痩せる食べ物

糖質制限ダイエットで心臓が小さくなる衝撃の内容

更新日:

糖質制限ダイエットは実際に多くの人が痩せたため、大ブームになりました。ただ、糖質は身体にとって重要な栄養素でもあるため、懸念する声が後を立ちません。糖質制限ダイエットの落とし穴とは?

 

スポンサード リンク

糖質制限ダイエットの落とし穴


糖質制限ダイエットで痩せる秘密は、昔教科書で習ったミトコンドリアが鍵を握っているの。このミトコンドリアによって、1年で10キロ以上痩せた人もいるわ。

 


わたしミトコンドリアって覚えやすい名前だからすぐに覚えちゃった☆彡

 


でも、このダイエット法には落とし穴もあるの。安易に始めて制限のしかたを間違うと、あっという間に筋肉が落ちて、体調不良になる可能性があるわ。

 


なにを食べてなにをどれくらい制限したらいいパラ?なにに気をつけなきゃいけないパラ?

 


大流行の糖質制限ダイエットは、簡単に体重が落ちるからと始める人が多いけど、中には体調を崩してしまう人もいるの。「ガッテン!」で紹介された医学の最新研究を見てみましょう。

 

糖質制限の最新の研究

番組では2210人にアンケートを取り、糖質制限ダイエットをやったことがあるという人は、1179人、やったことがない人は1031人という結果になりました。

 

この内、やったことがある人で、ダイエットに成功した人は764人、そして効果があったと感じた人は415人になります。糖質制限ダイエットで痩せるダイエットに成功した人は7割に及びます。

 

実はイギリスで砂糖が問題になっているのです。その理由は「砂糖税」の導入が2018年から開始されるため。イギリスの肥満率は24.9%で社会問題化しています。ちなみにフランスなどを含め、肥満大国でも有名なアメリカでも2015年から砂糖税が導入されています。

 

糖質制限のヒミツ

糖質制限ダイエットで痩せる鍵と言われるミトコンドリアは、人の細胞の中に数百から数千います。ミトコンドリアは人の身体の中に住み着いていますが、元々は別のところにいたのです。20億年前、地球に初めて生まれた生命は、糖だけが唯一のエネルギー源でした。

 

ある日事件が起きたのです。ミトコンドリアの祖先であるバクテリアがある原子生命の細胞の中に偶然入りこんだのです。このミトコンドリアをキッカケに生物は多種多様な姿をして現代まで進化してきました。

 

なぜミトコンドリアをキッカケに多種多様な生物が出来たかというと、ミトコンドリアの働きとして、脂肪を取り込んで細胞のエネルギーとして利用できるためです。つまり、これまでは糖だけをエネルギー源としてきましたが、脂肪という新しいエネルギー源を見つけたのです。

 

糖は現代の人間の身体にも必要なものですが、糖がもしも入ってこない状態になったらミトコンドリアが脂肪をエネルギーとして使ってくれます。これが糖質制限ダイエットの仕組みです。

 

糖質制限ダイエットのルール

◎糖質を減らす

◎タンパク質・脂質は減らさない

 

アメリカで糖質制限の実験

アメリカミネソタ州で1944年に兵士たちはどのくらいの栄養状態で戦えるのか、糖質制限について実験が行われました。実験に参加したのは、自ら志願した健康な若者数人。実験では、1日2回の食事を6ヶ月間行うというもの。しっかりと運動も行い、健康状態を厳しくチェックしていきました。

 

その結果、治験者たちは筋肉がたくましくついて、マッチョマンに生まれ変わることができたのです。しかし、衝撃の結果が判明。

 

それはレントゲンを取って判明しました。6ヶ月後に撮影したレントゲン写真に、なんと心臓が小さくなっていたのです。さらにその後治験者たちはガリガリにやせ細ってしまいました

 

日本人でも身体に異変を感じた人が続出

日本人でも多くの人が身体に異変を感じていると言います。お肉や野菜などはしっかりと食べていますが、炭水化物だけを抜くと以下のような症状が出る人もいます。

 

注意ポイント

◎集中力の低下

◎めまい

◎ふらつき

◎筋力低下

 

日本人の平均摂取カロリーは、1日に2000kcalです。

内訳
◎タンパク質
15%

◎脂質
25%

◎糖質(炭水化物)
60%

 

糖質制限ダイエットを行うと、通常、人間に必要なカロリーの内、糖質の60%分を失うことを意味します。先ほどのアメリカ兵士の実験では、摂取カロリーを45%減らしていました。糖質制限ダイエットのルールに従うと、アメリカ兵士の実験で行ったよりもさらに不足させていたことになります。

 

失敗しない糖質制限の方法

糖質制限ダイエットは恐ろしいイメージになってしまったと思いますが、正しいやり方があります。北里大学糖尿病センター長の山田悟先生によると、糖質制限ダイエットのルールを見直すことが大切だと言います。

 

最新!糖質制限ダイエット改正

◎糖質を減らす
→ 主食を3分の1~半分に

◎タンパク質・脂質を多く摂る

 

タンパク質と脂質を減らさないというルールから、たくさん摂るというルールにかえることが大切です。

 

そもそも全体のエネルギー源が不足すると脂肪を燃やしようがありません。そうなると自分の筋肉を削ってエネルギーにするため、ガリガリになってしまうのです。

 

糖質の量はふだんの3分の1~半分程度にしましょう!

 

そして、脂質やタンパク質を増やすため、安全な糖質制限ダイエットを行いながら、1日に必要な摂取カロリーに近づけることが出来ます。たんぱく質や脂質はバランスよく、肉・魚・大豆などから摂るようにします。

 

たんぱく質や脂質をしっかり食べると満腹中枢を刺激されて、食べ過ぎを防ぐことができます。反対に、糖質は食に空腹感を刺激する物質が分泌されやすいのでお腹が空きやすくなります。

 


糖質制限ダイエット深すぎるパラ・・・。ガリガリにならないように気をつけるパラ・・・。

 


脂肪がなくて筋肉もなくなると第三のエネルギー源を身体は使おうとするわ。それがケトン体。ケトン体は関門を通過して脳のエネルギーになるの。脳に対していい結果をもたらすけど、血管に対しては傷害を与える論文もあるから注意が必要なの。ケトン体の正体がハッキリとわかるまでは正しい糖質制限ダイエットを行いましょう。

スポンサード リンク

注目記事

1

目が悪くなった小学生の視力が治るとして、“アイアイ体操”と呼ばれているものがあります。埼玉県の上尾市立原市小学校で視力が回復したと話題になっていますが、いったいアイアイ体操とはどのようなものなのでしょ ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? &nbs ...

3

日本の代表的な料理で、世界中で愛されるお寿司ですが、ダイエット中には気をつけておきたい事があります。   ダイエット中にお寿司を食べる時の注意点 日本人だけにとどまらず世界中で愛されている日 ...

4

眠る方法に気をつけないと肥満につながるという事実が判明しました。一般的に、睡眠不足になると肥満につながり、肥満は睡眠時無呼吸症候群のリスクも高まるため、肥満と睡眠の密接な関係性はよく言われています。し ...

5

太りやし人もいれば、どんなに食べても太りにくい人もいます。その違いの差は「デブ菌」が原因かもしれません。デブ菌とはどのようなものなのでしょうか?また、ヤセ菌と呼ばれるダイエットには欠かせない菌がありま ...

-痩せる食べ物

Copyright© もやパンダのダイエット&健康 , 2018 All Rights Reserved.