血管のばしストレッチ体操のやり方と冷え性予防の対策

スポンサード リンク

冷え性は病気や肥満を招いてしまいます。冷え性対策の方法とは?

もやパンダ
もやパンダ

寒すぎて手足が冷凍庫パラ・・・。

冷え性予防の方法を見ていきましょう。

血管のばしで冷え性対策の方法

冷え性対策として次にあげられるものが有名です。

 

しょうが

温かい飲み物

もこもこの靴下

発熱する肌着

首にマフラー

ホッカイロ

長風呂

半身浴

ひざに手を置く

 

これらに共通をしているのは血液をよく流すこと。

つまり血管のばしに冷え性を改善するヒントが隠されているのです。冷え性の人は血管に異常が出ている可能性があるので、これは血圧に異常があることを意味します。

そこで血圧計を使用しましょう。計り方は、一度血圧計で計り、立上って再び計測します。比較差が15以上に上がると循環器内科病院に行った方がよいでしょう。

血圧の変動幅

通常血圧は一定に保たれていますが、運動や気温の変化などにより血圧が変動します。

ただし、基準となる血圧があるため、例え大きく変動をしても元の位置に戻ります。最近になり注目されているのは、この変動幅

冷え性の人は血圧の変動幅が多い特徴が分かりました。そして脳梗塞にもつながりやすくなります。

冷え性の人は自律神経が乱れ、血管が硬くなっているのです。座った状態で計測、一度立ち上がり、再び座り血圧を計るのはこの変動幅を計測するためです。

もやパンダ
もやパンダ

変動幅に注目するパラ。

血管のばしのやり方

血管のばしは、血管を伸ばすことを意識したストレッチ方法になります。

 

太ももの血管
大腿動脈が流れています。呼吸を止めずに行いましょう

膝の血管
膝窩動脈が流れています

ふくらはぎの血管

どの部位の血管を伸ばすか意識して行うこと。左右30秒ずつを朝と晩に行いましょう。

 

血管を刺激すると、血管を柔らかくする物質が出てきます。この物質が血管を伸ばしてくれるのです。効果はすぐに無くなるので、継続することが大切です。

まとめ 血管を刺激する

血管のばし以外にも有酸素運動も冷え性の改善によいので、合わせて試してみましょう!

もやパンダ
もやパンダ

血管を柔らかくして血流を流すパラ。