かゆくないカカト水虫とは?原因と対策方法

スポンサード リンク

かゆくないのに踵(カカト)がガサガサ!実はこれ、隠れ水虫かもしれません。パッと見た目は綺麗で、足がかゆくて仕方が無いなどの症状がない人でも、実は菌に犯されている「隠れ水虫」の人は意外に多いそうです。

もやパンダ
もやパンダ

新種パラー!!新種の水虫パラー!逃げるパラー!!

水虫は痒みを伴いますが、中には自覚症状を感じない水虫もあります。自覚症状がないからといって放置してしまうと、症状の悪化につながります。そして、周りの人も感染させてしまう恐れがあります。

白癬菌で水虫が発生

水虫は痒い!と言われていますが、実際に経験した人も辛い痒みに苦労しているようです。

そもそも水虫は手足にカビの一種である『白癬菌』が住み着いた状態を指します。複数の症状があり、中には痒みの出ない、ぐちゅぐちゅにもならない水虫も存在します。

日本人の全体で水虫を発症している人の割合は、5人に1人で、女性は3人に1人との報告があります。女性にも多いのが水虫という存在なのです。

足指の間にできる水虫

水虫の中で最もポピュラーなものが、この足指の間にできる水虫です。特に薬指と小指の間にできやすい特徴があります。

症状としては、皮膚が湿ってふやけたようになり、ぐちゅぐちゅジュクジュクとした状態になります。『湿潤型』と呼ばれるものです。

対して、皮が薄くむけてしまい赤くなったり、皮膚に亀裂が入る場合もあります。これを『乾燥型』と言います。

足裏や付け根にできる水虫

足裏や付け根などに、水ぶくれができる水虫になります。痒い症状がでる場合もあればあまり痒みを伴わない場合があります。

しかし、水ぶくれが破れると、痒みがでたり、赤み、皮がむけるなどの症状が出る恐れがあります。

対策

抗真菌薬を持続的に塗ります。菌の再発を防ぐために1か月程度は治療を続けたほうがよいでしょう。

カカトにできる水虫

足裏やカカトの皮膚が厚い部分にも水虫ができます。症状としては、粉をふいたようなカサカサ・ガサガサした見た目です。

ぐちゅぐちゅタイプとは真逆の見た目になるため、水虫だとは思わない人が多いです。また、痒みもありません。

もやパンダ
もやパンダ

見逃しそうパラ・・・。

痒くない角化症の水虫に注意!

水虫を発症した人の半数以上は、痒くないタイプの水虫だと言われています。

上記のようにカカトに現れやすく『角化症』と呼ばれ、ガサガサやひび割れを引き起こします。また、足の裏全体が白く分厚くなり、粉をふったような感じになります。

放置すると・・・

 

ひび割れ

出血

痛み

白癬菌の住処

臭いの原因

かゆみが出ることも

 

もやパンダ
もやパンダ

パラ・・・。

カカトがガサガサになりやすい原因

角化症がカカトに発症しやすい原因は主に、外部刺激と乾燥によるものです。皮膚は外部の刺激から身体を守る本能が備わっています。どのようにして守るのでしょうか?

そう、皮膚を厚くするのです。

カカトは体重がかかる場所になり、歩くたびに摩擦が発生します。カカトはそれらの外部刺激に耐えるために他の皮膚よりも厚くなっています。

また、カカトには皮脂腺がありません。

湿らせることができないため、そもそもカカトは乾燥しやすい場所になります。皮膚が厚く乾燥しやすいカカトは、角化症になりやすいのです。

もやパンダ
もやパンダ

カカトは厄介だったパラ・・・。

水虫を放置したら危険!

見てわかる、痒みなどの感覚でわかる水虫は病院にいき治療を受けると思いますが、自覚症状がない水虫の場合は放置してしまいがちです。

では、水虫を放置すると、どうなるのでしょうか?

水虫は菌です。症状を放置していると足から手や爪などへ感染する恐れがあります。爪に感染してしまうと、白癬菌は爪の中で増殖します。

足の水虫を治しても今度は爪の中で増えた白癬菌を治療していく必要が出てしまうのです。

また、爪が黄色っぽく見えたり、白く分厚くなることや、爪そのものがボロボロになることもあります。

感染者が一人いると、その家族や知人など周囲の人へ感染を拡大させてしまいます。白癬菌の住処を増やさないためにも早急な治療が重要です。

もやパンダ
もやパンダ

早く治すパラ・・・。パンデミックになるパラ・・・。

カカトのガサガサ水虫の対策

症状が現れにくいカカトの水虫を改善させる対策が次にあげられます。

 

自分に合う靴をはく

姿勢を正して歩く

足を冷やさない

角質のケアをおこなう

椿油などを塗り保湿する

帰宅後に足を洗う

 

自分の足に合っていない靴をはいてしまうと、カカトや他の部位の一か所に集中して圧や摩擦が起きる可能性があります。

また、足を冷やすと血行が悪化し、ターンオーバーのサイクルが悪くなるため、古い角質が残りやすい状態になります。

新陳代謝を上げるためにも冷やさないことが大切です。

軽石などでゴシゴシとこする人がいますが、カカトの皮膚は鱗のように一定方向になっています。

ゴシゴシすると皮膚が荒れてしまい、水虫が逆に感染しやすい環境になるため注意が必要です。外側から内側へ一定方向になるように軽くこすりましょう。

まとめ 痒くないカカトの隠れ水虫に注意!

水虫を防ぐには菌を繁殖させないことが大切です。過度な乾燥や過度な湿りには注意が必要になります。保湿をしながら適切な環境を作りましょう。

もやパンダ
もやパンダ

カカトの水虫は皮膚が固くて痒みに気づきにくいパラ・・・。