedoor.blogimg.jp)

血流が悪い人は、視神経にもダメージを与える原因になる。とくに40歳以上の人は20人に1人が緑内障になっているといわれているため、40歳を超えたあたりで眼科検診を受けると安心だ。

眼圧を下げる予防方法

では、眼圧を下げるにはどのようにしたらよいのだろうか?

ズバリ、食事運動

脂っこい食べ物や甘いものを食べることを控え、適度に運動を続けていれば眼圧を下げることができる。

まとめ 食事と運動で眼圧を一定に保つ

眼圧が高いからといって必ずしも緑内障とは限らない。しかし、眼圧が高いと緑内障にかかるリスクは格段に大きくなる。

スポンサード リンク

-健康維持の方法

Copyright© メモのがたり , 2018 All Rights Reserved.