ガサガサかかとの原因と保湿クリームで集中ケアの治し方

健康維持の方法
スポンサード リンク

冬の大敵!ガサガサかかとが気になる人も多いはず。保湿クリームの塗り方が間違っている可能性がある。正しいガサガサかかとを改善する方法とは?

冬は乾燥しやすいため、ガサガサかかとになる人が多い。

ガサガサかかとの原因

皮脂膜というものがあるのだが、汗と皮脂が混ざってできたものだ。これが皮膚を乾燥から守ってくれている。

しかし、ガサガサかかとの場合は、皮脂腺がほとんどなく膜ができにくい状態だ。

原因は、乾燥・靴などによる外部刺激・たまった古い角質による角化症などがあげられる。

また、保湿クリームを正しく塗っていない人が多い。すり込んだり、温めたり、クリームをたっぷり塗ったり・・・。大事なことは皮膚の角質まで浸透させること

溝塗りでガサガサかかとを改善する治し方

ガサガサかかとに必要な塗り方は溝塗り

溝塗りは、ひび割れた溝や乾燥したシワに沿ってクリームを塗る方法になる。クリームの量は指の第一関節に乗るくらいが片足の量。

それをカカト全体にまんべんなく置いていき、その後にビビ割れた溝を埋めるように塗って行く。

最後にかかと全体にクリームを馴染ませる。溝に沿って塗ることで角質の奥の皮膚に浸透しやすくなるのだ。たっぷりクリームを塗ると、逆に奥まで浸透しずらくなるため注意が必要だ。

まとめ 溝に沿ってぬる

角質までクリームを届けることが重要になる。ぬりすぎないように気をつけよう。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
健康維持の方法
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり